【角度自由自在】BoYataのタブレットスタンドを使ってみた感想をレビュー

でく
みなさんこんにちは、でく(@ddekunoboh)です。

 

今回はBoYataのタブレットスタンドの話。

 

みなさんはiPadやAndroidタブレットを使う時にスタンドって使っていますか?

 

タブレット端末は手で持って使う人が多いと思いますが、スタンドを使えばワイヤレスキーボードと連携してPCライクに使うなんてこともできちゃうんですよね。

 

 

タブレットでできる作業が増えてきて、ノートPCと遜色なく使えるようになってきた今おすすめなのが、BoYataのタブレットスタンド

 

 

BoYataのタブレットスタンドは、安価ながらチープな作りではなく、重さと安定性を兼ね備えたタブレットスタンドです。

 

タブレットと触れる部分にはゴム板がきちんとついているので、タブレットを傷つきにくく、タブレットの重さをしっかり支えられる頑丈な関節が特徴ですね。

 

仕事からプライベートまで様々な場面で活躍が期待できますね!

 

サイズ感が小さく携帯性にも優れていて、仕事先に持っていったり外出時にさっとバッグに入れたり、なんてこともできちゃいます。

 

そんなBoYataのタブレットスタンドを使ってみた感想を、良いところ/イマイチなところ合わせて、徹底的にレビューしていきたいと思います!

 

 

BoYataのタブレットスタンドの特徴

BoYataのタブレットスタンドの特徴は、なんといってもその作り込みのレベルの高さです。

 

ここではBoYataのタブレットスタンドの特徴をまとめてみました。

メリットデメリット

クリックで該当箇所へジャンプ

 

以下それぞれについて解説をしていきますね。

 

BoYataのタブレットスタンドは、タブレットを傷つけないようゴム部分が多い

ボディが金属でできているため、タブレット端末などと触れて傷がついてしまわないか心配という人も多いでしょう。

BoYataのタブレットスタンドは、iPadなどのタブレット端末と接する部分にはしっかりとゴム板が取り付けられています

 

 

タブレット背面部はもちろん、重さのかかる「引掛け部分」にもゴムがついています

 

しかも効率よく放熱ができるよう金属ボディと合わせて穴があけられています

細かな気遣いが光りますね。

 

地面と触れる底面部分にも、丸形の分厚いゴム足が装着されています。

 

これならばタブレットを載せた状態でずれたり動いたりする心配がありません。

安定感が抜群です

 

BoYataのタブレットスタンドは、サイズ感がiPad11インチにぴったり

 

BoYataのタブレットスタンドは、タブレットのために設計されたスタンドです。

ノートPCスタンドよりも一回り小さいため、iPad11インチのサイズ感と相性がぴったりです。

 

装着してみたところはこんな感じ。

 

ノートPCスタンドにタブレットを載せると大きすぎてしまいますが、BoYataのスタンドであればそういった心配も無用ですね。

 

大きさが小さいのでカバンに入れて持ち運ぶこともできます

 

550gと重量感はありますが、持ち運びできるタブレットスタンドとしての安心感は大きいです。

 

BoYataのタブレットスタンドは関節の角度が自由自在

BoYataのタブレットスタンドは、関節の可動域が以上に大きいのが特徴です。

 

このようにタブレットを支える「爪」の部分を接地面にぺたっとつけることが可能です。

 

ここまで前傾できるものも珍しいですね。

机の上に立てるように使いたいというニーズにもピッタリです。

 

逆にこのように真上に持ち上げることもできます。

 

その状態から角度だけ縦に変えて、地面と垂直に立てることもできちゃいます。

 

このように可動域が非常に広いうえ、しかも関節が固めに設計されているので、一見不安定に見える角度でもがっちり止まってくれるのが素晴らしいですね

 

 

BoYataのタブレットスタンドは作りが精巧でない部分がある

BoYataのタブレットスタンドは、決してハイクラスの高級品ではないため作りが「荒い」部分があります。

 

例えばこれは上から撮影した画像ですが、タブレットを載せる台の部分が、接地面と比べると傾いて見えるのがわかります。

 

微妙にねじれがあるので、「精巧」な状態とはいえません。

このあたりは個体差もありそうですね。

 

とはいえ頑丈・安定・ポータブルを満たした3,000円の製品に、そこまで求めるのも酷な気がします。

 

インテリアに耐えられるレベルの精密なバランスを求める人には不向きかもしれませんね。

 

BoYataのタブレットスタンドは550gで少し重め

BoYataのタブレットスタンドは550gと、けっこう重いです。

 

アルミ金属製で軽量化を図っていますが、関節部の頑丈さと安定性を確保しているためどうしても重くなってしまっています。

 

ペットボトル1本分ちょっとの重さなので、バッグにいれて持ち運ぶことはじゅうぶん可能ではあります。

 

しかし毎日持ち運びをしたいという人にはちょっと厳しい重さになると思います。

 

BoYataのタブレットスタンドはコスパはいいが安価ではない

 

BoYataのタブレットスタンドは、定価3,000円オーバーとタブレットスタンドとしてはミドルクラスの製品です。

最近は100円均一でも購入できることを考えると、割高感がありますね。

 

 

頑丈・安定・ポータブルを重視した製品づくりへのこだわりを感じますが、そのぶん値段は少し高めになります。

 

とりあえず何でも良いからタブレットスタンドがほしい、という人にはもっと安いクラスのものがおすすめです。

 

BoYataのタブレットスタンドはこんな人におすすめ

BoYataのタブレットスタンドはこういう人におすすめです。

 

  • 重さと安定感がありながら小さめタブレットスタンドを探している
  • 毎日は持ち運ばないけれど、時々はバッグに入れて持っていきたい
  • 色々な角度で使用したい。自分に合う角度を調節したい
  • iPad 11インチに最適なスタンドを探している
  • 安かろう悪かろうは嫌

少しお金をかけて、しっかりとした品質のタブレットスタンドを探しているという人には最適の製品だと思います。

 

 

ぜひみなさんも試してみてくださいね。

 

この記事がみなさんの役に立てばうれしいです。
ここまでお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

でく

元高校教師でブロガー。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-便利グッズ・お気に入り日用品