ガジェット

【アリ寄りのナシ】iPhone12は見送り安定な6つの理由

でくのぼう
みなさんこんにちは、でくのぼう(@ddekunoboh)です。

 

2020年10月14日深夜2時。iPhone12が発表されましたね。

>>iPhone12のApple公式ページはこちら

 

発売決定モデルは4つで、iPhone12 12mini 12Pro 12Pro Maxが発表されました。

 

さて、そんなiPhone12ですが正直言ってガッカリですね。

目新しい新機能もないし、iPhone11と比べて驚きの進化もありません。

 

ネット上では「いいね!」「買う」との声を聞きますが、Appleファンやガジェットマニアなどは買っても、一般の方はどうでしょう?

 

正直、一般ユーザーにとってiPhone12に買い替えるメリットは無いように感じます。

 

この記事では、「最新機種を使いたい!」というわけではないライトユーザーの目線に立って、iPhone12は「なぜ買いじゃないのか」について解説していこうと思います。

 

【前提】iPhone12は素晴らしいスマホである

まず前提としてですが、iPhone12はスマホ単体で見れば素晴らしい端末です。

特にiPhone 12 mini は魅力的です。Appleのハイエンド(最高)スペックを7万円というミドルレンジ(中間帯の)価格で売るわけです。

 

iPhone SEにも驚きましたが、これにはさらに驚きました。

iPhone12 mini の注目点

  • Super Retina XDRディスプレイ(有機EL)
  • 最速頭脳 A14 bionic チップ
  • デュアルカメラ(広角・超広角)
  • インカメラでもナイトモード
  • 耐落下性能を4倍向上
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ対応
  • 12miniは5.4インチ 133g
  • →SEより小さく軽くて画面がでかい
  • 12は6.1インチ162g
  • →11より小さく軽くて画面は同じ大きさ
  • 5G対応
  • RAW画像
  • Dolby Vision(超高画質録画)
  • MagSafe充電
  • デザインがiPad Proみたいになった

これだけ機能や性能をモリモリにして魅力たっぷり。それでもminiならば7万円台で購入できるというのはただただ驚きです。

 

これまでiPhoneを持っていなくて、これからiPhoneを使いたいという人にとっては間違いなくオススメができる機種です。

 

>>iPhone12のスペック 公式ページ

 

すでにiPhoneを持っている人からしたら乗り換える価値は低い

iPhone12は非常に素晴らしい出来のスマホです。

しかしすでにiPhoneを持っている人も多いと思います。重要なのは、今使っているiPhoneから乗り換えるに値するかどうかですよね。

 

結論から言うと、乗り換えるに値しないと思います。アリかナシかで言えば、ナシです。

 

ただし、スマホの性能を最高まで引き出す用途で使う人ならば話は別。クリエイティブな機能が多く付加されたiPhone12は、クリエイター業の人にとっては買い替え価値の高いスマホといえます。

 

しかし多くの一般ユーザーは、「不便なく」「楽しく」「オシャレに」使えればいいわけです。つまり立ち位置によってスマホの価値は変わるということです。

 

このブログのコンセプトは「便利な生活」、私の判断基準は「一般ユーザー」です。

 

ここからは一般ユーザーにとって、iPhone12がイマイチといえる理由を解説していきたいと思います。

 

iPhone12のイマイチな所 Face ID搭載 Touch IDは非搭載

iPhone12はiPhone11と同様、Face IDによる顔認証でセキュリティを管理します。

 

このご時世、まだまだマスクをつけて生活をしている人が多い中でTouch IDに対応できなかったのは残念の一言に尽きます。

 

私はiPhone SEとiPad Proを使っていますが、Face IDのiPad Proのセキュリティ解除には毎日ストレスです。いちいちマスクを下げるのがめんどくさいです。

 

Touch ID搭載のiPhone SEなら、指で触るだけでロック解除ができるので便利です。

 

Androidには指紋センサ―と顔認証両方に対応している機種が多い中、このFace IDのみの対応にはがっかりしました。

 

まだまだマスクは外せませんので、iPhone SEからの乗り換えに大きなデメリットとなります。

 

iPhone12のイマイチな所 5G対応には特に価値を感じない

iPhone12から5Gに対応しました。「ついに5G対応か!」と色めき立つ人たちがいますが、私からしたら「なにがそんなにいいの?」と思います。

 

5Gはインフラ側の整備がまだまだ追いついておらず使用エリアがかなり限定されています。現状では一般人に何の恩恵もありません

 

5Gエリアに行ったところで、ただ通信速度が速いだけです。「動画ダウンロード速い!」と驚くためだけにわざわざ5Gエリアに行くのでしょうか?

