ウタマロ石鹸はどんな汚れに効果がある?色落ちや保存の仕方は?

生活している中で、衣類の「食べこぼし汚れ」「皮脂汚れ」などの頑固な汚れが取れず、悩んでいる方は多いですよね。

大切な衣類をクリーニングで傷めたくないという方もいるでしょう。

 

そんな方におすすめなのが、万能石鹸である「ウタマロ」です。

 

 

ウタマロの実力は非常に高く、頑固な衣類汚れを、素材を傷めることなくきれいにすることができます。

ロングセラー商品「ウタマロ石鹸」の魅力についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

 

 

「ウタマロ石鹸」は黄ばみ・ソース汚れ・皮脂汚れ・泥汚れに効果がある

「ウタマロ石鹸」で落とせる汚れは幅広く、通常の洗濯では落とせない黄ばみ汚れも驚くほどきれいになります。

 

たとえば、衣類汚れに悩む原因としては、「落ちにくいソースなどの食べこぼし汚れ」「襟などの頑固な皮脂汚れ」「スニーカーや子どもの衣類に付着した泥汚れ」などがありますが、汚れの性質に関わりなく、これらの頑固な汚れに効果ありです。

 

「捨てるしかない」と思っていたお気に入りの衣類を復活させることができるので、一度試してみると良いでしょう。

 

「ウタマロ石鹸」が強力な洗浄効果を持つ理由は?

「ウタマロ石鹸」は、衣類のあらゆる汚れに効果があることをお伝えしましたが、どうしてそんなに効果があるか気になる方もいますよね。

 

「ウタマロ石鹸」が絶大な効果を発揮する秘密は、「成分の配合」にあります。

 

頑固な汚れを落とすには、何といっても、「汚れにしっかり馴染む」ことが重要です。

「ウタマロ石鹸」は汚れになじみやすく、水にもしっかり溶けるような絶妙な成分の配合となっているのです。

 

さらに、洗濯での多くの方の悩みは「衣類の黄ばみ」ですが、「ウタマロ石鹸」には、漂白成分も含まれていますし、除菌・消臭効果も兼ね備えています。

 

このように、素材に徹底的にこだわっているのが、「ウタマロ石鹸」の実力の秘訣なのです。

 

「ウタマロ石鹸」の使い方は?

「ウタマロ石鹸」は水に溶けやすい性質があるので、汚れとしっかり馴染ませるためにも、まずは汚れている部分をしっかり水で濡らしましょう。

 

そして、汚れが気になる部分に「ウタマロ石鹸」を直接つけます。「ウタマロ石鹸」は、色が緑色なので、汚れにまんべんなくついたか確認しやすいです。

 

「ウタマロ石鹸」が汚れに塗れたことを確認したら、より汚れに馴染むようもみ洗いします。

もみ洗いをしているうちに、さっそく汚れが落ちるのを実感できるはずです。

 

スニーカーなど、もみ洗いするのが難しい場合や汚れが落ちにくいと感じる場合は、ブラシなどを使用するとより効果的です。

 

汚れが落ちたら、セルフですすいでも良いですし、気になる場合は、すすがずに洗濯機で通常通り再度洗濯するのもありでしょう。

洗濯機だけでは落ちない汚れも「ウタマロ石鹸」でもみ洗いするというワンクッション入れるだけできれいになります。

 

ウタマロ石鹸の保存の仕方・切り方

ウタマロせっけんはいわゆる「せっけん」なので、そのまま洗面台や流しにおいておくとベタベタになってしまいます。

 

そこで効果を最大限に発揮するためにも、保存方法についてはしっかりと押さえておかなければいけません。

 

いろいろとネットを探してみて一番参考になったのがこちらのサイトです。

>>ウタマロ石けんの保存方法!小さく切る方法と保管・収納アイデアは?[コジカジ]

 

オススメの使い方や保管方法について詳しく書かれているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「ウタマロ石鹸」はつけ置きにも効果的

衣類の黒ずみや黄ばみ汚れを長期間放置していて、なかなか落とせないという場合もありますよね。

「ウタマロ石鹸」でもみ洗いしてもなかなか汚れが落ちない場合は、「つけ置き」しておくとより効果的です。

 

「ウタマロ石鹸」の絶妙な配合バランスにより、時間がたった汚れもつけ置きで浮かすことができるのです。

ただし、漂白成分が含まれているので、色落ちには注意しましょう。

 

ウタマロ石鹸は漂白剤が入っていないので色落ちしにくいが、色柄物は注意が必要

ウタマロせっけんには漂白剤が入っていません。

成分表を見ても、「純石けん」と「蛍光増白剤」だけなので一般には色落ちしにくいと言えるでしょう。

 

ただこの蛍光増白剤が厄介で、色物や柄物にウタマロせっけんを使うと白っぽく見えてしまうというデメリットがあります。

>>ウタマロ石けんは色落ちしない?服の汚れだけ落とすコツは?

 

何でも万能にききそうなウタマロせっけんですが、思わぬ落とし穴がありますので、使用の際には少しだけ気を配ってくださいね。

 

「ウタマロ石鹸」がロングセラーになるには理由がある

「ウタマロ石鹸」は、汚れとしっかり馴染むよう水に溶けやすいような配合となっています。

 

 

そのため、「保管している間に溶けてしまった」という失敗もあります。

「ウタマロ石鹸」を保管する際は、水に溶けないよう湿気の多い場所を避け、ケースに入れるなどの工夫をしましょう。

 

ここまでご紹介してきたとおり、ウタマロせっけんには非常に多くの魅力があります。

長年愛される理由があるというわけですね。

 

あなたの生活の役に立ったらうれしいです!

ココまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

(記事協力:ekahi)

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

でく

元高校教師でブロガーやってる31歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-生活の知恵・生活改善, 便利グッズ・お気に入り日用品