ガジェット

【容量で見る】モバイルバッテリー10選【最適な1台を選ぶ】

スマートフォンは年々ハイスペック化し消費電力が大きくなるよう進化してきました。

かつてガラパゴスケータイ(ガラケー)の頃には、2,3日に1回の充電で済んでいたのにも関わらず、昨今のスマートフォンは1日もたないこともあり、バッテリーをどうやって維持するかは死活問題になりました。

そこで皆さんが持ち歩くようになったのが『モバイルバッテリー』ですね。

今回は容量と安全性を重視して、モバイルバッテリーのオススメを10個厳選してご紹介します!

こんな方におすすめ

  • 外で絶対困らない大容量モバイルバッテリーを探している
  • 充電切れに備えたいけど、できるだけ軽くて小さいものを探している
  • 爆発とか不良品が怖いし、安心して使える信頼性の高いメーカーの製品がいい

モバイルバッテリー選びで重要なこと

バッテリーを充電するためのバッテリーとして、多くの人のバッグに入れられているアイテムです。

そんな需要の高まりからモバイルバッテリーもかなりガラパゴス化(多様化)してきましたが、中には粗悪品や低スペックなもの、果てには爆発してしまうような危険なものまで存在します。

毎日使うものですから、安全で安心、そして快適に使っていきたいですよね?

ここでいう『快適』は、「残りの充電残量を気にすることなく」「充電スピードが速い」ということです。

iPhoneやAndroidスマホのバッテリー進化によって容量が大型化しています。

容量たっぷりのスマホをフル充電する性能すら持たないモバイルバッテリーが存在するのもまた事実です。

この記事では、容量面で心配をしなくて済むような大容量バッテリーも紹介してきます。

一方で容量が大きいことは必然的に大型化して重くなります。そんなに頻繁に充電しないのに無駄に重いのはストレスになりますよね?

必要以上の充電容量のバッテリーを持つことは『無駄』です。「一番ヘビーに使うとき」に困らない充電量以上のものは買わないようにしましょう。

記事中では、使用用途に合わせた最適なバッテリー容量がわかる解説と、その中で最も携帯性に優れた製品をご紹介します。

さらに、10分待っても30分待ってもちっとも充電されやしない「遅い」充電器も多々あります。

スマホのバッテリーの大型化とともに、この充電速度という性能は非常に大きな差になります。

これまでモバイルバッテリー選びで失敗をしてきた方も多いかと思います。

この記事では『信頼がおけるメーカー』の製品のうち、「充電容量が最適で」「充電スピードが速い」ものに厳選して紹介したいと思います。

決して買って後悔しないアイテム選びの参考にしていただければ思います!

充電容量の目安

具体的な製品の紹介の前に、そもそもどれくらいの充電容量があればいいのか簡単に解説します。

スマホの放電速度(電池の減り)は、当然使用用途に大きな影響を受けます。

動画を視聴する人、ゲームをする人のように電池の減りが早い人は当然大容量を選びましょう。

SNS利用や資料閲覧、メールなどの仕事用途が中心で電池がの消費が少ない人は、iPhoneを半分程度充電できるもので軽量コンパクトというものがオススメです。

使用用途と目安は以下の表を参考にしてみてください。

使用用途 モバイルバッテリーの容量 充電量の具体的な目安
3泊4日の海外旅行でもOK

山などに一週間近く行く

20,000mAh iPhone11を5回フル充電できる

iPhoneSEを10回フル充電できる

ゲームを6時間以上する

朝から晩までずっとスマホを使う

ビジネスマンの2泊3日の出張

1泊2日の旅行(写真撮影や動画撮影多い)

10,000mAh iPhone11を2回フル充電できる

iPhoneSEを4回フル充電できる

動画視聴時間が1日5時間程度

長時間の電話をする

ゲームを3時間以上する

ビジネスマンの1泊2日の出張

遠出して写真撮影や動画撮影をたくさんする

バッテリー切れのお守りとして

5,000mAh iPhone11を1回フル充電できる

iPhoneSEを2回フル充電できる

動画視聴時間が1日3時間以内

ゲーム時間が3時間以内

資料閲覧・メールの送受信・短時間の電話

SNSやニュースサイトの利用がメイン

モバイルバッテリーは不要です

1日バッテリーがもたない場合はスマホの買い替えを検討をオススメします。

結果的に荷物が少なくなります。

少し用途を細分化しすぎてしまいましたが、おおよそこのような目安になります。

ちなみに『mAh(ミリアンペアアワー)』という単位は、「1時間あたり何mA(ミリアンペア)充電できるか」ということを示す単位です。

自分の使用スタイルに合わせて最適な充電容量が見つかれば、あとはそれに合わせた製品選びをしていくだけですね!