 

そのために買い替えますか?いいえ買い替えません。(反語)

 

都市圏を離れている人にしてみればさらに無用の長物です。私は5Gに対応してる事に、なんら魅力を感じませんでした。

 

乗り心地が安定している車を買っても、肝心の道路が舗装されてなければ意味がないですよね。そういうことです。

 

5Gが拡充する頃には新しいiPhoneが出ているでしょう。5Gを使いたければその時に改めて購入を検討すればいいと思います。その時の方が機種の性能も上がってますよ。

 

iPhone12のイマイチな所 RAW撮影やDolby Visionは一般人にとって縁遠き存在

今回からRAW撮影や動画のDolby Visionに対応しました。

しかしRAWやDolby Visionについて知っている人はどれだけいるのでしょうか?

 

知らない方はおそらく一生使うことがないモノなので気にしなくていいでしょう。私も使いません。

 

この機能は明らかにクリエイター向けの機能で、映像関連やフォト関連の仕事をしている人、記事を書くのに高画質画像を求める人などには刺さるかもしません。

 

普通に生活して使うだけならこの機能の恩恵を受けることはないでしょう。

 

iPhone12のイマイチな所 綺麗な発色でもリフレッシュレートは60Hz

今回から有機ELディスプレイに対応するわけですが、有機ELディスプレイは鮮やかな発色、コントラストの効いた描写、広い視野角、と多くのメリットがあります。

 

しかしIiPhone12の画面については残念な点もあります、それはリフレッシュレートが60Hzなことです。

 

リフレッシュレートとは1秒間に何回画面が切り替わるかという指標で、60Hzなら1秒間に60回画面を切り替えることができます。

 

この数字が高ければ高いほど、画面の1コマ1コマの間が短くなる(詰まる)ので、より滑らかな(ぬるぬるな)描写ができるのです。

 

ゲームでの快適性はもちろん、スクロールなどの一般の画面表示も非常に高品質になります。

 

一度90Hz,120Hzを体感すると60Hzには戻れません。

 

Androidの世界では90Hzや120Hzなどもある中、標準的な60Hzどまりなのは、ハイエンドスマホメーカーとしていかがなものか。

 

いくら発色が綺麗でもなめらかな表示ができないのは、玉に瑕(きず)と言わざるを得ませんね。

 

iPhone12のイマイチな所 Mag Safeは本当に必要か?

iPhone12からQi充電からMag Safeという充電様式になります。簡単に言うと、Qiのような無線充電器がマグネットでiPhoneに貼り付くイメージです。

 

かつてMac Bookに搭載されていたのを知っている人ならば、イメージしやすいでしょう。

 

で、それって必要か?という話です。

 

「無線充電をしたつもりが、実はきちんと充電ポジションについていなくて、充電されていなかった」という経験がある人もいるのではないでしょうか。

 

Mag Safeであればそのような「充電されていなかった問題」は起こりません。確実にマグネットで適切なポジションに固定できるからです。

 

しかし逆に言えばマグネットでくっついてしまっているので、「充電器から外してから持ち出す」という手間が増えるわけです。

 

Qi無線充電の一番の利点は「ポイっと置いて充電、サクっと手に取って持ち出せる」です。しかしMag Safeではその間にひと手間が入るわけです。

 

これって実質的にはケーブル挿しで充電しているのと、さほど変わらないと思うのですが、私だけですか?

 

誰もこれに言及していないんですよ。もし間違っていたら誰かコメントやTwitterで教えてもらえませんか?

