Kobo Libra H2O(カバー付)を半年使ってみた感想レビュー【おすすめ電子書籍リーダー】

(ライター:ねぎた

みなさんは電子書籍を読みますか?

スマホで読めるからかさばらないし、電車内やお風呂など読む場所も選ばず、とっても便利です

 

ですが、紙の本に慣れていると電子書籍に乗り換えづらいですよね。

本は紙派、という人も多いと思います。

 

私も興味はあったのですが、目が疲れそうだし視力も落ちそうだからと紙の本ばかり買っていました。

 

そんな私ですが、電子書籍の購入を決意する出来事がありました。

それは引っ越しです。

 

経験した方はわかると思うんですが、本を入れまくった段ボールってアホみたいに重いんですよね・・・。

 

それに何冊か手持ちで移動しようと思っても、予想以上に場所を取るし。

そこで、せっかくの機会だし電子書籍で読書しよう!と思い立ったわけです。

 

ただスマホだと目が悪くなりそうなので、目に優しいという電子書籍リーダーKobo Libra H2Oを買うことにしました。

 

 

「電子書籍に興味はあるけど、電子書籍リーダーがどういうものかよくわからない」

「楽天koboがいいのか、amazon kindleがいいのか迷う」

「電子書籍リーダーを選ぶときのポイントが知りたい」

 

こういった方に向けて電子書籍リーダーKobo Libra H2Oをおすすめする理由と、実際に半年使ってみて感じたメリットや使用感を紹介します

 

楽天koboシリーズとAmazon kindleシリーズとの違いにも触れていますので、ぜひ電子書籍リーダー選びの参考にしてみてください。

 

 

電子書籍リーダーAmazon kindleではなく楽天 koboを選んだ理由

私が楽天koboを選んだ理由はこちらです。

  • 通販は楽天市場がメイン
  • 楽天カードでの支払いが多い
  • 楽天のサービスをたくさん使っているからポイント還元率が高い

私と同じように楽天のサービスをよく使う人には楽天koboがおすすめです。

 

逆にこういった方々にはAmazonのkindleシリーズがおすすめです。

  • 通販はAmazon
  • 楽天カードを持っていない
  • アマゾンプライム会員

アマゾンプライム会員になっているだけで、無料で本が読めるサービス「Prime Reading」があります。

日頃からアマゾンを使い倒している方は、Kindleを選びましょう。

>>Kindleについてはこちら

 

 

 

電子書籍リーダーKobo Libra H2Oのスペック

ではKobo Libra H2Oのスペックを見ていきましょう。

 

 

  •  端末カラー: ホワイト、ブラック
  •  ディスプレイ: 7 インチ画面の Carta E Ink HD タッチスクリーン
  •  防水機能: あり (IPX8規格準拠、水深2m/最大60分耐久)
  • 解像度: 1,264 × 1,680(300ppi)
  •  ライト: ComfortLight PRO (フロントライト内蔵、ナチュラルライト機能)
  •  内蔵メモリ容量: 約8GB
  •  端末サイズ: 縦159mm×横144mm×厚さ5.0mm-7.8mm
  •  重さ: 約192g
  • バッテリー持続時間の目安: 数週間(ライトおよび Wi-Fi をオフにした状態で、1ページに約1分かけ、1日30ページ読書した場合の計算値です。実際の充電持続時間は使用環境や機器の状態によって異なります)

{https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2019/0905_01.html}より引用)

 

片手で軽く持てるくらいのサイズで使いやすいです。

 

ちなみに、ナチュラルライト機能とはあらかじめ設定した就寝時間に合わせて明るさを調節してくれる機能です。

寝る前の読書にいいですね。

 

 

ポイント

2021年10月20日、同シリーズの新モデル「Kobo Libra2」が発売されました。

主な変更点は 電子書籍リーダーkobo libraの新モデルについて(Kobo Libra2) にて解説します。

>>kobo Libra2 はこちら

 

電子書籍リーダーKobo Libra H2Oのメリット(良かった点)

Kobo libra h2oを選んでよかったなあと思っていることを3つにまとめました。

 

  • Kobo Libra H2Oは端末にページ送りボタンがある
  • 明るさ調整がしやすい
  • 楽天のクーポンやセールはすべての本が対象

ひとつひとつ見ていきましょう。

 

Kobo Libra H2Oは端末にページ送りボタンがある

これ、気にしてない人もいるかもしれませんが、超便利です!

 

片手で持つとこんな感じです。

 

いちいち指を動かさなくてもページがめくれるので、読書がとても楽になります

 

紙の本を読む時は当然めくるために両手を使います。

スマホでの電子書籍アプリでも、ページめくりのためにスワイプ動作をするために、地味に指が動くんですよね

 

送りボタンがあれば指の位置をそのままに読み進められるので、疲れにくくなります

 

上下(左右)どちらのボタンで進むかは使いやすい方に設定できます。

 

さらに、画面を触らなくて済むので、お風呂で読む場合も画面に水滴がつくリスクを減らせます

 

明るさ調整がしやすい

Kobo Libra H2Oには明るさ自動調整機能もありますが、自分で調整したいときもありますよね。

そういうときに便利な機能があります。

 

それが画面左端を上下にスワイプすることで明るさが調整できるという機能です。

わざわざ設定から調整しなくていいので便利です

 

画面左端の文章にコメントを付けたいときは誤作動されて邪魔ですけどね笑

そんなときは設定を無効にすることもできるのでご安心ください。

 

 