 

 

20,000mAh以上【小旅行やアウトドアのお供に】

20,000mAhのバッテリー容量であれば、iPhone11でも5回フル充電することができます。

海外旅行で充電器の心配をしたくない方や国内旅行や登山などのアウトドアで、電源を気にせず使いたいという方にオススメです。

この価格帯はAnkerの一人勝ちです。性能面も価格面もAnkerのものが一番コスパがよいので、Ankerを中心に紹介しています。

またロマン的に超パワフルなモバイルバッテリーを一つ紹介しています。

 

『The・BEST』Anker PowerCore Essential 20000

充電容量 20,000mAh
充電端子(入力) USB-C、micro USB
出力ポート USB-Aポート×2
充電スピード 各ポート最大2.4A(快適)

全体で3A

Power Delibery ×
重量 343g(グレープフルーツ1個分)
サイズ 約158 x 74 x 19 mm
アマゾンレビュー 1859件

4.5

(2020/8/6現在)

モバイルバッテリー業界で一番信頼度の高いAnker社の製品です。20,000mAhモバイルバッテリーで、一番安くコスパ最強の製品です。

重さは343gでおおよそグレープフルーツくらいの重さです。毎日バッグに入れて運ぶにはギリギリの重さですね。

出力は一般的なUSB端子が2つついていて、それぞれ2.4Aという快適な充電速度が出せる出力になっています。

ただし全体では3Aの出力なので、2ポートで同時充電をすると出力が落ちるので注意が必要です。

バッテリーにこだわりがない人はこれを買っておけば間違いない!といえるスタンダードな製品です。

 

『PD対応の定番』Anker PowerCore Essential 20000 PD

充電容量 20,000mAh
充電端子(入力) USB-C
出力ポート USB-Aポート×1

USB-Cポート(PD18W)×1

充電スピード USB-Aポート最大3A(非常に快適)

USB-Cポート最大18W

全体で18W(5V=3A、9V=2A、15V=1.2A)

Power Delibery

iPad、タブレット端末充電可能

MacBook、ノートPCは動かせない可能性有

重量 346g(グレープフルーツ1個分)
サイズ 約158 x 74 x 19 mm
アマゾンレビュー 183件

4.3

(2020/8/6現在)

モバイルバッテリー業界で一番信頼度の高いAnker社の製品です。Power Delibery(PD)対応でモバイルノートPCやiPad、タブレット端末にも充電ができるハイパワーな製品です。

PD対応USB-C端子がついているので、非常に高速に充電をすることができます。また一般的なUSB端子も3A出力に対応しているため、非常に快適な充電速度を実現しています。

全体では18W出力なので、さすがにUSB-C(PD)でタブレットを充電しながらUSB-A端子でスマホを充電をするといった用途だと、少し力不足を感じるかもしれません。

それでもこの価格帯でPDに対応している20,000mAhモバイルバッテリーを販売できるのは、あっぱれの一言に尽きます。

 

『大容量みんなでシェア』Anker PowerCore 26800

充電容量 26,800mAh
充電端子(入力) USB-C×2(超高速充電)
出力ポート USB-Aポート×3
充電スピード USB-Aポート最大3A(非常に快適)

全体で6A

Power Delibery ×
重量 626g(カブ1個分)
サイズ  約180 x 81 x 22mm
アマゾンレビュー 787件

4.5

(2020/8/6現在)

Ankerとともにモバイルバッテリー業界を牽引する二大巨頭の一つ RAVPowerの製品です。

20,000mAhじゃ物足りない!という人向けの、26,800mAhのモバイルバッテリー。

充電専用のUSB-Cのポートを2つ備えていて、2端子同時接続をすると4時間程度でフル充電ができます。とんでもないスピードです。

出力端子にUSB-Cがないのが残念です。一般的なUSBポートは3つもついていて、3Aの出力があるので非常に快適な充電ができます。

家族で使ったり、友人と集まったときにみんなで使ったりといった用途で大活躍するでしょう。

全体でも6Aというハイパワー出力なので、3ポート同時に使っても1端子あたり2A。十分に快適な速度で充電が可能です。

ネックになるのは重さです。600gを超えるのでカブ1つ分に相当します。

旅行のときにキャリーケースに入れておく、といった使い方が最適ですね。

 

『最強』RAVPower 30000mAh 100W

充電容量 30,000mAh
充電端子(入力) USB-C(45W超高速充電対応)
出力ポート USB-Aポート×2

USB-Cポート(PD60W)×1

ACコンセント(150W)×1

充電スピード USB-Aポート最大3A(非常に快適)

USB-Cポート最大60W(これ以上ないくらい快適)

Power Delibery

Macbook、ノートPCも充電可能

重量 1.4kg(メロン1個分)
サイズ 178mm x 138mm x 46mm
アマゾンレビュー 16件

4.8

(2020/8/6現在)

