iPhone13を返品。やっぱりiPhone12で十分だと思った理由【デメリット感想レビュー】

でく
みなさんこんにちは、でく(@ddekunoboh)です。

 

今回はiPhon13を返品した話。

 

皆さんはiPhone13は買いましたか?

毎年新しいiPhoneが出るたびに欲しくなってしまい、そして購入している私です。

 

今回も例にもれずiPhone13をApple公式ストアで購入しました。

 

で、色々使ってみたのですが、結論から言うと

返品しました。

 

なんというか自分には合わなかったですねぇ。

高い金だして使うほどの魅力を感じなかったというか。。。

 

ということで今回はiPhone13を返品した話を理由を添えて解説していこうと思います。

 

 

iPhone13の変更点

まずiPhone13が、従来のiPhone12からどのような変化を遂げたかまとめたいと思います。

 

ざっくりまとめるとこんな感じ。

引用:iPhone 13とiPhone 12の違い比較!13まで待つべきかスペック・性能・価格比較した結論

 

Proシリーズの変化が顕著で、カメラ性能とリフレッシュレート、あとはチップ変更による処理能力の向上がメインの変化ですね。

無印iPhone13にはカメラ性能とリフレッシュレートの変更はありません。

 

ざっくり言ってしまえば、iPhone12と13はマイナーチェンジで大差ないということですね。

 

 

iPhone13を使ってみた不満① 重い

私がiPhone13を使っていて一番不満だったのは、重さですとにかく物理的に重い!!

 

iPhone12とiPhone13の重量差は11g。

たった11g、されど11g。この差は歴然でした。持ってみるとすぐにわかります。

 

YouTuberレビューとかで11gわからないですねぇとか言っている人いますけど、いやわかりますから!

持ち比べたら全然違うから!!!!

 

この重さの差は大きなストレスでしたね。

私が今回返品に至った理由の8割はこの重さです。

 

iPhone12はスペックの割に軽い。

しかも筐体サイズが大きいわりに軽いので、重量以上に軽量感がありました。

しかしiPhone13は見た目通り重いです。

 

片手で扱うのがかなりしんどいです。

Proシリーズとか使っている人はどういう握力してんの?って毎回思いますけどね。

 

とにもかくも、iPhoneに取り回しの良さを求める人は13シリーズは不向きです。

 

iPhone13を使ってみた不満② カメラ部のでっぱりが許せない

2つ目のデメリット。それはカメラ部のでっぱり。

 

iPhone13は、iPhone12と比べてカメラ性能が向上しています。

そのためカメラセンサー部がちょっと大きくなり、でっぱりが大きくなりました。

 

>>それほど気にならないiPhone 13の「出っ張り」、すごいバッテリーの持ちを実証

 

こんな記事が特集で出るほど注目されていたでっぱりですが、

「いや気になるから!!!」が私の最終結論です。

 

テーブルの上においたときにガタつく程度にはでっぱってます。

テーブルの上でタップしようものなら「カタカタカタカタ」とiPhoneの4スミがテーブルに接触して音を立てます。

これが不快のなんの。

 

memumiのケースはカメラセンサー部を保護してくれているといっても、これは軽減できません。

 

 

iPhone13を使ってみた不満③ お値段以下

なんといってもiPhoneは高級スマートフォン。

購入金額は110.800円でした。

 

正直このデメリットをかかえていながら、iPhone12のマイナーチェンジなスマートフォンを11万円で購入する余裕は、私にはありませんでした。

 

 

iPhone13を返品。11万円が戻ってきた。

以上の理由からiPhone13の返品を決意。

アップル公式ストアで購入した場合、購入後2週間いないであれば返品が可能です。

気に入らないとかいう個人都合でも全然OKです。

 

これまで何度も返品をしてきたので、返品作業はお手の物です。

iPhoneの返品方法はこちらの記事で解説しています。

 

 

iPhone購入時にApple Care+(アップルケアプラス)を併せて購入していた場合でも問題なく返品が可能です。

アップルケアの費用も戻ってきます。詳しくはこちらで解説しています。

 

【無料で返品OK】iPhoneなどApple製品を購入後、無料で返品する方法や条件を丁寧解説【Apple Care +も同時返品OK】

続きを見る

 

ということでサクッと梱包してヤマト運輸の配送センターから発送手続きをします。

 

Appleから送られてきた外箱はiPhoneの箱がジャストフィットする上、保護性能も高いので、返品可能期間である2週間はとっておくのが吉です。

 

無事返品手続きを完了して、返金を受け取ることがデキました。

 

マイナーチェンジiPhoneを買うのはやはりお金持ちぐらいなもんなんでしょうかねぇ。

ということで私はおとなしくiPhone14をまとうと思います。

 

この記事がみなさんの役に立てばうれしいです。
ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

でく

元高校教師でブロガー。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-スマホ・ガジェット・周辺機器, iPhone