【完全日本語対応】仮想通貨やるならBybit(バイビット)がオススメ!メリット・デメリットを解説!

今回はオススメの仮想通貨取引所について解説をします!

 

私が今回オススメするのは「バイビット」という取引所。

日本人トレーダーの多くが利用していて、YouTubeやTwitterなどで情報発信をしている人のほとんどが「バイビット」を推しています

 

>>バイビットの公式サイトはこちらから

 

なぜそんなにもバイビットは人気なのでしょうか?

Bybit(バイビット)には他の仮想通貨取引所にはない、大きな魅力がたくさんあります。

 

この記事では、Bybit(バイビット)について、詳細に理由を解説していきたいと思います。

 

紹介コードを使って口座開設をすることで、20ドル相当の特典がもらえるキャンペーンを開催!

招待コード

20ドル相当の特典がもらえるキャンペーンコードはこちら JY7XO4

>>バイビットの口座開設こちらから

 

 

ByBit(バイビット)とは?

バイビットは2018年にシンガポールで設立された仮想通貨取引所。

 

特に日本人トレーダーからの人気が高い取引所です

それには以下のような理由があります。

バイビットが日本人投資家に人気な理由

  • サポートも含め日本語完全対応
  • 130種類以上の銘柄を取り扱っている。
  • その多くをUSDT(ドル連動仮想通貨)建てで取引可能
  • 最大レバレッジ100倍に対応
  • Maker注文で逆に手数料がもらえる

 

海外の仮想通貨取引所というと「怪しい」「怖い」と感じる人も多いですよね。

ただでさえ仮想通貨という、未来感とうさんくささを併せ持った商品なのに、英語とくれば手を出しにくくなるのがアタリマエです。

 

バイビットはホームページから取引まですべて日本語に対応しています。

そのため、英語が読み書きできない方でも安心して取引をすることが出来ます。

 

>>バイビットの公式サイトはこちらから

 

国内の取引所は、手数料面や信頼性においては高評価ですが、軒並み最大レバレッジ2倍まで、取扱銘柄も少ないという欠点を抱えています。

一方でBybitはレバレッジ100倍、業界最安クラスの手数料、豊富な銘柄、そして日本語対応と、慣れた日本人トレーダーにとって欲しいスペックは揃っていますね。

 

加えて、Bybitは海外の仮想通貨FX取引所の中でもセキュリティ面、ユーザーサポートが手厚いことに定評があります。

チャットで質問を飛ばしても平均で30秒以内に返信してくれるとのこと

個人的な感覚ですが使いやすさ、快適さは国内取引所とほぼ遜色ありません。

 

バイビットは日本語での情報発信が多い(ブログ・Twitter)

Bybitはブログでの情報発信も積極的。

Bybitは他の取引所と比較して、日本語での情報公開量が圧倒的に多いです。

 

日本語公式ブログやTwitterでBybitのイベントやキャンペーン情報、広報的な内容に加え、仮想通貨の知識を学べるブログ記事もあります。

Bybitを利用するうえでは、BybitブログとTwitterをチェックしておけばひとまず問題ないでしょう。

 

仮想通貨取引をはじめてやるという方や、これまで投資をしてきたことがなかった人でも、仮想通貨投資に関する最新情報を得ることができるのは嬉しいですよね。

 

 

Bybit(バイビット)のメリット

日本人が仮想通貨取引を行うのにBybitを使うメリットについて解説をしていきます。

 

Bybit(バイビット)のメリットは大きく分けて5つあります。

 

日本語に完全対応している

日本人トレーダーが海外取引所でトレードするのに大きな障害となるのが、言語の壁です。

Bybit(バイビット)は日本語に完全対応しているので、その点を心配する必要はありません。

 

サイトやアプリも日本語で読むことができます。

口座開設やトレードの際に、余計な手間がかかることはありません。

 

日本語対応のできるサポートも配属されているので、英語が苦手な日本人の方でも安心して利用することができます。

 

ローンチパッドが定期開催されていて爆益が狙える

ローンチパッドというのは、新しい仮想通貨の上場のこと。

事前申し込みで、上場した瞬間の仮想通貨を購入することが出来ます。

 

ローンチパッド直後に0.1円だった仮想通貨を500枚購入し、後に10円になったらどうでしょう?

