互換性あり!?ティファールの取っ手をニトリのフライパン「TORERU」シリーズに使ってみた!【使用感レビュー&口コミ】

(ライター:前野しずか)

皆さんは「取っ手のとれる~♪」で有名なティファールのフライパン使っていますか?

お祝いなどでセットを頂いたり、一式そろえられるので自宅用に購入したりで、使っている方結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

でも、毎日使っていればいずれ寿命は来るもの…

「最近焦げ付きやすくなったな~」となれば買い替えを検討しますよね。

 

でもぶっちゃけティファールのフライパンは高い!!

オシャレで機能的ではありますが、ちょくちょく買い替えできるほど安価じゃありません。

 

しかし取っ手が取れるフライパンや鍋に慣れてしまうと、従来の『ふつうの』フライパンを使う気になれないですよね。

 

そこでティファールと同様に取っ手が取れるニトリのフライパン『TORERU』の出番です!

 

>>ニトリのTORERUシリーズはこちら[公式ページ]

 

ニトリの「TORERU」はティファール同様、取っ手をつけ外しして使うタイプの鍋&フライパンのシリーズ。

ティファールで使っていた取っ手を、ニトリの取っ手が取れるフライパンシリーズ「TORERU」で使えたら、無駄なく経済的に使えそうですよね!

 

ずばり!ティファールの取っ手、ニトリのフライパン「TORERU」にも使えます!

 

この記事では、ティファールの取っ手をニトリのTORERUに使ってみた使用感を詳しく紹介していきますので、コストを抑えて買い替えしたい方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

ティファールの取っ手 × ニトリの鍋蓋

 

ティファールのフライパンVSニトリの「TORERU」【比較してみた!】

実際に、ティファールのフライパンとニトリの「TORERU」シリーズがどのように違うのか簡単に比較してみましょう。

【ティファール】※フライパンのみ

サイズ

タイプ

22cm26cm28cm玉子焼き
ガス火対応

(インジニオネオ)

4,070円4,730円4,950円5,610円
IH・ガス火対応

(インジニオネオIH)

5,940円6,820円7,020円4,620円

※すべて税込み価格

【ニトリ】※フライパンのみ

サイズ

タイプ

20cm26cm28cm玉子焼き
IH・ガス火対応999円1,290円1,490円1,190円

※すべて税込み価格

 

サイズ展開はだいたい同じような3サイズ展開、

IHで使おうと思うと、ティファールはIH対応のものを買わないといけないので注意が必要ですね。

 

価格は圧倒的にニトリが安いです!

もちろん、原料の違いや性能の違いもあるので、一概に「ティファールの方が高い!」とは言えませんが、コスパを考えると、ティファールの取っ手がニトリのフライパンで使えたとしたら魅力的ですよね!

 

ティファールの取っ手をTORERUシリーズに使ってみた!【使用感レビュー】

では、早速使っていきましょう。

私は20cmの浅型フライパンと、玉子焼き用のフライパンを持っていますので、

それぞれレビューしていきます。

 

<20cm浅型フライパン>

こちらが20cmの浅型フライパン。

 

>>ニトリの20cm浅型フライパン

 

コロンとした形で、どこからでも取っ手をつけてもいい形です。

 

取っ手をつけてみると、ピッタリはまります。

 

鍋ふりすることもありますが、安定感があり、不安に思うことは一切ないです。

油を使わずに調理をしても大丈夫では…と思うほどくっつかず、使用感もいいです◎

 

ただ、1点だけデメリットを挙げると、フライパンに何も入っていない状態でガス台にのせると、取っ手の重みで手前に傾く時があります。

それだけティファールの取っ手が頑丈で強度があるということでもありますね。

 

<玉子焼きフライパン>

それでは、次に玉子焼きフライパンを見ていきましょう。

 

先程の浅型フライパンとは違って、取っ手をつける部分が別途付いています。

 

取っ手をつけてみると、こちらも浅型フライパン同様、しっかりとはまってくれます。

 

ただ、ティファールの玉子焼きフライパンには、ニトリのフライパンのように、取っ手をつける部分がなくスタイリッシュなので、ここはティファールに軍配が上がります。。

 

また、着脱時に取っ手の装着部分がフライパンの装着部分に干渉して少し引っかかります。

ちょっとしたことですが、気になる方もいらっしゃるかもしれません。

 

とはいえ、こびりつきもなく、綺麗な玉子焼きをつくることができ、コスパは◎です!

 

ティファールの取っ手×ニトリのフライパン【メリット・デメリット】

それでは、メリットとデメリットをまとめていきましょう。

 

<メリット>

  • かなりコストを抑えられる
  • こびりつきもなく使用感◎
  • IH・ガス火対応

<デメリット>

  • 玉子焼きフライパンはデザインが△
  • 玉子焼きフライパンは取っ手着脱時に少し干渉する
  • 小さめのフライパンだと取っ手の重みで手前に傾くことがある

 

コスパ◎ティファールの取っ手は「TORERU」シリーズと互換性あり!代用可能♪

玉子焼きフライパンのみ少し気になる点はありますが、浅型フライパンに関しては特に問題なく、ティファールのフライパンを使うように使用できます!

 

>>ニトリのTORERUシリーズはこちら[公式ページ]

コスパを抑えてフライパンを買い替えたいという方は、ニトリの「TORERU」シリーズを試してみてはいかがでしょうか?

 

今回はフライパンのみのご紹介でしたが、鍋タイプもあるようなので、気になる方はチェックしてみてくださいね

>>ニトリの取っ手が取れる鍋はこちら

 

過去にこのブログでは、ティファールの鍋フタの代わりに、ニトリのTORERUの鍋フタを使ってみた記事も書いているので、参考にしてみてくださいね!

T-falの鍋フライパンにニトリのフタがジャストフィット!お財布に優しく買い替えしよう【ティファール×NITORI互換性あり】

続きを見る

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

(ライター:前野しずか)

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

でく

元高校教師でブロガー。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-便利グッズ・お気に入り日用品
-, ,