ロマン追求型の最強モバイルバッテリーです。メーカーはモバイルバッテリー界の二大巨頭の1つ、RAVPowerです。

30,000mAhというこれ以上ないくらいの大容量。しかもUSB-Cで45W入力で最速3時間でフル充電可能です。化け物じみています。

充電ポートは一般的なUSB端子が2つに、60W出力のPower Delibery(PD)対応USB-C端子が1つ、さらにコンセントまでついています。

扇風機や電気スタンドまで動かすことができるので、アウトドアで電気製品を使いたい人にぜひオススメです。

USB-Cポートは60W出力対応なので、ノートPCやMacBookも余裕で充電が可能です。

あらゆる電子機器に電力を供給し、存分に使い倒すことができる最強のモバイルバッテリーです。

重さはメロン1個分相当の1.4kg。車に積んで持ち運びましょう!

 

10,000mAh【スマホを使い倒す人向け】

ゲームや動画などでスマートフォンを使い倒す人向けのモバイルバッテリーです。

この価格帯もAnkerが強いです。容量が大きいとそれだけトラブルも起こりやすくなりますから、信頼のおけるメーカーが人気になりますね。

モバイルバッテリー業界2番手のRAVPowerも、いくつか個性を出して製品を出していますがAnkerには及びません。ここでは1つだけエントリーになりますね。

 

『神コスパ』Anker PowerCore 10000

充電容量 10,000mAh
充電端子(入力) microUSB
出力ポート USB-Aポート×1
充電スピード USB-Aポート最大2.4A(快適)
Power Delibery ×
重量 180g(トマト1個分)
サイズ 約92 x 60 x 22mm
アマゾンレビュー 15776件

4.4

(2020/8/6現在)

モバイルバッテリーといえば『Anker』と言われるほど絶大なる信頼があるメーカーの製品です。

正直性能、価格面でこれが一番コスパがいいので、こだわりがない方はこれを買っておけば失敗はありません。

一般的なUSBポートが1つで、出力は2.4Aと快適な充電速度を実現しています。

重さはトマト1個分相当の180g。非常に軽いです。

毎日バッグの中に入れていても苦にならない。ザ・ベストオブモバイルバッテリーといえる製品ですね。

 

『10,000mAhでPD対応』Anker PowerCore 10000 PD Redux

充電容量 10,000mAh
充電端子(入力) USB-C(18W高速充電対応)
出力ポート USB-Aポート×1

USB-Cポート(PD18W)×1

充電スピード USB-Aポート最大2.4A(快適)

USB-Cポート最大18W(非常に快適)

合計18W

Power Delibery

iPad、タブレット端末充電可能

MacBook、ノートPCは動かせない可能性有

重量 192g(トマト1個分)
サイズ 約106 x 52 x 25 mm
アマゾンレビュー 1595件

4.6

(2020/8/6現在)

安心・安全・信頼のAnker製のPower Delibery(PD)対応モバイルバッテリーです。

10,000mAhのモバイルバッテリーで、高出力規格であるPDに対応しているのが売りです。

18W出力なので、iPadやタブレットを楽々充電することが可能です。一部のモバイルノートPCも充電が可能になっています。

一般的なUSBポートは2.4A出力と快適な充電速度。USB-CポートはPD対応なので、非常に快適な充電速度です。

それでいてPD非対応の製品と比べて10g程度しか重くなっていないのが驚きです。Ankerのモノづくりへのこだわりを感じます。

ただし全体でも18W出力ですから、タブレットとスマホを同時に充電しながらだと、充電速度が落ちてしまいます。

その点、次に紹介するRAVPowerのモバイルバッテリーであれば全体で29W出力なので、パワーダウンすることなく充電ができます。

使用用途に合わせて選びましょう。

 

『同時充電を快適に』RAVPower  10000mAh PD18W 合計29W

充電容量 10,000mAh
充電端子(入力) USB-C(18W高速充電対応)
出力ポート USB-Aポート×1

USB-Cポート(PD18W)×1

充電スピード USB-Aポート最大3A(非常に快適)

USB-Cポート最大18W(非常に快適)

合計29W

Power Delibery

iPad、タブレット端末充電可能

MacBook、ノートPCは動かせない可能性有

重量 187g(トマト1個分)
サイズ 約 111 x 51 x 25 mm
アマゾンレビュー 460件

4.4

(2020/8/6現在)

モバイルバッテリー業界の二大巨頭、RAVPower製のPower Delibery(PD)対応モバイルバッテリーです。

基本的な性能や重量は1つ前に紹介したAnker製のものと同等になります。こちらの方が少しだけ安いです。

ただしこちらは全体の出力が29W、Anker製は18Wとなっていて、こちらはUSB-AとUSB-Cのポートを同時に使用しても、ほとんどパワーダウンがありません。

同時充電をすることが多い場合にはRAVPowerを選ぶことをオススメします。

 