 

購入時に支払った金額50円だったものが、5000円になってしまいますよね!

そういったことがローンチパッドでは起こります。

 

特にバイビットは世界の投資家が注目している取引所ですから、話題性と需要によって値上がりがかなり期待できますね

 

サーバーが強い

Bybit(バイビット)はサーバーが強いです。

その強さは、Bybit(バイビット)のサーバーが落ちる時は、他の全てのサーバーが全滅しているくらいの状況と言われるほどです。

 

取引所のサーバーの強さは、ユーザー持っている仮想通貨の価値を左右します。

サーバーが頻繁に落ちたりする取引所は、持っている仮想通貨を思うようにトレードすることが困難なため避けましょう。

 

クレジットカードで仮想通貨を購入できる

Bybitでは、入金方法の一つとしてクレジットカードで仮想通貨を購入する方法があります。

クレジットカードで決済することで、実質日本円で仮想通貨を購入できるのです。

 

使用できるクレジットカードは VISAとMastercardの2種類で、購入できる仮想通貨はビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・テザー(USDT)です。

 

Bybit(バイビット)のデメリット

とても優良な仮想通貨取引所バイビットにもデメリットがあります。

ここではそんなバイビットのデメリットについて解説をしていきます。

 

出金タイミングが決められている

Bybitは出金が実行される時間が1時、9時、17時と決まっているため、その時間帯以外が実行されません。

Bybitはセキュリティ強化のため、出金処理をすべて定刻かつ手動審査で行っているから、というのが理由です。

 

スピード感をもって出金したい方にはBybitは向いていないかもしれません。

 

出金手数料がやや高め

Bybitは出金手数料が高めに設定されています。

各仮想通貨の出金手数料については以下の通り。

Bybitの出金手数料

 

他の取引所よりも高めの出金手数料について、Bybitも公式として認めていて、その事情も公表しています。

参考

Q)Bybitの出金手数料が他のプラットフォームと比較して比較的高いのはなぜですか?

A)Bybitでは、出金リクエストごとに一律の手数料を課していますが、バッチで送金する際にはブロックチェーンでより早く送金確認が完了するように最適なマイナー料金を支払っています。

引用:バイビットの公式サイト

高い出金手数料は、ブロックチェーンでの処理を早くするためとBybitはいっていますが、手数料をシビアに気にする方にとってはデメリットなのは間違いないですね。

 

証拠金にできるのは仮想通貨のみ

Bybitは仮想通貨しか証拠金として使えないので、日本円やドルでの入金に対応していません。

なので、Bybitでトレードを始めるには、Bybit内で仮想通貨を購入するか、他の取引所で仮想通貨を購入し、Bybitに送金するかのどちらかになります。

 

円ドルなどの法定通貨入金に対応していれば、すぐにそれらを入金してトレードを始められるのですが、Bybitは仮想通貨が必須。

 

不便とまではいいませんが、ややトレードまでに手順が必要といえますね。

 

いまなら20ドル相当の入会特典がもらえる

バイビットでは、紹介コードを使うことで20ドル相当の特典がもらえるキャンペーンを開催しています。

 

紹介コード

20ドル相当の特典がもらえるキャンペーンコードはこちら JY7XO4

 

>>バイビットの公式サイトはこちらから

 

 

特典がもらえる条件

  1. 紹介コードを使ってBybitに新規登録
  2. 10ドル相当以上の初回入金
  3. 合計10,000ドル以上の取引を行う

合計取引高の計算は、「デリバティブ取引高」+「現物取引高×4」となります。

現物取引であれば2500ドルの取引でOK

 

仮想通貨をやるならバイビットが一番オススメ!

 

バイビットは日本人が仮想通貨取引をはじめるなら一番オススメです。

 

日本でYouTube発信をしている人のほとんどは、オススメの仮想通貨取引所としてバイビットを推しています。

 

信頼性と安全性が高く、かつ日本語対応で使いやすい取引所のバイビットをぜひみなさんも使ってみてくださいね!

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

でく

元高校教師でブロガー。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-web3.0, 仮想通貨(暗号資産)
-, ,