 

ちなみにMag Safeは充電以外にも、マグネットでくっつけられる色々な対応アクセサリにも役立つようです。

 

とはいっても、そんなに魅力的な機能にはあまり感じないのが正直なところ。

 

iPhone12のイマイチな所 未だにLightning端子。早くUSB-Cにするべき。

このことを言い続けて何年になるかわかりませんが、iPhoneはまだUSB-C端子にならないんですね。

 

Lightning端子を使っているスマホは世界で唯一、AppleのiPhoneだけです。

 

世界の標準であるAndroidはUSB-Cが基本になりつつあります。なぜかたくなにLightningなのか。

 

iPad ProやMac BookはUSB-C端子です。iPhoneもUSB-Cに対応すれば、Apple製品のほぼ全てがUSB-C端子に統一されるわけです。

 

その利便性を多くの人が声高に叫んできましたが、いつまでも採用されません。なんなんでしょうかね。

 

今回Mag Safeが搭載されましたし、今後はLightningポートを廃止にしてMag Safe一本に切り替えるという話もあります。そうなるとMag Safeの充電ケーブルを持ち歩くことになるんで、荷物や手間は減らないんです。

 

スマートにするなら規格は1つに統一しましょうよ。お願いします。お願いします。お願いします。

 

SEからの乗り換えはデメリットだらけ。11からの乗り換えならアリ

SEからiPhone12への乗り換えは正直オススメしません。Touch IDが非搭載なのはあまりにもでかすぎるデメリットです。

 

元々Face IDだったiPhone11シリーズからの乗り換えであれば検討の余地はありそうです。

 

しかし11と比べると、一般ユーザーにとってメリットのある新機能はほとんどありません。そのためにまたお金を出す価値があるのか、正直疑問です。

 

iPhone12をおすすめできる人

散々ディスってきましたが、やはりスマホ単体としては魅力的です。ここではiPhone12がおすすめな人をまとめました。

 

iPhone12はデザインは大きく刷新され、iPad Proのような角ばりデザインになりました。新色も追加です。

そういったデザイン面で気に入った方は、性能は度外視に購入検討してみるのもアリですね。(私もiPad Air水色気になってます)

 

現在iPhone7,8,Xシリーズを使っている人は、そろそろ処理速度が遅くなってきて限界が近いと思います。

iPhone 12 mini であれば、小さくなって軽くなって高スペックで言うことなしなので、機種変更は一考の余地はありです。Touch IDはなくなりますが。

 

今持っている端末を中古で売って差額で最新機種を買う場合、SEからの乗り換えにはTouch ID非搭載という明確なデメリットがありますから、慎重に検討しましょう。

 

>>iPhoneをメルカリで最も高く売るためにやっておくこと

【新品と変わらず】iPhoneやiPadをメルカリで最も高く売るためにやっておくこと

メルカリでiPhoneを売るときはできるだけ高額で販売したいですよね。そのためにはAppleCare+を活用しましょう!アップルケアをつけておくと、アップルケア自体の費用よりも高い価値を上乗せしてiPhoneが売れるんです。この記事では、iPhoneをお得にフリマアプリで販売するテクニックをまとめていきます。

続きを見る

 

私だったら次のiPhoneまで待つ

色々と書いてきましたが、もし私がiPhone SEを持つ一般ユーザーなら12への買い替えはしません。11だとしても買い替えせずに、次のiPhoneを待つかもしれません。

 

しかし私は一応ガジェットブロガーの端くれですから「買い替えしといた方がいいかな」と悩んでいます。

 

皆さんはiPhone12、どうされますか?

ぜひ参考になればうれしいです。ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

ご質問・感想はこちら

でくのぼう
ここまでお読みいただきありがとうございます! 記事に関する質問や感想等、お問い合わせはお気軽にTwitterへお寄せください!
>>Twitterはこちら
@ddekunobohをつけてツイートしていただいてもお答えします!
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

木偶の坊

学校の先生のお仕事をしながらライターやデザイナーもやる30歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。頑張って東北大へ進学。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。今は副業可能な学校の先生へ転職。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-ガジェット

© 2020 ベンカツ