自作マスクにオススメの2WAYストレッチ生地

生活改善
スポンサーリンク

こんにちは、はなまるです。

新型コロナウイルスの拡散対策に自作マスクを制作する人が多くなってきました。

しかし昔給食マスクとして使っていたようなマスク(いわゆる「安倍ノマスク」)だとと、長時間耳に引っかけていると痛くなってしまいますよね。

そこでゴム紐でつなぐのではなく、超快適マスクのような伸縮性のある不織布を使うのがオススメです。

さらに言えば、不織布よりもさらに痛みが出にくいツーウェイ布地をくくり紐がわりにすることで、耳の痛みを大幅に軽減することができます。

この記事では、そんなくくり紐に最適な伸縮性のあるツーウェイ布地のご紹介をしたいと思います。

2way ストレッチ素材とは

私が愛用している生地は、2way(ツーウェイ)ストレッチ生地というものです。

いわゆるドレス生地で、感覚としてはよく伸びる系(布系ではない)のスクール水着などに使われている素材と同じといえばなんとなく想像がつくでしょうか?

水着に使われているものより薄手で非常になめらかな肌触りですので、耳にくくる紐としてだけではなく、マスクの布地としても活用ができます。

本来ドレスに使用するような生地ですので、丈夫さも売りです。

薄手の綿やメッシュ素材より耐久性があるので、洗濯してもほつれたりしません。

生地を買うならフジカケさんがオススメ

コロナ拡散以前より生地を買うことがそこそこあったのですが、いろいろな手芸店をめぐってもこのストレッチ素材とはなかなか出会えませんでした。

ストレッチと名の付くものはあるのですが、ストレッチメッシュだったり、光沢のあるザラザラとした生地(ドレス装飾用)ばかりで、水着にも使われる肌触りのものは、十店舗で見かけたことがありません。

そこでネットショップの出番なのですが、いろいろ探した中でもっともストレッチ生地の品ぞろえがよく、さらにコストパフォーマンスに優れたショップを見つけました。

それがフジカケさんです(画像は白ストレッチ生地)です。

クリックで楽天市場のフジカケさんのショップへ飛びます

購入の仕方は、巾売り(幅うり)で生地の幅は固定になっていて、長さを指定する方法になります。

生地の商品ページに書いてありますが、だいたい100cm幅とか110cm幅というのが多いですね。

長さは10cm単位での購入なので、30cm欲しい場合には購入個数3として購入します。

マスクの紐として使用するならば10cm幅(10cm×100cmなので)あればよいので購入個数は1でも十分ですね!

複数個作成するならばその分だけ増やしていけばOKです。

フジカケさんは大体10cmで200円いかないくらいのコストで買えるので、いろいろな用途で使うためにまとめ買いをすることをオススメしますよ。

ご注意

マスク制作用に生地を購入する人が急増しているようで、注文してから発送まで遅れているそうです。白や黒といった人気色は在庫切れになることも予想されますので、ご注文はお早めが良いかと思います。

以下フジカケさんのHPから転載

【GW中のご注文の発送目安】
5/1の17時~5/4までのご注文は5/13以降、
5/5~5/7の10時までのご注文は5/18以降の発送予定です。
※他店舗と在庫を共有しているため、ご注文確定後に在庫切れになってしまう場合もございます。

※配送センターが大変混雑しておりますので、注文日時から30分以上経過したご注文のキャンセル、変更、追加分の同梱発送はお受けいたしかねております。

カラーバリエーション色々

フジカケさんには様々な厚さとカラーバリエーションの生地がありますので、いくつかご紹介したいと思います。

FI1660マーニーツーウェー(24.ホワイト)


上の方でも紹介したものになります。

白系のストレッチ生地の中でも一番なめらかで伸縮性に富む生地です。

耳にかけていても痛みがありません。

超快適マスクはいわゆる不織布で耳のくくり紐にしているのですが、この生地は同程度のしなやかさでいながら、なめらかさが上なのでとても快適です。

日に透けやすいくらいの厚さなので、マスク自体の生地としては不向きですが、耳にかけるくくり紐としてはこれ以上はありません。

色も清潔な白でマスクにオススメですよ。

下は色違いの生地です。シックな紺色で光沢がなく、服の裏地になるような生地ですね。こういった色違いでマスクを作るのもおしゃれですね。


5200ライクラツーウェー(KW.白)


FI1660マーニーよりも少し厚手の生地です。

くくり紐としてだけでなく、マスク自体の生地としてもオススメです。

商品説明にもあるのですが、新体操のレオタードや水着生地として使えるもののようです。

なので、日にかざしても透け感があまりなく競泳水着のような肌触りになっています。

自作マスクの生地は口元の透けが気になるという方も多いですので、そういった場合この生地であれば透け感はかなり抑えられます。

また厚手で丈夫な生地ですので洗濯による繰り返し使用にも耐えやすく、くくり紐はもちろんマスク自体の生地としてオススメです。

ツーウェー(1.白)


白系のツーウェイ生地の中でも厚さはかなり厚めの生地です。

ドレス生地として使用するもので、表面がほんのりきらきらする加工がされています。

生地の伸び縮みでいえば、FI1660より伸びにくく、5200ライクより伸びやすいといったところでしょうか。透け感も同様な具合です。

5200ライク同様、少し厚手ですのでくくり紐というよりはマスク自体の生地としてオススメです。

表面がキラキラしているのでおしゃれ感が出るのはイイ感じですね!

下3つは色違いのオススメです。青(ロイヤルブルー)・オレンジ・紺です。




基本はどの生地も一緒ですので、3色とも光沢があって高級感があります。

マスク自体の生地として取り入れて、おしゃれマスクを目指してみるのにオススメですよ。

生地は生地屋さんで買うのが一番

いかがだったでしょうか。これだけの生地が10cm×100cmでどれも200円行かないのはお得ですね!

実店舗ではなかなか見つけられないこういったツーウェイ生地は、やはりネットショップの強みでもあります。

しかし、ネットショップが故に、その生地の触り心地や伸びの感触というのがわからないのが難点ですね。

質感等できるだけ伝わりやすいように書いたつもりなのですので、参考になれば幸いです。

まずはお試しで1個単位で色々買ってみるのもいいですね。Amazonと違い送料がかかるので、こまめに買ってしまうと送料の方が高くついてしまいそうです。

今回紹介したのは取扱いのある生地のうちの一部ですので、ぜひ色々試してお気に入りの生地を見つけてみてくださいね

コロナで鬱屈とした日々が続きますが、おしゃれマスク・快適マスクをしてモチベーションを上げていきましょう!

コメント