5,000mAh【非常時のお守りに】

ライトユーザーにおすすめのモバイルバッテリーです。

このグループのモバイルバッテリーの一番の売りは、『軽量コンパクト』です。

充電容量が小さい分、非常にサイズも重さも抑えられているので、常に携帯していても邪魔にならないのが魅力です。

この価格帯はRAVPowerが、性能や価格面でAnkerを圧倒していますね。

 

『業界最軽量』RAVPower 6700mAh モバイルバッテリー

充電容量 6,700mAh
充電端子(入力) microUSB
出力ポート USB-Aポート×1
充電スピード USB-Aポート最大2.4A(快適)
Power Delibery ×
重量 124g(じゃがいも1個分)
サイズ 約90 x40 x 25 mm
アマゾンレビュー 1831件

4.1

(2020/8/6現在)

モバイルバッテリー界の2番人気、RAVPower製の最軽量モバイルバッテリーです。

じゃがいも1個分120gしかありません。

出力も2.4Aで充電スピードも申し分ありません。

それでいて2000円を切るスーパーコスパなので、正直これで決まり!と言ってしまいたいぐらいの完成度です。

 

『Anker最軽量』Anker PowerCore II 6700

充電容量 6,700mAh
充電端子(入力) microUSB
出力ポート USB-Aポート×1
充電スピード USB-Aポート最大2A(快適)
Power Delibery ×
重量 128g(じゃがいも1個分)
サイズ 約96 x 43 x 23mm
アマゾンレビュー 1155件

4.4

(2020/8/6現在)

安心安全のAnker製ですが、残念ながらすべての面で1つ上のRAVPower製に押されています。

値段が500円近く差が開いているので、こちらを選ぶメリットはあまりありません。

それでもこちらの方がアマゾンレビューの評価が高いのは、やはりメーカー保証対応の誠実さと丁寧さがいいということでしょうね。

 

『コンセントから直接充電』RAVPower モバイルバッテリー  6700mAh

充電容量 6,700mAh
充電端子(入力) ACコンセント、microUSB
出力ポート USB-Aポート×2
充電スピード USB-Aポート最大2.4A(快適)

合計3A

Power Delibery ×
重量 191g(トマト1個分)
サイズ 約81×75×27mm
アマゾンレビュー 11件

4.1

(2020/8/6現在)

コンセントから直接充電できる一風変わったモバイルバッテリーです。

RAVPower製なので信頼感があります。

コンセントに直挿をしてACアダプターとして使いながらスマホを充電できるため、家ではアダプタとして使ってそのまま持ち出せるという、非常に使い勝手がいい製品です。

また外出先のカフェなどでコンセントに差しても使えるので、これ1台あれば充電回りはオールOKになります。私も愛用しています。

重量は少し増して、トマト1個分の190g。

利便性がかなり高いので、アダプタとして使ったり外で充電をする用途がある方には非常にオススメです。

コンセント直刺しタイプのモバイルバッテリーに興味がある方には、こちらの記事もオススメです!

【2020年版】1台2役 ACアダプタ搭載モバイルバッテリーのオススメ6選

続きを見る

 

一番大切なのはライフスタイルに合っていること

たくさんの製品を紹介して決ましたが、一番大切なのは生活スタイルに合っていることです。

大きい容量があった方がいい人、緊急時の復帰用に使えればいい人、アウトドアでも使いたい人、外出先でACアダプタとして使いたい人

皆さんがどんなシーンで使いたいかに合わせて、ベストマッチな製品を選ぶことが1番大切です。

バッテリー選びの参考になればうれしいです。

長らくお読みいただきありがとうございました。

充電回りのガジェットに興味あるの方にオススメの記事

【2020年版】ワイヤレス充電器のベストバイ7選を徹底比較分析

続きを見る

【2020年最新】USB付きコンセント延長コード9選おすすめ

続きを見る

MacBookのACアダプタ(USB-C)でWindowsマシンが充電できない時の解消法

続きを見る

またのお越しお待ちしてます!

このブログではガジェット・便利グッズ・生活の知恵・スマホ通信などを扱っています

でくのぼう
ブログは毎日更新!SNSで更新通知出してるのでフォローよろしくです!

活動メインはTwitter!
>>Twitterはこちら
>>インスタグラムはこちら
>>ピンタレストはこちら
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

木偶の坊

学校の先生のお仕事をしながらライターやデザイナーもやる30歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。頑張って東北大へ進学。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。今は副業可能な学校の先生へ転職。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-ガジェット

© 2020 ベンカツ