ガジェット

【5gしかない】iPhone12 miniにオススメのケースは断然memumi(メムミ)【超薄型軽量】

でくのぼう
みなさんこんにちは、でくのぼう(@ddekunoboh)です。

 

iPhone12 mini、届きましたね!

一度持ったら、「あ、これ最高のスマホ」だと一瞬で理解させられる出来。

軽くて薄くて画面大きくてハイパワー。電池持ちも上がってる。いうことなし!

 

詳しくはこちらの記事で語っていますので、ぜひ読んでくださいね。

【iPhone12 mini】これが欲しかったiPhoneだ! サイズ感・操作感・性能すべて満足

続きを見る

 

さて、問題はケースをどうするかということですよね?

 

せっかく133gのiPhoneを手にしたというのに、ゴテゴテのケースをつけて重量が増したり持ちにくくなったりしたら、元も子もありません。

 

iPhoneの美しさを引き立てつつ、iPhone12 miniの軽さや持ちやすさを損なわないケース。

 

それが今回紹介するmemumiのポリカーボネートケースです。

いま販売されているiPhone 12 mini用のケースの中で最も軽い『5g』

薄さは0.3mm。もはやケースと呼べないのでは?というレベル。

 

iPhoneを美しく際立て、必要な部分は確実に保護します。

特にカメラ回りは精工で、レンズ・マイク・ライト部分をくりぬき、レンズ土台はしっかりとカバーされます。

土台部分はオープンなケースが多い中、これは素晴らしい。

 

今回はこのmemumiのケースの魅力をご紹介していきたいと思います。

 

 

注意

現在iPhone12mini用のmemumiのケースはAmazonでも楽天でも品切れのようです。

上のリンクはiPhone12用のmemumiのケースです。参考までにと置きました。

先週は在庫あったんですがね…。好評みたいです。欲しい方は再入荷お待ちください!

 

memumiが待ちきれない人の中には、性能と素材が近い「SwitchEasyのケース」でしのぐ人も多いようです。候補にどうぞ

SwitchEasy
¥1,490 (2020/11/27 06:13:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

過去にiPhone12用のmemumiケースもレビューしていますので参考にどうぞ!

【たったの6g】iPhone 12用のケースはmemumi(メムミ)がおすすめ【ミニマル&軽い】

続きを見る

 

memumiのiPhone12 mini ケースはわずか5g

世の中には軽量を謳うケースがごまんとありますが、そのほとんどは10gを切ることができません。

 

一度memumiのケースを手にしてしまうと、他の「自称軽量ケース」には「軽量」の看板を下ろしてもらいたいとすら思えます。

 

軽さの秘密は、超軽量の硬質素材であるポリカーボネート。

よくカーポートの屋根に使われているアレです。身近なものだと、無印良品のペンケースや衣装ケースなどの素材に近いイメージです。

 

厚さはたったの0.3mm。iPhone miniに装着した時、iPhone mini本体を持った時とサイズ感が変わりません。

 

もはやケースをつけていないような感覚です。

それでいて、これほど薄くしてもまだペットボトルより硬いくらい硬質です。

 

個人的には触った質感がさらさらとしているのがお気に入り。

それこそ無印良品のペンケースのような触り心地です。

 

memumiのiPhone12 mini ケースは美しい

memumiのケースのカラーリングはいくつかありますが、その中でも「クリアホワイト」の美しさは群を抜きます。

 

クリアホワイトは ”透け感” のあるケースなので、今回私が購入したグリーンと合わせると上の画像のようになります。

 

側面はこんな感じ。

 

ケースの薄さが伝わるでしょうか? 本当によくできています。

 

iPhone 12のブルーと合わせるとこんな感じ。

青色がマットな質感になっていい感じですよね。

 

iPhone自体のもつ製品としての美しさを損なうどころか、際立たせてくれるケースと言えますね。

 

memumiのiPhone12 miniケースは穴抜き精度が非常に高い

重さや触り心地の他に、ケースをつける人にとって気になるのは操作性ですよね。

ボタンがしっかり押せるのか、ケーブルは干渉しないのか、気になる人も多いと思います。

 

安心してください。そこがmemumiのこだわりポイントでもあります。

 

memumiの各ボタン・端子をくり抜く精度はピカイチです。

写真はクリックで拡大できるので、ぜひその出来栄えをご覧ください。

 

