オススメの本

【感想書評レビュー】サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門 【内容要約】

みなさんこんにちは、でくのぼうです

 

今回はこちらの本のレビューをしていきます

 

この本は、端的に言えば老後に備えるなら退職金で小さな会社を買いなさいという本です。

 

個人事業主やフリーランスの方々と違い、雇われで仕事をしている私のような者には、会社を買うといわれてもピンとこないです。

 

しかしそんな私がこの本を手に取ったきっかけは、最近はやりのM&Aというワードに惹かれたから。

 

M&Aというと企業買収のことで、それこそ私たち1個人には関係なさそうですが、この本を読んで考えは変わりました。

 

この本の中で、中小企業を買収することで、起業することによって生じるハードルの多くをクリアした状態で会社経営ができると書かれています。

 

確かに、ゼロから起業しようとすると、本当にたくさんの苦労があります。

 

しかし経営期間がある程度長く、しっかりとした経営基盤のある会社であれば、銀行とのやり取りや顧客リスト、従業員のノウハウ、などあらゆるものがある状態の会社から始めることが出来るのです。

 

ですがやはり気になるのは、売りに出るような会社はろくでもないものではないのか?ということ。

 

この点に関しても、丁寧で分かりやすい解説がされています。

ざっくり言うと、日本の中小企業はいま後継者問題が起きていて、今後継続が可能な健全な体制の会社でさえも、格安で売りに出ることが多いそう。

 

まだまだ『買う側』が少ない中で、アンテナをしっかりと貼って探していけば、良い企業をてにいれることができゆというのです。

 

自分には縁遠い話と思ってしまうかもしれませんが、自分でも会社経営がしてみたい、そのためにゼロからはちょっと、、、という方々に最高にオススメです。

 

ぜひM&Aの基礎について学んでいただければ!

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

 

またのお越しお待ちしてます!

このブログではガジェット・便利グッズ・生活の知恵・スマホ通信などを扱っています

でくのぼう
ブログは毎日更新!SNSで更新通知出してるのでフォローよろしくです!

活動メインはTwitter!
>>Twitterはこちら
>>インスタグラムはこちら
>>ピンタレストはこちら
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

木偶の坊

学校の先生のお仕事をしながらライターやデザイナーもやる30歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。頑張って東北大へ進学。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。今は副業可能な学校の先生へ転職。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-オススメの本

© 2020 ベンカツ