【さよならiPhone12】iPhone12を返品してiPhone12 miniを買う決断

でく
みなさんこんにちは、でく(@ddekunoboh)です。

 

皆さんはiPhone12購入されましたか?

私はしっかりと予約購入をして、発売日当日に受け取りを行いました。

 

そして1週間しっかりと使った結果

「iPhone12を返品する」という決断を下しました。

 

そして返品をしたあとは2020年11月13日発売予定のiPhone 12 miniを手に入れたいと思います。

 

先日記事では、使い続けます!みたいなことを書いていたのですが、やはり色々思うことがありました。

【好きになれるかも】iPhone12の青色は意外とイイ感じ【SEから乗り換えで感覚レビュー】

続きを見る

 

そのように決断した理由はいくつかありますので、まとめてみました。

iPhone12に納得できなかった点

  • 片手で扱いきれない大きさ
  • 重さが決して軽くない
  • iPhone12 miniという強すぎるライバルの存在

おそらくこれまでにiPhone11やそれに相当するサイズのスマホを使っていた人にとっては、iPhone12は最高の選択肢になったでしょう。

 

しかし私はiPhone12を購入する前はiPhone SE(第二世代)を使っていて、その前はiPhone7を使っていました。

つまりiPhone12への乗り換えはサイズアップということになります。

 

当然性能も大きくアップしたわけですが、このサイズアップによる使いづらさは1週間使っても慣れませんでした。

 

私と同様にiPhone SEや軽量スマホを愛用している人にとっては、iPhone12は刺さらない製品だったでしょう。

 

一方で、iPhone SEと比べて素晴らしいと感じた点があったのも事実です。

 

この記事では、元iPhone SEユーザーの目線から、iPhone12を触れて感じた感想と乗り換え理由をメリット・デメリット合わせて解説していきます。

 

 

iPhone12は 片手で操作しにくい大きさ

iPhone12はiPhone11と同じ6.1インチディスプレイを持っていながらも、小さく、薄く、軽くなったスマホです。

 

特に重さに関しては16%も軽量化されていて、iPhone11のデメリットの1つであった重さを見事に克服しました。しかも電池もちは犠牲にすることなく、です。

 

購入直後、異常に発熱したり電池持ちが極端に悪いことがありましたが、再起動したら直りました。

【iPhone12】異常な発熱とバッテリー持ちが悪い問題を解消する方法【iPhone12 mini , iPhone12 Pro , iPhone12 Pro Max】

続きを見る

 

そんな素晴らしい出来のiPhone12でも、iPhone SEを片手でサクサク使っていた私からしたら、やはり大きい端末でした。

 

片手で持った時に画面の端まで指が届かないというのは、結構苦痛でした。

 

iPhone SEは下から上へとスワイプすることでコントロールセンターを呼び出します。タッチボタンが排除されたiPhoneX以降では、コントロールセンターや通知センターを開くのに上から下へとスワイプダウンをするように変更になりました。

 

ということは、片手操作中にコントロールセンターを開くには、画面上端に指が届かないといけません。落とすかもしれないというかすかな危機感を抱きながら、傾けて強引に上端へと指を伸ばします。

 

自然とスマホを扱うときは両手持ちになることが多くなりました。これは個人的にはかなりの苦痛でした。

 

iPhone12は iPhone SEと比べると重さは気にならない

iPhone12とiPhone SEの重さを比べると、14gほどしか差がありません。

 

画面のサイズでは1.4インチものサイズ差があるのにも関わらず、この重さの差はものすごい企業努力だと感じます。

 

むしろ端末のサイズが大きい割に軽いので、2つを両手に持ち比べてみると、iPhone12の方が軽いとすら感じます。

 

iPhone12は画面サイズが大きいゆえの操作のしづらさはあるものの、重さはiPhoneSEと比べて決して劣っていないと感じました。

 

Face IDは超便利。Touch ID信者は一度試してもらいたい。

私はiPhone12ではじめて顔認証Face IDが搭載されたスマホを使いました。

 

これまではずっと指紋認証Touch IDで、コロナ禍でマスクを装着することが多くなったこともあってFace IDに否定的な部分がありました。

 

私のFace ID嫌いを加速させたのはiPad Proの存在です。

 

iPhone12を使用した今ならわかりますが、iPad Proの顔認証は使い勝手が悪いです。

 

なんだかワンテンポ遅いです。特にマスクをつけていると、顔認証をあきらめてパスコード認証に切り替えるまでが遅れます。

 

このワンテンポ遅れること毎度ストレスです。私のiPad Proが2018モデルだからかもしれませんが。

 

しかし、iPhone12を使ってみて悪い印象はなくなりました。

 

マスク装着時では開錠できませんが、家の中でマスクをつけていなければかなり快適に開錠します。

iPhone SEの指紋認証よりスムーズだと感じます。

 

むしろ手汗をよくかく私の場合、指がべたついて指紋認証が通らないこともあったので、顔認証の方が向いているのだとわかりました。

 

iPhone12は iPhone 12 miniと画面サイズと電池容量しか違わない

顔認証と重さ、電池持ちのよさという進化した面と、画面が大きくて指が届かないというデメリットを天秤にかけたとき、実は私はiPhone12の方に軍配があがると感じました。

 

なので、iPhone12と iPhone SEを単純に比べた場合、iPhone 12を使っていこうと思いました。

 

しかし私が返品するのを後押ししたのは、やはりiPhone 12miniの存在です。

 

iPhone 12 mini は iPhone 12から遅れる事3週間して発売されるiPhone12の小型モデルです。

 

そしてそのスペックは、その全てがiPhone12と一緒です。

画面の性能、カメラの性能、処理性能(CPUとRAM)に至るまで全てです。

 

違うのは画面の大きさと、重さ、そしてバッテリー容量です。

 

iPhone SEより小さくて軽量

iPhone SEより画面が大きい

iPhone SEより処理性能が高い

 

バッテリーもちは比較してみないとわかりませんが、iPhone SEはバッテリーもちが悪いと評判のスマホなので、それを考えればiPhone 12 miniが勝つこともありうるでしょう。

 

それだけの条件がそろっていたら、やはりiPhone 12 miniが欲しくなります。

 

iPhone 12にあってSEにないものが 12miniにはあり、

iPhone SEにあって12にないものが 12miniにはあるのですから。

 

結論:iPhone12は 小型スマホを愛する人には刺さらない

私のようにスマホに「小型であること」を求める人間にとっては、iPhone12は刺さらない製品でした。

 

しかしそれを見越してiPhone 12 miniを発売したAppleの手腕は素晴らしいと感じます。

 

iPhone SEのような小型スマホを欲する人にとっては、これ以上ない選択肢だと思います。

 

Touch IDを理由に乗り換えない人が多いですが、個人的には一度顔認証を試してみてから考えてみてほしいと思います。

私と同様「食わず嫌い」をしている人もいると思います。

 

それでもやはり指紋認証でないとダメだ、という人は次回作以降に期待をするしかありません。

 

同時発売されたiPad Airが指紋認証を搭載しました。今後、指紋と顔の同時認証が搭載される可能性もあります。

そうなったらまさに無敵ですね。

 

iPhone選びの参考になればうれしいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

でく

元高校教師でブロガーやってる31歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-スマホ・ガジェット・周辺機器, iPhone