ランドセルリメイクでお財布・ペンケース・ミニランドセルができる!4点セットの料金と口コミは?

(ライター:tomoko)

6年間大切に使ったランドセル。

 

ずっと手元にとっておきたくても収納場所に困ってしまいますよね。

でも思い出がいっぱい詰まっていて、処分してしまうのは悲しい...。

 

そんな悩みに答えてくれるのがランドセルリメイクです。

 

ランドセルリメイクとは、もう使わなくなったランドセルを財布やバッグ、ペンケースといった別の革製品に生まれ変わらせるサービスのこと。

 

 

 

ランドセルリメイクを活用すれば、中学生、高校生になっても思い出いっぱいのランドセルと一緒に過ごすことができるんです。

 

 

最近はリメイクしてくれる工房も増えてきて、なかにはふるさと納税の返礼品としてランドセルリメイクが提供されている自治体などもあります

 

ランドセルリメイクで作ることができる製品にもいろいろありますし、工房も多く、どうしようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

 

今回は実際にランドセルリメイクした筆者が、リメイクでできるアイテムや、工房選びのポイントをご紹介していきます。

 

リメイクできるアイテムそれぞれのメリット・デメリットを比較します。

また料金相場やおすすめの工房などについても解説をしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

ペンケース・ミニランドセル・バッグにもランドセルリメイク

 

ランドセルリメイクとは、ランドセルに使われている革を使って、別のアイテムを作ること。

ランドセルに使われている革はとても丈夫なので、ペンケースやバッグなど、色々なアイテムにしてもらうことができます

 

ここでは、誰が使うのかに注目して、おすすめアイテムを見てみましょう。

 

お子さんが使う場合

ランドセルを背負っていたご本人が使われるのであれば、次のようなアイテムがおすすめ。

お子さん向けリメイクアイテム

  • ペンケース
  • お財布
  • バッグ
  • キーケース

ペンケースやお財布、バッグなら、中学生になっても役立つ場面がたくさんありますよね。

 

 

ご家族の記念に

ご家族が記念にとっておきたいなら、次のようなアイテムもいいですね。

家族の記念向けリメイクアイテム

  • ミニランドセル
  • 写真たて
  • オルゴール

ミニランドセルは元のランドセルの雰囲気をそのまま残せるので、 記念として作る人が多いようです。

 

最近ではミニランドセルにオルゴールがついているものが人気

 

 

飾るだけではなく、音を聴いて楽しめるのもいいですね。

 

 

ランドセルリメイクの料金は?

ランドセルリメイクの料金は、作るアイテムや工房によってかなり幅があります。

 

ここではそれぞれのアイテムの料金相場を載せておくので、検討されている工房が高いのか安いのか、参考にしてみてくださいね。

 

ランドセルリメイクの相場

  • ペンケース:4,000円~16,000円
  • お財布: 10,000円~25,000円
  • バッグ:18,000円~40,000円
  • キーケース:5,000円~10,000円
  • ミニランドセル:5,000円~26,000円
  • 写真たて:2,000円~15,000円
  • オルゴール: 6,000円~

 

元のランドセルが本革でもクラリーノでも、どちらでも対応してくれる工房がほとんどです。

劣化していても修正してリメイクしてくれるところが多いですが、あまりにもボロボロになってしまっているものは断られてしまう場合もあるので、なるべく早めにリメイクすることをおすすめします。

 

ランドセルリメイクはセットがおすすめ!

ランドセルにはたくさんの革が使われているので、1つのランドセルから4点~6点のアイテムが作れます。

 

でもいくつも作るとすごく料金がかかっちゃいますよね。

 

なのでランドセルリメイクは4点セットや5点セットなど、セットで頼むのがおすすめ

単品で作るよりも料金はぐっとお得です

 

工房によって色々な組み合わせがあるので、絶対に欲しいアイテムを2つほど決めて、それが入っているセットを選ぶとスムーズですよ。

 

私は息子が「お財布とキーケースが欲しい」と言ったので、その2つが入ったセットを中心に探しました。

 

結果お願いしたのがこちらの「ランドセルリメイク rural」という工房の6点セット。

ruralの6点セット

  • お財布
  • キーケース
  • コインケース
  • キーホルダー
  • ベルトループ
  • コードホルダー

 

>>ランドセルリメイク rural のメニューページはこちら

 

作って頂いてから2ヶ月が経ちますが、どのアイテムもお気に入りで大活躍しています。

 

ちなみに我が家はふるさと納税でお願いしました。

 

 

>>ruralでランドセルリメイク [ふるさとチョイス公式]

 

通常の料金は22,000円。

ふるさと納税で寄付すると80,000円の寄付でできました。

 

>>全国のランドセルリメイクのふるさと納税を探す [ふるなび公式]

 

ランドセルリメイクしたいけど、料金がちょっと...という人はふるさと納税から探すのもおすすめです。

 

 

ランドセルリメイクで長財布と二つ折り財布どちらがいい?

 

ランドセルリメイクの定番アイテムといえばやはりお財布。

 

ちょうど本格的なお財布が欲しくなる年頃なので、ランドセルリメイクにはちょうどいいですよね。

お財布には長財布と二つ折り財布がありますが、ランドセルリメイクでもどちらにするか選べる工房がほとんど。

 

長財布と二つ折り財布で迷っている人も多いのではないでしょうか?

