ガジェット

実際どうなのNomad SIM レビューや口コミを徹底検証!

最近巷で話題の高速格安SIMのNomad SIM、実際どうなの?という声をよく聞きます。

このブログでも以前、高速系格安通信を徹底比較した記事を紹介しましたが、その中ではNomad SIMはChat WiFiに次いで二番手のオススメでした。

MVNOの低速にうんざり!キャリアと同じ通信の格安SIM5選を徹底比較

続きを見る

ただ、それはChat WiFiが無制限利用だった時代の話!

複数の通信量プランを唯一展開するNomadは、使用スタイルに合わせた選択ができる大きな魅力があります。

この記事では、そんなNomad のシムサービスに関する、口コミや評判を洗い出して比較検討するとともに、Twitterなどの生の声も拾っていって、徹底レビューしようと思います!

Nomad SIMの特徴

Nomad SIMはソフトバンク通信を格安に利用できる通信事業者です。

詳しくはコチラ

いわゆるMVNOのようにソフトバンク回線をレンタルするのではなく、ソフトバンクのメイン回線を利用できるSIMカードを契約できるため、MVNOの弱点である『昼や夕方に回線速度が急落する』現象が起きないことが特徴です。

そうした高速系格安SIMの事業者の中でも、契約通信量を選べるのが特徴です。

Nomad SIMの契約プラン

MINIプラン:月額2600円で20GBまで使用が可能なプラン

BASICプラン:月額3600円で100GBまで使用が可能なプラン

家の外に出る時にカフェで軽い作業をしたり、書類などの低容量ファイルをクラウド利用するといった用途には20GBのMINIプラン。

仕事にバリバリ利用したり、高解像度の画像ファイルやブログ作業をするといった作業をこなすには100GB契約のBASICプランが安心です。ブログは意外とデータ通信量を食いますからね。

他の高速系通信は10GBプランや100GBプラン一本で、使用用途がマッチする人以外にとっての魅力が低かったのですが、Nomadでは業界唯一の20GBプランという、『少なすぎず多すぎず』という絶妙な通信量契約をすることができます。

では通信速度や使い勝手、料金等について、契約者はどのように感じているのでしょうか?

回線速度の口コミ

回線速度は1番気になるところですよね!

ということで、ネット上で報告されているNomad SIMの回線速度報告を集約してみました。

計測時間 下り
(Mbps)
上り
(Mbps
13時 30.5 19.7
21時 23.3 28.6
14時 124.0 24.2
23時 73.0 14.0
14時 62.7 29.1
15時 43.4 22.3
15時 24.9 28.6
14時 141.6 25.6
     

下りは安定して20Mbpsを超えていて、早いときでは100Mbpsというメインキャリアとなんら変わらない速度を実現していますね!

回線速度については測定する場所と周囲の混雑具合等に大きく左右されるため、一概に比較するのは正直ナンセンスなのですが、昼時間帯に100Mbpsを超えているのは驚きです。

これだけでもMVNOとは一線を画すのがよくわかりました。

これだけのスピードを100GBつかっても4000千円切るのは、価格破壊ともいえるレベルですね。

使用感

ネット上での評判はどうでしょうか?

実はNomadを巡ってはTwitter上ではけっこう荒れているようですね。

実はNomad WiFiは2020年6月までは300GBプランという超大容量プランも展開していて、それが通信の大元であるsoftbankからのお達しでなくなってしまったという経緯があります。

300GBプランが急遽なくなることが決まって、一方的な通達で100GBへの変更を余儀なくされてしまい、300GBプランを愛用していた人中心に不満が爆発しているようです。

300GBプランユーザーが月途中で100GBプランに変更されることで、想定していた使用用途が達成されないというのは、確かにユーザー満足度を大きく下げますね。

とはいえ、こればっかりはSoftbankに逆らえない事情もあるので、そのあたりを同情的に捉えているユーザーも多いようです。

同じ現象は、同じく人気高速系格安通信であるChat Wi-Fiも抱えていて、Chat Wi-FiはSIM契約再開時に使い放題プランを廃止しています。通信無制限というのは、さすがにもう大元のSoftbankが許さないのでしょう。

これだけ大荒れするということは、愛用者が多かったということですので、人気のSIMサービスであることがここからもうかがえますね。

また、通信速度や通信料金については、不満に思っているユーザーもいるようです。

300GBプランを契約していた人の中で、通信速度が落ちた!という報告があります。

100GBプランや20GBプランを契約している人からはそういった声は出ていないのですが、どうやら今回の300GBプラン解消の裏で問題が起きている可能性もありますね。

月額料金については、100GBは他の事業者と比べたときに最安ではありません。

その点他の事業者と比較する余地がありそうですね。

他社比較に関してはこちらの記事で詳細に行っていますので、参考にしてくださいね。

MVNOの低速にうんざり!キャリアと同じ通信の格安SIM5選を徹底比較

続きを見る

総評:300GBプランがなくなったとしても、人気は揺るがず

Nomad SIMへの不満として1番大きなものは、300GBプランがなくなってしまうことでしたので、そうした超大容量通信をしたい人にとっては微妙な印象ですね。

とはいえ、多くのライトユーザーに関しては20GBや100GBという使い勝手のよい通信容量で契約できるため、ネット上でも非常に評価が高いといえます。

通信速度のレビュー報告も上々で評判は良く、人気は落ちていないといえます。

外で使える格安系高速通信の選択肢としては、やはり第一党にあがってきますね!

もし興味があれば、ぜひ公式ページを覗いてみてくださいね。

詳しくはコチラ

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

またのお越しお待ちしてます!

このブログではガジェット・便利グッズ・生活の知恵・スマホ通信などを扱っています

でくのぼう
ブログは毎日更新!SNSで更新通知出してるのでフォローよろしくです!

活動メインはTwitter!
>>Twitterはこちら
>>インスタグラムはこちら
>>ピンタレストはこちら
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

木偶の坊

学校の先生のお仕事をしながらライターやデザイナーもやる30歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。頑張って東北大へ進学。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。今は副業可能な学校の先生へ転職。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-ガジェット

© 2020 ベンカツ