ガジェット 生活の知恵

【新品と変わらず】iPhoneやiPadをメルカリで最も高く売るためにやっておくこと

みなさんこんにちは、でくのぼうです。

皆さんはiPhoneやiPadをメルカリで売ったりしていますか?

実はiPhoneやiPadはフリマアプリでかなり高額でやりとりされていて、画面が割れたり傷がついていてもウン万円という値段がついて販売されているんです。

もしiPhoneを買い替えた後、市役所などにある電子機器回収ボックスなどに入れている人がいたら、もったいないのでいますぐ取り戻しに行ってください!(無理ですが)

iPhoneはフリマ市場で売る前提で使うと、かなりお得に生活することができます。

今回はメルカリでiPhoneを売るときに、新品未開封品に近い価格で売るためにできることをまとめていこうと思います。

iPadでも全く同じなので、iPadユーザーの人もぜひチェックしてみてくださいね!

AppleCare+ でフリマ市場での価値をUP

私がiPhoneを売るためにやっていることは、iPhoneを買うときに行っています。

それはAppleCare+に入っておくことです。

AppleCare+は、通常のAppleCareでは保証されない過失や事故であっても製品の補償を受けられるサービスです。入るための費用は22,800円(税抜き)です。

Apple公式ページより

通常のアップルケアは1年間のサポートになりますが、AppleCare+は2年間サポートに延長をするといった利点もあります。

AppleCare+は製品故障に対する補償を年に2回まで受けることができます。具体的には画面修理・バッテリー交換・本体の交換ができます。

このAppleCare+に入っているということは、メルカリやラクマの購入者に対して大きな安心を提供することができます。

というのも、メルカリやラクマ、Paypayモール、ヤフオク!といったユーザー同士で商品をやり取りするフリーマーケットアプリでは、不良品をつかまされるリスクが常につきまとうからです。

特にiPhoneやiPadといった高額な電子機器であればなおさらですね。

外観上や写真では大丈夫そうでも、実際に届いたものを確認してみると不具合があったということはよくある話です。

しかしAppleCare+に入っていれば、万が一壊れていたとしてもApple StoreやApple直営のテクニカルサポートに駆け込んで、11,800円(税別)を支払えばその場で新品と交換することができます。

画面に入った傷等にも敏感な方々にとっても、このAppleCare+を使えば3,400円(税別)で画面修理をすることができるので、大きな魅力です

つまりAppleCare+に入っているiPhoneやiPadは、メルカリやフリマでの購入者にとって大きな安心感があるため、かなりの高額でもバサバサ売れていくのです。

このように、フリマアプリで高額商品を販売する際には、安心して購入することができるようにすることが重要です。

『安心の価値』は大きい

AppleCare+によって安心感を作ると高額で売れやすいという話をしてきましたが、『安心という価値』は皆さんが思っている以上に大きなものなんです。

AppleCare+に入っていない商品よりも、入っている商品の方が高額で売れるのは言うまでもないですが、その価格差はかなりのものです。

どれくらいかというと、AppleCare+に入っているiPhone11(256GB)であれば11万円近くでも売れるほどです。

おそらくAppleCare+に入っていなければ8万円以上で売れるのは厳しいでしょう。

つまり差額はAppleCare+の22,800円よりも圧倒的に大きくなるということです

このロジックはいたって簡単!

AppleCare+を使えば、実質的に12000円程度で新品交換ができるわけですから、新品価格からマイナス12000円した程度の額で購入しても損をした気分にはならないんです。

しかも、AppleCare+に入るときに22,800円がかかっているので、購入価格と販売価格の実際の差額は35,000円近くなっており、購入者としてはかなりお得感が増します。

