【コスパ◎】アイリスオーヤマのコードレスサイクロンクリーナーIC-SLDCP10-Nの感想レビュー【静電モップ】

 

でく
みなさんこんにちは、でく(@ddekunoboh)です。

 

今回はアイリスオーヤマのスティッククリーナーの話。

 

我が家ではANKERのロボット掃除機Eufyがはたらいてくれています。

 

Eufy (ユーフィ)
¥23,000 (2021/10/11 09:00:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

安価なわりに非常によく掃除してくれるので、ルンバが買えないという人にはオススメのロボット掃除機なのですが、やはり経年劣化か最近吸い込みが悪い。

 

ゴミを残してしまいますし、動きも心なしか悪くなっています。

そこで結局ロボットの尻拭いを自分でやろうということになり、ハンディ掃除機を追加で購入することにしました。

 

そこで今回選んだのがアイリスオーヤマ。

ザ・コスパともいえるジャパンブランドですが、前々から気になっていたのでこれを期に購入。

 

ダイソンも持ってはいるのですが、作動音がうるさくてペットの小動物がビビってしまいます。

小動物がいる我が家のリビングでは使えません。

 

そこで吸引力はそこそこでいいから静かなやつがいいということでチョイスしたのが、 IC-SLDCP10-Nというこちらの機種。

 

 

アマゾンの口コミレビューも非常に良好だったので、今回はこちらを購入して使用感等をレビューしていきたいと思います。

 

この掃除機こんな方におすすめ

  • フローリング掃除がメインの人
  • 大学生の一人暮らし、部屋数が少ない家
  • ある程度吸えればそれでいいという人

 

 

 

アイリスオーヤマのサイクロン掃除機の装備一式

さて届いたのでさっそく開封して中身を確認します。

これが入っていたもの全部です。(説明書撮影し忘れました)

 

本体部は 持ち手+サイクロン機構 延長ノズル パワーヘッド の三点セットですね。

連結装着はこんな感じ。オーソドックスなサイクロン掃除機です。

重さは2.2kgと、現在の業界最軽量級と比べるとやや重めです。

 

ノズルを外して布団掃除機のようにすることが可能です。

とはいえ布団の中に潜む微細なゴミや虫を取れるほどの吸引力は期待していないので、この用途で使うことはないでしょう。

 

ノズルを取り替えるとサッシや隙間清掃に使えるハンディ掃除機へと変身します。

このモードにすると砂などもけっこう吸えてしまうので便利です。

 

アイリスオーヤマのクリーナースタンド

スタンドを組み立てたところはこんな感じ。めっちゃチープなプラスチックづくりですが、まぁ値段相応。

 

アイリスオーヤマのサイクロンクリーナーにはちょっとおもしろい機構があります。

スタンドの下部にあけられたこの穴。コレ何かというと、付属の宣伝モップを差し入れるための穴です。

 

こんな感じでスタンドに掃除機を立て掛け、掃除機のスイッチをONにした状態にすると、この穴の中を吸引します。

そこにこの静電モップを差し入れることでモップについた汚れをとってくれるという仕組みです。面白いですね。

 

静電モップというくらいなのだから、静電気でゴミがひっついてとれないんじゃないか?という心配もあるかもしれませんが、その点はご安心。

この穴の縁どりにあるアルミ部分で静電気を取り除いてくれるんです。

静電気がなくなった状態であれば、モップからゴミは外れやすくなるという仕組みですね。よく考えて作っていますね。

 

 

アイリスオーヤマのコードレス掃除機の吸引力は?

さて、アマゾンレビューをみるとこんな口コミを見かけます。

 

アマゾンレビュー

吸引力が全然ない。強で使用しているが足りません。でもゴミはちゃんと溜まっているので、吸えているのでしょう。カーペットの目の向きによって動かない!吸引力ではなく、引っかかっている感じ。

 

星が少ない口コミ評価は基本的に吸引力のなさに言及しています。

購入するときも少し気になっていたことなので、そのあたりを検証してみました。

 

髪の毛・ホコリ・砂などは問題なく吸引可能

ざーっと部屋を一周掃除して使ってみた感じでは、とくに不便を感じることがなかったですね。

たしかにダイソンと比べれば吸引力がないと感じますが、そんなの1万円台の掃除機に期待する方がおかしいって話です。

 

フローリングに落ちている髪の毛やホコリ、シュレッダークズ、小動物のフンくらいは簡単に吸ってくれます。

小動物のフンといってもピンきりでしょうが、イメージとしては米粒くらいをイメージしてくれればOKです。おそらく米粒も吸えます。

 

引き戸のドアレールに落ちているゴミもキレイに吸えます。

家庭用の掃除機としての機能は十分に果たせています。問題ないです。

 

 

カーペット上のクッキーカスや髪の毛をとるのは厳しい

この吸引力ではカーペット掃除はやや力不足でしょう。

そもそもカーペットにからまった髪の毛レベルになると、天下のダイソンですらどうか…というレベル。

 

取れるとしたらカーペット上のクッキーカスや髪と毛といったところでしょうが、この掃除機の吸引力だとそのあたりですら厳しそう。

 

あくまで静音と安さで売っている製品なので、カーペット掃除まで使える吸引力を求める場合にはおとなしくダイソンクラスを買うのがベターです。

 

