【家で生クラフトビール】ドリームビアの料金・口コミを徹底解説|ビールのサブスク|

(ライター:安ミネコ)

コロナ禍になり、旅行や外食が自由にできなくなったことにストレスを感じている人は多いでしょう。

近所に外食や飲みに出かけるのも難しくなり「巣ごもり需要」が高まる中、家飲みを充実させるのにぴったりのサービスがあるのをご存知でしょうか?

 

それが今回ご紹介する「DREAMBEER(ドリームビア)」です。

ドリームビアは定額で全国各地のクラフトビールが自宅で楽しめ「ビールのサブスク」と言われている人気のサービスです。

 

>>ドリームビアの公式ページはこちら

 

そこで今回はドリームビアについて

  • 値段は?
  • 使った感想(口コミ)
  • どんな人におすすめか?

などを「ビール大好き」なわたしが徹底的に解説します!

 

まさにビール好きの夢!ドリームビアとは?

画像引用:ドリームビア公式

 

「ドリームビア」とは株式会社DREAM BEERが運営する会員制のビールサービスで、家庭でお店のような生ビールが楽しめるサービスです。

 

特筆すべき点は普通のビールではなくクラフトビールだということ。

 

>>ドリームビアの公式ページはこちら

 

その土地に行かなければ味わえない全国各地のクラフトビールを自宅で楽しむことができる、ビール好きにとってはまさに夢のビールサービスなんです。

 

ドリームビアのおすすめポイント

次に、ドリームビアをおすすめするポイントをご紹介します。

 

丁寧な説明動画付きでセッティング・メンテナンスも安心

ビールサーバーについて

「セッティング難しくないかな?」
「メンテナンスは簡単にできるの?」

と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかしドリームビア公式サイトにはサーバーのセッティングからビールの注ぎ方、メンテナンス方法など詳しい説明動画がセクションごとに掲載されています。

 

画像引用:ドリームビア公式

 

 

わたしも観てみましたがとてもわかりやすい内容で、これを観ながらセットしていけば組立系が苦手な人でもきっと大丈夫!

 

画像引用:ドリームビア公式

 

 

メンテナンス方法は、ボトルを交換するときに、アダプターとストロー(ビールが通る部分)を水洗いし、週1回タップを分解し専用ブラシで水洗いすればOK。

それほど難しくはありません。

 

クラフトビールは普通のビールと違い濁りやおりがあるため、器具の中にそれらが残ってしまうと味が損なわれてしまいます。

おいしいビールを飲むために、きちんとお手入れをしましょう。

 

 

銘柄選びに迷ったら公式サイトへ!いろんな角度から好みのビールを選べる

100以上も銘柄があると、そこから2本に絞るのはかなり迷いますよね。

そんなときも公式サイトが頼りになります。

メニューの「BEERS」から「すべてのビール」をクリックすると以下のような選び方のヒントが表示されます。

  • ビアスタイル
  • フードペアリング
  • SRM(色)で選ぶ
  • IBU(苦味)で選ぶ
  • アルコール度数で選ぶ

苦味があまり得意でない人は「IBU(苦味)で選ぶ」で数値の低い銘柄を選ぶと好みの味が見つかると思います。

 

>>ドリームビアの公式ページはこちら

 

また「ペールエールが好き!」など好みが明確な人は「ビアスタイル」でペールエールを選べば新しいペールエールとの出会いも広がります。

 

そしてビールに詳しくない人はぜひ「フードペアリング」で選んでみてください。

選んだビールはどんなビールなんだろう・・・と想像もふくらみますよ。

 

ドリームビアとキリンホームタップの比較

家庭用生ビールのサービスといえば、大手メーカーキリンビールの「キリンホームタップ」も有名ですよね。

そこでドリームビアとキリンホームタップを比較してみましょう。

 

料金は月額・税込表示
2022年6月時点

ドリームビアキリンホームタップ
合計料金
(最も安いコース)
7,980円8,250円
 ・基本料金なし3,190円
 ・ビール料金7,040円(2本(3L)コース)5,060円(月4Lコース)
 ・配送料クール便 940円~

(地域によって料金が異なる)

なし

(基本料金に含む)

最低契約期間1年コース(12ヵ月)
※3年コースもあり
12ヶ月
途中契約解除料30,000円(不課税)16,500円(税込)
ビール1本の量1.5リットル1リットル
ビールの種類クラフトビール
全国100以上の銘柄
キリン製品2銘柄
期間限定クラフトビール5銘柄
ビール保管方法要冷蔵
静置できる場所で縦置き
常温保存
飲む前に冷蔵庫で冷やす
サーバーの大きさ幅308mm

高さ449mm 

奥行340mm

幅230mm

高さ355mm

奥行283mm

サーバー温度調節あり
3段階(3・5・7度)で設定可能
なし
保冷機能付き

 

「家庭用生ビールサービス」という点では同じですが、比較するとかなり違いがあります。

大きく違うのは基本料金の有無とサーバーのサイズです。

 

ドリームビアは基本料金の設定がなく、キリンホームタップは月3,190円の基本料金がかかります。

 

反対にキリンホームタップは配送料は基本料金に含まれていますが、ドリームビアはクール便の配送料が別でかかります

これはクラフトビールのほとんどが加熱処理や濾過をしていないので、クール便対応になるためです。

 

