【美容室専売以上の仕上がり】himawari(ひまわり)はコスパ最高!使用感やメリット・デメリットを感想レビュー【成分解説&口コミ】

(ライター:前野しずか)

髪のダメージでパサつきや広がりが気になり、なかなか市販のシャンプーでは満足できなかった筆者。

行きつけの美容室でオススメされた、美容室専売のお値段高めのシャンプーを使っていました。

 

「効果は感じるんだけれども使い続けるにはちょっときびしい…」

 

効果がありつつ値段も抑えめなコスパがいいシャンプーないかな~」

とシャンプーを探していたのですが、フラッと入ったドラックストアでみつけたのがこの「himawari(ひまわり)」でした。

 

 

実際に使ってみたら、広がらずにしっとりまとまって、想像以上にパフォーマンスが良かったんです!

 

ということで今回は、himawariシャンプーの詳細情報と使用感をレビューしていきたいと思います!

 

 

シャンプーの選び方 3つのポイント

「himawari」について詳しく見ていく前に、まずは、シャンプー選びのポイントについて見ていきましょう。

 

一言にシャンプーといっても、ドラッグストアの商品棚をみるとレパートリーがありすぎて、選ぶのも一苦労ですよね。

重要な3つのポイントを押さえていきましょう!

 

安心・安全な原料を使用しているか

ここが一番大事!

身体に使用するものなので、安全なものを使用しましょう。

赤ちゃんにも使えるレベルの成分でできていると安心感が大きいですね。

 

コストパフォーマンスがいいか

毎日使用するものなので、あまり高価なものでは続かないですよね。

効果の高い成分が多いほど、当然値段も高くなります。

 

成分に対して割安感のある値段で買えるシャンプーを選ぶのがポイントですね!

 

自分の髪質・肌質に合っているか

ここも大事なポイントです。

肌質、髪質、ダメージの有無…シャンプーとの相性は人それぞれ異なります。

 

シャンプーには実はいろいろなタイプの洗浄成分があって、自分のあイプにあった洗浄成分を選ばないと、髪質を悪化させたり肌荒れを起こしたりなどトラブルの原因になります

 

 

シャンプーは洗浄成分のタイプ別に主に3種類にわけられます。

  1. せっけん系
  2. 高級アルコール系
  3. アミノ酸系

それぞれ以下のようなメリットとデメリットがあるので、自分の悩みに合ったシャンプーを選んでくださいね。

せっけん系高級アルコール系アミノ酸系
メリット洗浄力◎洗浄力◎洗浄力◯
デメリット髪にダメージ頭皮が乾燥しやすい成分が高価

 

「himawari(ひまわり)」シャンプーとは?

「himawari」には3つのラインナップがありますが、今回はオレンジのパッケージの「ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)」をご紹介します。

 

「himawari」はクラシエが販売しているシャンプーで、ドラックストアやドンキなどで手に入れることができます。

 

もちろんインターネット上でも取り扱いがあります。

 

名前にちなんだ、ひまわりのデザインが印象的なパッケージですね。

お店によって値段はまちまちですが、900円前後と1,000円以下で購入可能!

 

 

「himawari(ひまわり)」シャンプーの成分を解説

「himawari」の成分についてご紹介します。

ココイルメチルタウリンNa
パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン
コカミドメチルMEA
ココイルグルタミン酸TEA
ラウロイルサルコシンTEA
コカミドMEA
ココイルグルタミン酸2Na

この7点が洗浄成分です。

 

カタカナばかりで分かりにくいですが、太字で記した成分は市販シャンプーではなかなか見かけない、高価なアミノ酸系の洗浄成分になっています!

 

特にココイルメチルタウリンNaなど、デリケートな肌の赤ちゃんでも使えるベビーシャンプーでも使用されている成分が配合されており、安心・安全に使えるのもうれしいポイントです。

 

ただアミノ酸系の洗浄成分はせっけん系や高級アルコール系の洗浄成分に比べて洗浄力が弱いため、たくさん汗をかいたり、強いスタイリング剤を使用している方には洗浄力に少し物足りなさを感じるかもしれません。

 

「himawari(ひまわり)」シャンプーの使用感レビュー

  • 混合肌
  • 髪質は直毛
  • 太さは普通
  • ブリーチ歴ありのダメージ毛

こんなプロフィールの筆者が使ってみた感想としては、とにかくしっとりまとまって広がらなくなります

 

これまで美容室専売の結構いいお値段するシャンプーを使っていましたが、正直、仕上がりはこっちのほうがいいと感じています。

体感的には、これで1000円というのはとてもお買い得に感じます!

 

 

泡立ちもよく、絡まりやすいシャンプー中でも手ぐしが通るようになりました

 

ただ、少し匂いにくせがあるので、苦手な人には合わないかもしれません

 

不安な方はhimawariシャンプーには小分けのトライアルセットもあるので、一度それらを試してみると良いですね!

 

 

 

「himawari(ひまわり)」シャンプーのメリット&デメリット

 

それでは、メリットとデメリットをまとめていきましょう。

メリット

  • 安心・安全の成分配合
  • ドラックストアで買える
  • 1000円以下で買える高コスパ
  • サロン専売品なみに使用感がいい
  • 泡立ちがいい
  • パッケージもかわいい

デメリット

  • しっとり仕上がるのでボリュームを求めてる人にはお勧めできない
  • 独特な匂い

 

「himawari(ひまわり)」シャンプーは高コスパで迷わず買いの商品!

「himawari」は、頭皮に対する刺激が弱いアミノ酸系シャンプーなので、肌質を問わず使えそうですね。

ダメージで髪が広がるなどの悩みを持っている方には特におすすめしたいです。

 

 

同じラインのコンディショナーもありますので、一緒に使ってみてもいいですね。

高コスパの市販シャンプーを検討している方はぜひ購入してみてください!

 

気になった方はまずトライアルセットからはじめるのがおすすめです!

 

実際に少量使ってみて、自分の肌や髪の質、好みと合うかを判断してからボトル購入するといいでしょう。

 

 

以上、「himawari」の成分解説&口コミまとめでした。

お読みいただきありがとうございました。

(ライター:前野しずか)

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

でく

元高校教師でブロガー。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-便利グッズ・お気に入り日用品