 

口コミをみているとこういうのも見かけます。

アマゾンレビュー

猫砂なんかちりとりでとったほうが早いでしょうよ。なんでサイクロンに吸わせてるのか理解不能です。吸わせた後、ダストボックスを開けてゴミ捨てする手間を考えたら、ちりとりなりテキトーな紙に乗せて捨てたほうが何倍も楽です。

 

違う掃除機でしたけど「落花生が吸えない」とかいう理由で低評価している人もいます。

目的もよくわからないし、価格帯が違う製品を比較対象にしたりで、けっこう当てにならないんですよね。

 

アイリスオーヤマのコードレス掃除機のメリット・デメリット

最後にメリットとデメリットをまとめてみます。

 

IC-SLDCP10-Nのメリット① 価格が安い

なんといっても安いこと。

日常使いであればまったく気にならないレベルの性能で、1万円台で購入できるのはアイリスオーヤマならではとも言えます。

 

フローリングがメインの家や部屋であればこれで困ることは基本ないです。

大学生の一人暮らしなどもこれで十分だと思います。

 

IC-SLDCP10-Nのメリット② 静音性が高い

この掃除機の売りの一つでもある静音性はバッチリですね。

ダイソンなどと比べたら圧倒的に静かですし、日立やパナソニックと比べても静かに感じます。

 

ただ吸引力と静音性というのは基本的に反比例するものですから、これは目的・用途にあわせて選ばないといけません。

カーペット清掃をしたり、布団掃除機としても使いたいなら、多少うるさくても吸引力が強いものを選ぶべきです。

 

壁が薄いアパートに住んでて近所迷惑になるとか、我が家のように音に敏感ないきものを飼っているという場合には、こういう静音性が高いものをチョイスしましょう。

 

IC-SLDCP10-Nのメリット③ ダストカップが取り外せて丸洗いできる

この製品のダストカップは取り外しがとても簡単。

Amazon販売ページより

 

こんな感じでワンタッチでごみ捨てができる機能があるんですが、これはノズルを外さないとできないのでむしろ面倒。

 

カップごと取り外すのが簡単なので、その状態でゴミ箱に持っていってぱかっとあければそれでOK。

これがダイソンだとできないんですよ。カップをボディから取り出すとゴミが舞っちゃうので…。

 

カップ自体も水洗いできるので非常に便利です。

 

 

IC-SLDCP10-Nのデメリット① スタンドが不安定

さて、デメリットについても解説していきます。

まずはスタンドが不安定であるということ。

 

これがスタンドに装着している状態の写真ですが、これ、掃除機が固定されていないですよ。

 

つまり土台のところにヘッドが置いてあって、ノズル部分が背面の黒いところに「立てかけられている」状態です。

 

背面部分はノズル形状に併せて湾曲していますが、逆に言えばそれだけです。支えるものが一切ないので、横に力が加わればすぐ倒れます。

いくらコストカットをしたいからといってこれは使用感に悪影響です。

使用が終わったら毎度そ〜〜っと置くわけです。

置き方ミスると倒れますし、震度3の地震がきたら倒れそうです。

 

ここは改善して欲しいポイント。

 

IC-SLDCP10-Nのデメリット② 充電式スタンドではない

スタンドはあくまで置くためのスタンドであって、充電機能がありません。

 

ということはつまり、ケーブル直差しってことです。

このタイプは早く根絶してもらいたいです。

装着したらそのまま固定&充電ができる壁掛けスタンドを使ってしまうと、もうこういう手間ひとつひとつがストレスです。

 

見た目も悪いですよね。

 

倒れやすさも相まって置く場所をかなり選んでしまうと思います。

 

IC-SLDCP10-Nのデメリット③ 重い&バッテリーもたない

日立やパナソニック、シャープのスティッククリーナーって持ったことありますか?

めちゃくちゃ軽いんですよ。しかも結構吸引力あったりします。(価格が違うから当たり前ですけどね笑)

 

それと比べるとどうしても重いです。

2.2kgでさえ重く感じるほど非力になってしまったのか…。

 

長時間使っていると腕に負担がかかるので、ある種の筋トレになりますね。

とはいっても、そもそも長時間使うほどバッテリーももたないのでいらない心配かもしれませんね。

 

2階建てのおうちで部屋数が多いと、ギリギリもつかどうかですね。

どれくらい念入りにやるかにもよるとは思いますが、使用する部屋の数は気にしたほうがいいでしょう。

 

 

アイリスオーヤマのコードレススティッククリーナーはコスパがいい

さてけっこうこき下ろししてしまいましたが、総評的には、コスパはいいと思っています。

 

 

掃除機としての基本性能は全く悪くないですし、スティック式なので取り回しが楽です。

ごみ捨ても楽なので結構気に入っています。

 

デメリットを踏まえてもこの値段であれば全然OKです。

一人暮らしで部屋数が少ないならば十分だと感じます。

 

これが1万円台で買えるなんていい時代になりました。

吸引力でお悩みの方は、使い方と目的さえ間違えなければ満足できるものと思いますので、オススメです。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

なにか生活の役に立てば嬉しいです。またお会いしましょう!

 

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

でく

元高校教師でブロガーやってる31歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-便利グッズ・お気に入り日用品