ガジェット

iPhoneの規定のブラウザをEdgeにする方法【標準のブラウザアプリをエッジに】

でくのぼう
みなさんこんにちは、でくのぼうです

 

2020年9月17日にリリースされたiOS14とiPadOS14から、待望の「既定のブラウザ変更機能」が実装されました。

これでiPhoneやiPadでSafari以外のブラウザを、基本のブラウザとして使用することができます。

 

今回はその設定方法をご紹介します。

 

iPhoneはiOS14に、iPadはiPadOS14にアップデートすることで規定のブラウザAppを変更可能

iPhoneはiOS14に、iPadはiPadOS14にアップデートすることで、規定の標準ブラウザアプリを変更することができます。

 

これから紹介する手順は、すべてiPhoneとiPadで共通です。

iPhoneの人もiPadの人も、以下の方法で変更を行ってください。

 

Edgeのバージョンを最新バージョン(45.8.10)にアップデートする

iOSとiPadOSのアップデートに合わせて、Edgeアプリもアップデートされています。

 

規定のブラウザを変更する機能は、最新版のアプリから対応しています。

まずはアプリのアップデートをしましょう。

 

APPストアにアクセスしてEdgeを検索します。

アプリが最新版になっていない場合、「開く」の部分が「アップデート」になると思いますので、アップデートをしてください。

 

アップデートが完了したら、バージョンが45.8.10以降になっていることを確認してください。

上画像の黄色の枠の中がバージョン情報です。

 

アプリのバージョンアップが完了したら、ブラウザ設定の変更の準備完了です。

 

設定アプリからEdgeアプリを開く

 

設定アプリを開いて、下へスクロールをしていくとアプリ一覧が表示されます。

アプリ一覧からEdgeアプリを探して、見つかったらタップしてください。

 

デフォルトのブラウザAppをタップする

Edgeアプリをタップしたらこの画面になります。

この画面の中の「デフォルトのブラウザApp」をタップしましょう。

 

画像ではEdgeになっていますが、あなたの画面では「Safari」になっていると思います。

 

デフォルトのブラウザAppをEdgeに変更する

タップするとこの画面になると思うので、Edgeをタップします。

以上で設定が完了です。

 

同じ手順で規定のブラウザをChromeに変更できる。

この設定は規定のブラウザアプリをChromeにしたいという方でも同様です。

 

Chromeアプリをアップデートして、設定アプリからChromeを選び、規定のブラウザAppをChromeにすれば設定完了です。

 

基本のブラウザをEdgeにすると何が便利になるのか

規定のブラウザを変更する以前は、iPhoneやiPad内でタップしたリンクはすべてSafariアプリで開かれていました。

iPhoneやiPadにSafari以外のブラウザアプリを入れていても、必ずSafariで開かれてしまいます。

これはEdgeやChromeを愛用している人からすると最悪の仕様でした。

 

WindowsパソコンユーザーやAndroidも使用している人は、基本のブラウザとしてChromeやEdgeを使うのが一般的です。

 

使用しているブラウザが同じであれば、ブックマークや閲覧履歴、パスワード、クレジットカード情報などをリアルタイムで同期して共有することができます。

異なる端末間でも情報を同期しているため、非常にスムーズで快適な操作ができるようになります。

 

MacユーザーはSafariで統一すればいいのです。

しかしそれ以外の人にとっては、iPhoneではSafari、パソコンではEdgeというちぐはぐな現象が起きてしまうのです。

 

たとえばパソコンのEdgeブラウザでAmazonにアクセスしてIDとパスワードを保存しても、iPhoneでAmazonリンクをタップするとSafariで開かれてしまい、IDとパスワードが自動入力されません。

 

つまり、iPhoneにEdgeやChromeを導入しても、あらゆるリンクがSafariで開かれてしまうため、結局はSafariとEdge、SafariとChromeの二刀流になってしまって非合理的でした。

 

どちらか一方のアプリにしか登録されていないIDやパスワードがあるというのは、非常に不便で不愉快ですよね。

 

規定のブラウザAppがEdge・Chromeになると、ネットブラウジングがはかどる

この設定によってiPhoneやiPad内でリンクをタップしてもEdgeやChromeで開くことができます。

 

例えば上の画像は、Twittterでリンクを踏んだときに表示される画面ですが、右下のコンパスマーク(Safariマーク)を押すとブラウザが立ち上がります。

 

今回の設定をすれば、このボタンを押したときにSafariではなくEdgeやChromeを開くことができるようになります。

 

これで異なる端末間でも完全に1種類のブラウザで操作環境を統一することができますね。

 

この機能はAndroidではとっくに実装されています。

独占企業のAppleは、自社以外のアプリへ流出させないためにずーーっとこの機能を封印してきました。

もっとユーザビリティを第一に開発を行ってほしいと思いますね。

 

このアップデートはその意味ではグッジョブですね。

またのお越しお待ちしてます!

このブログではガジェット・便利グッズ・生活の知恵・スマホ通信などを扱っています

でくのぼう
ブログは毎日更新!SNSで更新通知出してるのでフォローよろしくです!

活動メインはTwitter!
>>Twitterはこちら
>>インスタグラムはこちら
>>ピンタレストはこちら
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

木偶の坊

学校の先生のお仕事をしながらライターやデザイナーもやる30歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。頑張って東北大へ進学。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。今は副業可能な学校の先生へ転職。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-ガジェット

© 2020 ベンカツ