楽天のクーポンやセールはすべての本が対象

楽天もAmazon Kindleもほぼ常にお得なセールやクーポンがあります。

それぞれの特徴をご紹介しますね。

 

Amazon kindleの場合

日替わり、月替わり、不定期のセールがあります。

対象の本が決まっているため、欲しい本が対象になっていないと購入しづらいかもしれません。

その代わり、運が良ければ80%OFFなどの格安で買える可能性があります

 

楽天koboの場合

常に使えるまとめてクーポンや不定期で配布されるクーポンがあります。

 

これらのクーポンは、合計2000円以上で10%OFFなどのように合計金額に対する割引なので、すべての本が対象になります

(ジャンル限定で割引率の高いクーポンなどもあります。)

 

それに加えて楽天市場すべてが対象のポイント還元セール中に買えば、ポイント分がお得になります。

 

楽天とアマゾンどっちがお得?

とにかく電子書籍を安く買いたい人はAmazon kindleでセール待ちがおすすめです。

 

漫画やシリーズ物の本をまとめ買いする人は楽天koboがおすすめです。

 

楽天koboで1000円以上電子書籍を購入すれば、楽天市場全体の買いものでポイント還元率が0.5倍になるので、普段から楽天を使う人には特におすすめです

 

 

電子書籍リーダーKobo Libra H2Oのデメリット(悪かった点)

 

逆にここがいまいちだなあというところも3つにまとめました。

  • 楽天koboの読み放題サービス「楽天マガジン」は雑誌のみ
  • 支払方法がほぼ楽天カード一択
  • Kobo Libra H2Oの端子はmicroUSB

 

こちらもひとつひとつ見ていきましょう。

 

楽天koboの読み放題サービス「楽天マガジン」は雑誌のみ

正直ここが一番惜しいポイントです。

Amazon Kindleでは読み放題サービス「kindle unlimited」が有名ですよね。

 

Kindle unlimitedでは、200万冊の本が読み放題になります

小説、実用書、漫画、雑誌など、幅広いジャンルの本が対象です。

 

>>Kindle Unlimitedについてはこちら

 

一方で楽天koboには雑誌の読み放題「楽天マガジン」しかありません

 

私はほとんど雑誌を読まないのでデメリットに挙げました。

 

雑誌を読むのが大好きで色々な雑誌を読みたいという方にとってはメリットになる可能性はありますが、品揃えはKindleには及びませんね。

 

支払方法がほぼ楽天カード一択

 

楽天はAmazonと違ってキャリア決済(ドコモ払いやau払いなど)が使えません。

クレジットカードは使えますが、ポイントアップを考慮すると楽天カード以外にする理由がありません。

 

支払方法の豊富さを考えるとAmazonの方が使いやすいですね。

楽天カードを持っていれば楽天市場での買い物もお得になるので、これを機に発行するのもいいかもしれません。

 

Kobo Libra H2Oの端子がmicroUSB

最近はスマホを含めて色々な機器の充電端子がUSB-Cタイプになっていて、上下気にせずケーブル接続できますよね。

その点Kobo Libra H2OはmicroUSBタイプで上下が決まっているので、若干使いづらいところがあります。

 

ですが新発売された後継機kobo libra2はUSB-Cタイプに改善されています

充電端子が気になる方は次に紹介する新モデルをおすすめします。

 

電子書籍リーダーkobo libraの新モデルについて(Kobo Libra2)

 

冒頭でも触れましたが、Kobo Libraモデルはkobo libra2という新モデルが発売されています。

 

>>kobo Libra2 はこちら

 

Kobo Libra H2Oからの主な変更点

  • ディスプレイ: Carta E Ink HD タッチスクリーン → Carta E Ink HD 1200 タッチスクリーン
  • 内蔵メモリ容量: 約8GB(テキストベースの本:約 6,000 点分 /コミック:約 150 点分)→ 約32GB (テキストベースの本:約 28,000 点分 /コミック:約 700 点分)
  • 端末サイズ: 縦159mm×横144mm×厚さ5.0mm-7.8mm → 161.6 x 144.6 x 9.0 mm
  • 重さ: 約192g → 215g
  • 端子:microUSB → USB-Cタイプ』

https://books.rakuten.co.jp/event/e-book/ereaders/kobolibra/ を参照

Kobo Libra H2Oよりちょっと大きくなっていますね。

見た目やシステムはほぼ同じなので、初めて使う場合はどちらも大差ないと思います。

 

2022年3月現在、新品ではkobo libra2しか購入できません

 

電子書籍リーダーKobo Libra H2O専用カバーは必要?

 

電子書籍リーダーを初めて買う人はカバーを付けるか迷う人も多いと思います。

 

そんな方のためにカバーを買うメリットを2つ紹介します。

・スリープがかんたん
・スタンド代わりになる

 

背面の電源ボタンを押さなくても、カバーを閉じるだけでスリープできるので、紙の本を閉じる感覚に近いです

カバーをスタンド代わり使うとこんな感じです。

 

お金はかかりますが、買って損はしないと思います。

 

こんな人に電子書籍リーダーKobo Libraシリーズはおすすめ

  • 楽天サービスをよく使う
  • お風呂で読書してみたい
  • 片手で読書したい
  • 書籍や漫画はまとめ買い

という方にはとくにオススメです。

ぜひあなたも電子書籍リーダーで快適な読書ライフをエンジョイしましょう!

 

 

この記事がみなさんの役に立てばうれしいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

(ライター:ねぎた

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

でく

元高校教師でブロガー。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-スマホ・ガジェット・周辺機器
-,