そんな人のために、長財布と二つ折り財布のメリット・デメリットをまとめてみました。

 

長財布のメリット

  • ランドセルのデザインをそのまま活かしやすい
  • お札が折らずに入る
  • 出し入れしやすい

長財布は使う革の面積が大きいので、ランドセルのかわいい刺繍やデザインをそのまま活かすことができます

ランドセルを選ぶ時に、刺繍などのデザインにこだわって決めた人はそれが残せるのは嬉しいですよね。

 

 

長財布のデメリット

  • かさばる
  • 中身が見えやすい

当然ながら二つ折り財布よりも大きいため、ポケット等には入れにくいでしょう。

また、お財布を開けたときに他人から中身が見えやすいというデメリットも。

 

 

二つ折り財布のメリット

  • ズボン等のポケットに入れやすい
  • 流行りの小さいバッグにも入る
  • 整理整頓する気になる

二つ折り財布のメリットはなんといってもそのコンパクトさ。

ズボンのポケットに入れられますし、今流行りの小さいバッグにも難なく入れることができます

 

二つ折り財布のデメリット

  • ランドセルの革が丈夫なので開いてくる(馴染んできますが時間がかかります)
  • お札が折れる

我が家でも検討しているときに不安だったのが、この二つ折り財布が開いてくる問題。

 

工房に問い合わせたところ、すぐに馴染むとのことだったのですが、2ヶ月程経っても少し開いてきます

 

息子はポケットに入れているので特に使いにくいことはないようですが、気にする人は留め具を付けてくれる工房もあるのでそちらを選ぶといいでしょう

 

 

ランドセルリメイク工房はどこが人気?伊藤鞄・花鯨・ruralの口コミは?

ランドセルリメイクの人気に合わせて、リメイクしてくれる工房も増えてきました。

とても嬉しいことですが、どこにお願いしようか迷ってしまいますよね。

 

ここでは最近人気のある、伊藤鞄・花鯨・ruralの3つの工房の特徴と口コミをまとめてみます

 

伊藤鞄製作所

Yohji Yamamoto HOMMEとのコラボレーションから生まれたUN METRE PRODUCTIONSなど、 5つのバッグブランドの製作を手がける伊藤鞄製作所。

 

>>伊藤鞄ランドセルリメイクの公式ページはこちら

 

1960年の創業当時から評判だった修理の技術を生かし、ランドセルリメイクを始めました。

 

こちらの特徴は何と言ってもその技術力

 

熟練の職人さんに安心してお任せすることができ、ランドセルから作ったとは思えないおしゃれでシンプルなアイテムに仕上がります。

 

そんな技術力の高い工房にもかかわらず、料金がお手頃なのも魅力

納期も約2ヶ月と、比較的早く仕上げてもらえます。

 

 

伊藤鞄製作所の口コミまとめ

  • シンプルなデザインでよい
  • 接客が丁寧
  • 綺麗な仕上がり

 

ランドセルリメイク工房 花鯨

ランドセルリメイク専門の工房、花鯨。

 

こちらで人気を集めているのがオルゴールのついたミニランドセル

 

 

手のひらサイズのミニランドセルと約15cmほどのプレミアムミニランドセルの2種類があります。

 

こちらの人気の秘密は、その再現度の高さ

プレミアムランドセルは元のランドセルに限りなく近づけるため、被せの部分の型は500型以上を取り揃えています。

 

ステッチや刺繍も忠実に再現し、金具などもできるだけそのまま使ってもらえるので、まさにそっくりのミニランドセルに。

 

なんと時間割表も一緒に送ると、縮小して入れてくれます。

 

オルゴールの曲は5曲から選べ、卒業式に歌ったり、運動会で踊ったりした思い出の曲にする人が多いです。

 

ランドセルリメイク工房 花鯨口コミまとめ

  • 自分で貼った小さいシールまで再現してくれた
  • オルゴールの曲に癒される
  • コスパがいい

 

ランドセルリメイク rural

こちらは我が家が実際にリメイクしてもらった工房です。

 

>>ruralのランドセルリメイク公式ページはこちら

 

大阪の豊能町にあり、職人さんご自身のお子さんのランドセルをリメイクした経験から工房を立ち上げました。

シンプルでわかりやすい5~6点セットを展開することで、料金を抑えています

 

私がこちらの工房にした決め手は、お財布の内側にヌメ革を使ってもらえることと、他にはないネコ型のキーケースがとてもかわいかったことです。

 

使っていくうちに風合いを増すヌメ革なら、この先何年も素敵に使えるのではないかなと思っています。

 

そしてこのネコキーケース、かわいいですよね。

男の子にはかわいすぎるかなと思ったのですが、黒だとシックになってかっこよく仕上がりました。

息子も喜んで使っています

 

ランドセルリメイク ruralの口コミまとめ

  • 実用的なアイテムが多い
  • 希望を細かくきいてくれる
  • 出来上がりが早い

 

ランドセルリメイクで思い出をお財布・ペンケース・ミニランドセルに残そう!

6年間の楽しい思い出がいっぱい詰まったランドセル。

 

寄付することも考えましたが、お財布やキーケースなど、毎日使えるアイテムに生まれ変わり、新生活を迎えた子どものお守りにもなっているなあと感じています。

 

お子さんとワイワイ相談してランドセルリメイクすれば、それもまた素敵な思い出の1ページになりますよ。

ぜひあなたもランドセルリメイクを活用してみてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

(ライター:tomoko)

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

でく

元高校教師でブロガー。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-便利グッズ・お気に入り日用品