スピーカの穴1つに至るまで、完璧な寸法で穴抜きされています。

もともと薄型のケースなので、ボタンを押す際にまったくストレスはかかりませんし、Lightningケーブルを挿してもケースと干渉しません。

 

画像はiPhone12のものですが、カメラレンズをくり抜く精度も非常に高いです。レンズとフラッシュ、マイクを的確に抜き取ります。

 

しかもこの土台を包む部分が、カメラレンズの先端よりほんのわずかだけ高く作られています。

上画像のとおり、水平にするとカメラレンズの先端が隠れます。

 

これが何を意味するかというと、背面を下にして机や床に置いたときにレンズの先端が触れないということです。

 

最近のスマホはレンズが出っ張っているので、普通に置くとレンズが地面と擦れて傷がつきます。

それを防ぐことができるギリギリの設計です。製品づくりのこだわりを感じますね。

 

memumiのiPhone12 miniのケースは、装着しても145g(ガラスフィルム込)

iPhone12 miniの重量は133g。

そこにmemumiのケースを装着しても138g。

ガラスフィルムを装着すると145gです。

 

なんとiPhone SE第2世代の本体のみの重量148gより軽いんです。

画像はiPhone SEにガラスフィルムをつけた状態での測定。結果は155g。

 

軽い軽いともてはやされたiPhone SEの本体重量よりも、iPhone12 mini本体+ケース+ガラスフィルム込みで軽い。

これは革命です。

 

memumiのケースの欠点① 耐落下性能はお察し

いいところがあるということは、当然それゆえのデメリットもあります。

 

その一つは軽量薄型のケース故の耐落下性能の低さ。

 

落下するとmemumiのケースは容赦なく割れます。おそらく1発で割れます。

 

幸い私は割ったことがないのですが、ネット上では落としてしまって買い替えを余儀なくされたという声も多いです。

 

さらには、ケースを本体から着脱するのを繰り返していると、細い部分に圧がかかって白く変色。最悪折れることがあります。

下側面

具体的にはここ。

Lightning端子の周辺部は2mm程度しかないので、ケースを取り外すときのねじれがここにダメージを与えます。

 

ポケットやバッグ内でのこすれ傷は確実に防いでくれますが、落下させると最悪ケースを超えて傷が入る可能性もあります。

 

iPhoneを落としても大丈夫と過信しないことが重要ですね。

 

memumiのケースの欠点② ロゴが邪魔

グリーンだと目立たないのであえてブルーでお見せしますね。

このmemumiのロゴが、激しく邪魔です。

 

機能的には全く問題ありませんが、ミニマルなデザイン性を求める人にとってこれはデメリットになります。

 

このロゴがあるがゆえに「やっぱり買うのやーめた」という人も結構多いと思っています。

memumiさんは早くこのロゴ消すことをオススメします。

ロゴなんかなくても、良い製品なら我々が宣伝しますよ(何様なのか)

 

軽くて薄いケースが欲しいならmemumiが最適解 保護性能重視ならCASEFINITE

薄型で軽い、そしてデザイン性を求める人にとって、memumiのケースは最高の選択肢です。

 

ただ耐落下性能が気になる人も多いですよね。

そういう人にとっては、同じ志向のケースで保護性能重視に作られているCASEFINITEが選択肢に挙がると思います。

>>iPhone12mini用のCASEFINITE「フロストエア」の公式ページはこちら

 

重量はmemumiの倍近くになりますが、角部を肉厚にして落下時の衝撃を吸収するクッションを備えています。

memumiのようなロゴもないので、よりミニマルに特化したデザインになっています。

 

一方で、カメラ土台の保護はないので、カメラ部分の傷が気になる人にとってはmemumiに軍配があがります。

 

白色クリアでマットな質感はそっくりですがそれぞれ一長一短あります。

 

このデザインのケースはmemumiとCASEFINITEが2巨頭なので、お好みの方を選んでくださいね。

 

ケース選びの参考になればうれしいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

 

またのお越しお待ちしてます!

このブログではガジェット・便利グッズ・生活の知恵・スマホ通信などを扱っています

でくのぼう
ブログは毎日更新!SNSで更新通知出してるのでフォローよろしくです!

活動メインはTwitter!
>>Twitterはこちら
>>インスタグラムはこちら
>>ピンタレストはこちら
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

木偶の坊

学校の先生のお仕事をしながらライターやデザイナーもやる30歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。頑張って東北大へ進学。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。今は副業可能な学校の先生へ転職。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-ガジェット

© 2020 ベンカツ