ガジェット

iPad Proで外付けマイクが使えるUSB-C変換ケーブルが便利

でくのぼう
こんにちは、でくのぼうです

 

私はYouTube用の動画をiPad Proで撮影しているのですが、録音用のマイクをどうするか困っていました。

 

音質を考えれば外付けのコンデンサーマイク、ピンマイクを使いたい。

しかしiPad Proにはイヤホンジャック端子がないので、普通の外付けマイクが使えないんですよね。

 

これまで一眼カメラで録画するときに使っていたコンデンサーピンマイクが使いたいので、マイク端子をUSB-C端子へと変換する変換ケーブルはないかと探していたのですが、どうにか発見することができました。

 

この記事では、iPad→変換ケーブル→コンデンサーバイクと変換して、iPadPro録画の音質を向上させる方法をまとめています。

 

この記事を読んで解消できる疑問

  • USB-C端子に外付けマイクを接続して、録画で使う方法は?
  • ミー文字録画を高音質で行う方法は?

 

でくのぼう
おすすめのピンマイク型コンデンサーマイクも紹介しているので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

 

MELODAYタイプC変換ケーブルで外付けマイクが使える

今回購入したのはこちらの変換ケーブルです。

 

 

アマゾンの商品ページにイヤホンの変換ケーブルとありますが、レビューを見るとマイクも使えそうだったので、思い切って購入してみました。

 

開けてびっくり。

ケーブルしか入っていないんですよ。これ。

説明書も無しです。

 

というか説明も何もないってことですね笑

使い方はとても簡単です。

この変換ケーブルをiPad ProのUSB-C端子に差し、コンデンサーマイクのジャックを変換ケーブルに差すだけです。

ちょうどこんな感じです。

これだけで、マイクジャック端子のコンデンサーマイクがiPadの録画でも集音してくれるようになります。

 

OKWINTの外付けコンデンサーマイクが安くておすすめ

ピンマイク型のコンデンサーマイクはアマゾンでもたくさん売られていますが、色々なYouTuberがOKWINTのマイクをオススメしています。

 

OKWINT
¥1,250 (2020/11/27 10:49:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

1,000円ちょっとで購入できるピンマイクとしては、付属品もしっかりしていて、音質も十分です。

4極の3.5mmジャックなので、イヤホンジャック搭載のスマホやタブレットで使えます。

付属品で3極変換アダプタがついています。

 

3極に変換すればデジカメや一眼レフ、PCにも使える

4極のジャックは、iPhoneやAndroidスマホ、iPadなどのタブレット用の端子です。

デジカメや一眼レフ、ビデオカメラ、PC等には、そのままでは使えません。

 

そこで、付属品の4極→3極変換ケーブルを使うことで、3極ジャックにすることができます。

3極に変換されていれば、デジカメや一眼レフでも問題なく使用することができます。

 

外付けマイクの有無で音質を聴き比べ

さっそくYouTube動画を作成したので、聞き比べてみてください。

 

まずこちらが外付けマイクがない、iPad Pro内臓のマイクで録画した動画です。

動画編集のときに、音のボリュームレベルを上げてどうにか対応しました。

なのでホワイトノイズも拡大されて、音質は非常に悪いです。

 

続いてこちらがMELODAYの変換ケーブルでOKWINTのコンデンサーマイクを外付けマイクとして接続したものです。


音質が改善されていることがわかります。

むしろ録画音量が大きすぎたので、少し音割れしてしまいました。

 

動画編集の際に音量を落としましたが、音割れはなおらないのでマイクを取り付ける位置を考えないといけませんね。

この動画を撮影した時は、襟元のボタンの位置あたりにマイクをセットしています。

 

おなかあたりにマイクをセットすると、音割れしづらくなりそうです。

なんにしても最適なマイク位置を試行錯誤する必要がありそうです。

 

Androidスマホでマイク付きイヤホンが使用可能になる

USB-C端子に普通のイヤホンジャックを変換して接続するので、マイク付きイヤホンでも使用可能です。

タブレット以外にもUSB-Cが搭載されているAndroidスマホでも使えます。

 

例えばZOOM(ズーム)やLINEなどでの通話時に、この変換ケーブルを使ってマイク付きイヤホンを接続すれば、ビデオ通話を高音質にすることができるようになります。

 

色々な使い方ができると思うので、ぜひ試してみてくださいね。

 

iPadでYouTube動画を撮影するなら、外付けマイクとUSBタイプC変換ケーブルが必須

iPadがいくら進化したからといって、やはり内臓マイクでの録画では音質が物足りません。

 

今回使用したピンマイクと変換ケーブルは、合わせて3,000円もせずに購入できます。

iPadでYouTube動画を撮影するなら、これら2つは初期投資として買っておくべきですね。

 

視聴者は音質と画質で「この動画が信用に足るか」を判別しているという話もあります。

実際、私がよく観ている動画は音質・画質ともにしっかりとしています。

 

やはり信用されるYouTuberになるためには、最低限の音質・画質はないとダメですね。

堀江貴文さんやメンタリストDaiGoさんみたいに、飛びぬけちゃってる人はiPhoneの録画でOKなんでしょうけどね。

 

ぜひこれからiPadで録画する方々は試してみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

またのお越しお待ちしてます!

このブログではガジェット・便利グッズ・生活の知恵・スマホ通信などを扱っています

でくのぼう
ブログは毎日更新!SNSで更新通知出してるのでフォローよろしくです!

活動メインはTwitter!
>>Twitterはこちら
>>インスタグラムはこちら
>>ピンタレストはこちら
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

木偶の坊

学校の先生のお仕事をしながらライターやデザイナーもやる30歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。頑張って東北大へ進学。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。今は副業可能な学校の先生へ転職。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-ガジェット

© 2020 ベンカツ