こうして、AppleCare+に入っておくことで、AppleCare+以上の価値を付加することができるんです。

商品の価値は、時間経過でどんどん下がる

商品価値は買ったときが一番高く、時間が経過すればするほど値段が下がっていきます。

さっき紹介したiPhone11が11万円で売れるというのも、発売日から1年間ぐらいが関の山かと思います。

iPhoneはほぼ毎年新しい機種が発売されます。

新しいシリーズが発売されれば、当然中古市場に前のシリーズがあふれ出すことになるので、流通価値は大きく下がります。

しかしiPhoneはハイスペック&ハイブランドなスマートフォンですから、前のシリーズでも十分に大きな価値があります。

こうした1シリーズ前の型落ちiPhoneの値下がりを狙って、あえてそちらを購入する人も多いんです。

つまり、1シリーズ前のiPhoneの市場価値はそれほどガタ落ちしないというわけです。

一方で、2シリーズ前となるとかなり厳しいです。

絶対に1シリーズ前よりも高額では取引されませんし、あえて2シリーズ前を購入するという人はよほどの節約家を除くといないでしょう。

2年間も高い価値を保っていられるというのは、よっぽどそのシリーズに価値がある場合を除いていないわけです。

かつての旧型iPhoneSEがそうでした。

発売から5年経過して、新型SEが発売されると旧型SEがとたんに取引されるようになりました。それは旧型SEが他にはない4インチという画面サイズだったからです。

そのタイミングで私の持っていた旧型SEをメルカリで売ったですが、なんと12000円で売れたんです。購入価格を考えると驚きでした。

このように特別な価値があれば別ですが、通常2シリーズ(2年)もiPhoneを持っておくことは損になります。

iPhoneは毎年買い替えるのが一番お得

iPhoneを売るのにベストなタイミングはもうわかりましたね?

そう、新しいiPhoneが発売された直後のタイミングです!

え、てことは1年で手放しちゃうの? まだ全然使えるのに?

という方もいるかもしれませんね。

でも、持っていれば持っているほど価値が下がっていくのですから、サッサと売って新しいiPhoneを買った方が、結果的にお得だということです。

たとえば、13万円したiPhoneの新型を、次の年に売れば10万円ちかくで売れます。

そこに3万円を足せば最新のiPhoneが買えるわけです。

このペースで購入とメルカリ販売を繰り替えしていくと、4年で13万円くらいの出費で最新スマホを維持することができます。

買ったときのiPhoneを4年も使い続けた場合はどうでしょう?

長期使用で傷や汚れもつくし、メモリにゴミデータが溜まって動きも鈍くなります。

4年も経つとスマホを取り巻く環境も変わります。処理するデータ量や、使用するメモリの量も大きくなっていきます。

4年前の機種はもうかなりの低スペック機種としてガタガタです。

そんな状態でスマホの最後を共に過ごすのであれば、毎年買い替えた方が精神衛生上もいいですよね?

なので、毎年お金はかかっていきますが長いスパンで見れば絶対にお得なので、iPhoneは毎年買い替えましょう

iPhoneは資産

いかがだったでしょうか?

iPhoneをお得に使って、快適なスマホライフを送ってみてくださいね!

ここまで読んだらわかっていただけたと思うのですが、iPhoneは消耗品ではなくて資産なんですよね。

「買ったら壊れるまで使い倒す!MOTTAINAI!」

というのが日本人の伝統的な気質ですが、実はコロコロ買い替えていた方がずっとお得なんです。

売ったiPhoneを購入してくれた人が、大事に長く使ってくれますから、『もったいない精神』はそちらに任せて、我々はお得に買い替えていきましょう。

資産は購入と販売の差額、つまり価値変動を見極めて、適切なタイミングで売り買いするのが大切です。

ぜひみなさんも、iPhoneを資産としてとらえて、お得に運用してみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

またのお越しお待ちしてます!

このブログではガジェット・便利グッズ・生活の知恵・スマホ通信などを扱っています

でくのぼう
ブログは毎日更新!SNSで更新通知出してるのでフォローよろしくです!

活動メインはTwitter!
>>Twitterはこちら
>>インスタグラムはこちら
>>ピンタレストはこちら
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

木偶の坊

学校の先生のお仕事をしながらライターやデザイナーもやる30歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。頑張って東北大へ進学。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。今は副業可能な学校の先生へ転職。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-ガジェット, 生活の知恵
-, , ,

© 2020 ベンカツ