【カフェインを気にせずコーヒーが楽しめる】「BOSSカフェベース贅沢カフェインレス」はオススメのカフェインレスコーヒー

ライター:みの亀

 

みなさん、コーヒーはお好きですか?

食後の一杯、デザートのお供として、落ち着いた午後のひとときなんかに、ゆったりくつろぎながら飲むコーヒーは本当に美味しいですよね。

 

また、仕事や勉強に集中したいときに頭をスッキリさせるために飲むという方や、朝起きて眠気覚ましに1杯コーヒーを飲まないと一日が始まらない!という方もおられるのではないでしょうか。

そんな飲み方をされているように、コーヒーには、覚醒作用があることで有名なカフェインが含まれていますよね。

 

しかし、コーヒーを飲みたいけどカフェインを摂りたくないといった場合もあるでしょう。

今回は、そんなときに心おきなく楽しめるコーヒーをご紹介したいと思います。

 

「BOSSカフェベース贅沢カフェインレス」ってどんな商品?

サントリーのBOSSシリーズで商品展開されているカフェベースシリーズの一つです。

5倍濃縮のカフェベースである本品を、牛乳または水で割って飲みます。

通常のコーヒーに比べてカフェインがほとんどカットされているため、カフェインを気にせずコーヒーを楽しむことができます。

 

>>サントリー公式商品情報ページ

 

カフェインって体に悪いの?~カフェインレスコーヒーとは~

ときどき、「カフェインは中毒を招く劇薬」「エナジードリンクでのカフェインの過剰摂取による死亡例がある」というような怖い話を聞くことがありますが、もちろん常識の範囲での摂取量であれば基本的に問題はありません。

 

しかし、カフェインが体に及ぼす影響には大きな個人差があるといわれており、どの程度までなら摂取しても大丈夫という具体的な数値は定められていません。

 

ただ一般的な目安としては、健康な成人の場合、悪影響のない1日のカフェイン摂取量は400mg以下、一度の摂取量は200mg以下が推奨されています。

カフェイン400mgが含まれるコーヒーの量がどの程度かというと、インスタントコーヒーであればマグカップ2杯半(660ml)程度です。

 

ただし、子供や妊婦・授乳中の女性についてはこの目安は当てはまりません。

子供や胎児・新生児への有害な影響リスクを避けるためにも、よりカフェインの摂取量に注意する必要があります。

 

そんなカフェインが、コーヒー豆から二酸化炭素や水を用いて抽出され、睡眠の妨げや健康上の理由でカフェインを摂れない方でも楽しめるように作られたのが、カフェインレスコーヒーです。

 

BOSSカフェベース贅沢カフェインレスはカフェインレスだけど美味しい

「コーヒーは好きだけど、カフェインレスのコーヒーはまずい」と思われている方は多いと思います。

 

実際、カフェインレスコーヒーの場合、カフェインを抜く処理をするときにコーヒーの風味や香りまで抜けてしまうことがあるため、どうしてもただ「苦いだけ」になってしまっている物もよくあります。

健康志向が高まる今、カフェインレスコーヒーを選ぶ方は増えていますが、これはカフェインレスコーヒーのデメリットと言えるでしょう。

 

しかし「BOSSカフェベース贅沢カフェインレス」は、濃縮コーヒーだからこそしっかりとコクのあるうまみが感じられ、ほどよい甘さで仕上げられているためとても美味しく飲みやすいです。

食後にデザート感覚でついつい飲みたくなります。

 

BOSSカフェベースはカフェインを控えたいときでもコーヒーを楽しめる

夜眠る前にカフェインを摂ると目が冴えてしまって寝付けなくなりそう・・・。

でも、夕食後や就寝前にどうしてもコーヒーが飲みたくなることって、ありませんか?

 

そんなときにBOSSカフェベース贅沢カフェインレスはオススメです!

コーヒーを飲みたい気持ちを我慢せずに済む上、やさしい甘さとコーヒーの香りによるリラックス効果も相まって、むしろ心地よい眠りにつながるかもしれませんね。

 

また、カフェインの摂取量を制限しなければならない妊婦さんなどにとっても、カフェインを気にせず本格的なコーヒーを楽しめるのは嬉しいですよね。

 

BOSSカフェベースは飲み方(作り方)は手軽で簡単

BOSSカフェベース贅沢カフェインレスの楽しみ方は簡単で、1:4を目安に好みに応じて濃さを調整しながら牛乳または水で割るだけ。

牛乳で割ればラテ、水で割ればブラック(加糖)として本格的な味わいが楽しめます。

 

ちなみにボトル1本の内容量は、コップ1杯170mlとして約10杯分入っています。

 

BOSSカフェベース贅沢カフェインレスを飲むときの注意点

カフェインは完全にゼロではない

栄養成分表示によると、100mlあたりでのカフェイン含有量は4mgとなっています。

「ノンカフェイン」コーヒーではないので、ごく微量のカフェインは含まれています。

 

しかしこれはコップ一杯(170ml)あたりに使う目安量34mlで約1mgという水準であり、同社の「BOSSカフェベース甘さ控えめ」に比べて95%カフェインオフという比率です。

 

前述した一般的なカフェイン推奨摂取量が400mg以下/日ということを考えれば、1mg/杯程度であれば無視できる含有量と言えるでしょう。

 

甘さ控えめではあるがあくまでも加糖コーヒー

水で割ればブラックとして楽しめますが、あくまでも加糖です。

糖分はそれなりに含まれているので、カフェインレスだからといって一日に何杯も飲み過ぎるとそれはそれで体によくありませんので、適度な量を楽しみましょう。

 

また、無糖のカフェインレスコーヒーもあるようですので、無糖の甘くないコーヒーがお好きな方はそちらを試してみるのが良いでしょう。

 

UCC「おいしいカフェインレスコーヒー 無糖」商品情報ページ↓

https://www.ucc.co.jp/product/drink/coffee/decafe/decafe-no-sugar.html

 

また、様々な輸入食品やコーヒーを扱うコーヒー専門店の「カルディ」などでお気に入りのカフェインレスコーヒーを色々と探してみるのも楽しそうですね。

 

カフェインレスコーヒーで贅沢なひとときを

以上、BOSSカフェベース贅沢カフェインレスをご紹介しました。

 

お酒やタバコと並んで世界三大嗜好品として多くの人に楽しまれているコーヒーですが、飲みたい気分なのにカフェインが気になって飲めないのはつらいですよね。

そんなときはぜひ、BOSSカフェベース贅沢カフェインレスを飲んでみてください。

 

カフェインを気にせずに大好きなコーヒーを味わいながら、ゆっくりと贅沢なひとときを楽しみましょう!

 

ライター:みの亀

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

でく

元高校教師でブロガーやってる31歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-便利グッズ・お気に入り日用品