サーバーのサイズは、ビール1本のサイズが違うのでかなり差があります。

いずれにしても一長一短なので自分の飲み方や好み、置き場所などを考える参考にしてみてくださいね。

 

ドリームビアのおすすめ銘柄

それではドリームビアのおすすめ銘柄をご紹介します。

 

ヘリオス酒造沢内醸造所 ユキノチカラホワイトエール

画像引用:ドリームビア公式

 

ホワイトビールはその名の通り白濁とした見た目が特徴で、泡立ちもふわふわとしているのでビールが苦手な人でも飲みやすい種類のひとつです。

フルーティな味わいが軽やかなので1杯目のビールとしてもおすすめ。

 

 

大沼ビール ケルシュ

画像引用:ドリームビア公式

 

ケルシュとはビール大国ドイツのケルン地方で作られている伝統的なビールです。

キレのある飲み口と豊かなホップの香りが特徴で、ドリームビアでも人気の高い銘柄です。

 

 

MIROC BEER 阿字観

画像引用:ドリームビア公式

 

豊かなホップの香りと苦味がしっかり感じられ「これぞビール!」な味わいです。

パンチの効いたお料理との相性もバッチリ!

 

 

ドリームビアの注意すべきポイント

ここで、ドリームビアを利用する上での注意点をみていきましょう。

 

サーバーの置き場所を考えてから導入を!

画像引用:ドリームビア公式

 

ドリームビアのビールサーバーの大きさは幅308mm × 高さ449mm × 奥行340mm。

これに受け皿やタップ・ハンドルが付きます。

 

サーバーが届いてから置き場所がなかった・・・なんてことにならないよう、導入前には置き場所を確保しましょう

 

ちょうど缶ビール24缶入りの箱のサイズがドリームビアのビールサーバーよりひとまわり小さいイメージですので、シミュレーションしてみるのもいいかと思います

(缶ビールの箱サイズは 幅281mm × 高さ407mm。奥行は133mm)。

 

サーバーにセットしたら5日以内に飲み切る

サーバーにセットしたクラフトビールは5日以内に飲み切ることを推奨しています。

 

>>FAQ ビールの取り扱いについて[公式ホームページ]

一見短いように思いますが、1.5Lはビール好きなら1日でも平気で飲めてしまう量かもしれませんね・・・。

 

 

途中解約に注意。違約金(契約解除料)30,000円かかる

ドリームビアを契約する上で一番注意したい点がこの途中解約です。

ドリームビアでは最低契約期間内に契約を終了すると契約解除料として30,000円がかかってしまいます

 

最低契約期間は1年コースと3年コースがあるので、契約するときはじっくり考えましょう。

 

 

ドリームビアの口コミ

ここで、実際にドリームビアを使用している人たちの口コミをチェックしてみましょう。

良い口コミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひか(@hikalivinggarden)がシェアした投稿

 

ドリームビアを導入した人たちの声は、ほぼ「良い口コミ」で埋め尽くされているくらい、みなさん満足度が高いようです。

家で冷えた生ビールが飲める・・・ビール好きならば想像しただけでも幸せですよね。

 

 

悪い口コミ

 

 

いまいちな口コミで多いのはやはり「価格」。

モノの良さは十分でも実際に導入するとなるとコスト面を心配する声が多いです。

 

あとはサーバーの置き場所の確保も切実な問題のようです。

 

ドリームビアの料金について

ドリームビアのサービス内容がわかったところで、料金を見ていきましょう。

料金プラン

 

プランは一定期間にビールが届く「定期購入プラン」と、自分が欲しいタイミングで好きな銘柄を注文する「都度購入プラン」があります。

 

※2022年8月8日追記:都度購入プランは廃止となりました。

 

ここでは都度購入プランよりお得な「定期購入プラン」についてさらに掘り下げます。

 

定期購入プランには「おまかせパック」と「セレクトパック」の2種類があります。

「おまかせパック」はどのビールが届くかおたのしみのパックで、3本で合計13,530円の定額制です。

 

お得にドリームビアのサービスを受けたい人やビール選びに迷う人にはぴったりです。

4本16,610円、2週に1回2本ずつで17,500円の設定もあります。

 

セレクトパックはすでに飲みたい銘柄が決まっている場合、毎回その銘柄を届けてもらえるパックです。

これは定額ではなく銘柄によって価格は異なります。

 

特典として1本あたり220円の割引が受けられるのでこちらもお得です。

 

申し込み方法

ドリームビアは電話・LINE・メール・申し込みフォームから申し込みができます。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

 

申し込みはコチラ

 

 

支払い方法

支払い方法はクレジットカードのみです。

クレジットカードがない場合、デビットカードも使えます。

 

(まとめ)ドリームビアはこんな方におすすめ

以上、ドリームビアについてご紹介しました。

ドリームビアはビール好きな人にとっては文句なしのサービス内容です。

 

>>ドリームビアの公式ページはこちら

 

あとは自分の「ビールを飲むスタイル」と照らし合わせて考えるのが鍵になるでしょう。

・コンスタントにビールを楽しんでいる
・クラフトビールが好き!
・最低1年は契約を続けられる

このような方にはドリームビアは最適なサービスと言えます。

「帰ったらおいしいビールが待っている!」そう考えたら日頃のモチベーションも上がりそうですね。

(ライター:安ミネコ)

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

でく

元高校教師でブロガー。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-生活の知恵・生活改善
-