スマホ・ガジェット・周辺機器

メルカリで1,500円で買った革製アップルウォッチバンドがいい感じだったのでレビューしてみる

でく
みなさんこんにちは、でく(@ddekunoboh)です。

 

今回はApple Watchのバンドのお話。

 

皆さんはアップルウォッチ、使っていますか?

私はそこそこ昔からアップルウォッチのユーザーで、Series 3頃から使っています。

 

アップルウォッチはなんといってもそのスマートな見た目とApple製品との親和性が売りです。

 

電池持ちが悪いというデメリットはありますが、充電作業が毎日のルーティンになっていればなんらストレスになることはありません。

 

で、今回はそんなアップルウォッチのバンドを交換しようというお話です。

アップルウォッチに純正でついてくるシリコンスポーツバンド。

 

これ、伸縮性があってつけている感じがあまりしなくて快適だし、濡れても拭けばすぐ乾くスグレモノです。

 

しかしいかんせん【デザインがダサい】のがデメリットです。没個性にもほどがあるという感じですね。

 

アップルウォッチの社外品の交換バンドはかなりの種類・数が販売されています。

なかには専門店があったりして、それこそ本皮の牛革だったりワニ革みたいなものもあったりします。

>>アップルウォッチバンドの専門店 mano a mano

 

せっかくスマートなウェアラブル端末ですから、見た目もスマートにしたいですね。

 

ということで、メルカリで売ってる怪しい・安いバンドを買ってみました。

今回はこのメルカリで売ってたノーブランドなアップルウォッチバンドをレビューしてみようと思います。

 

こちらの記事もオススメ


 

メルカリにはいろいろなアップルウォッチバンドが売っている

メルカリで「アップルウォッチ バンド」と検索すると、それはもうすごい数の商品がヒットします。

 

 

一般的にメルカリでは一般ユーザー同士が中古品をやりとりすることが多いのですが、こういう商品に関しては業者がノーブランド品を新品で売っていたりします。

 

よく「閉店セール」みたいな名前のお店で売っている、ブランド品ではないけどデザインがそこそこいいしめっちゃう安いから買っちゃおうかみたいなノリの商品です。

アップルウォッチバンドをAmazonで買ってもよかったのですが、せっかくなのでメルカリでそういった商品を買って見ました。

 

メルカリで買った革製のアップルウォッチのバンド

今回購入したのは革製のベルトです。値段は1,500円。

カジュアルさが強めに出つつもフォーマルにもある程度使えるというコンセプトで選びました。

 

私の使っているアップルウォッチは44mmのアップルウォッチ Series5なので、しっかりと44mm対応のバンドを購入します。

 

自分のアップルウォッチのサイズと合わないバンドを買ってしまうと取り付けるけることができないので注意してくださいね。

 

ちなみに私はアップルウォッチ自体もメルカリで購入しています。そのあたりのことについてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

こちらの記事もオススメ


 

 

メルカリで買った革製バンドの取り付け方は、純正シリコンバンドと同じタイプ

今回購入した革製バンドは、一般的な革製腕時計バンド式ではなく、純正シリコンバンドと同じような留め具式です。

このシリコンバンドの付け方が、自分としてはかなり楽で気に入っていたので、革製のベルトではありますがあえてこのタイプを選びました。

 

こうやって並べてみるとそっくりですね。

 

このタイプのバンドは、金具が肌に当たらないので跡もつきにくくて快適なんですよ。

つけた感じは純正のシリコンバンドとまんま同じ感じです。

 

実はこのタイプの装着ができる革製バンドって結構少なくて、Amazonでも調べてみたんですがこの商品しかありませんでした。

もし私と同じようにこのタイプが好きという人は、かなり選択肢が狭まってしまいますが、革製も検討してみてはいかがでしょうか?

 

メルカリで買った革製アップルウォッチバンドは軽い

今回買った革製アップルウォッチバンド、つけてみてびっくりしたんですがめっちゃ軽いんですよ。

気になって重さを測ってみたらなんと14gでした。

 

これがどれくらい軽いかというと、純正のシリコンバンドの重さが30gなので半分の重さしかないということです。

純正品はぎっちり中身の詰まった丈夫なシリコンバンドですからね。比べてみてびっくりしましたが、結構重たいんですよ。純正シリコンバンド。

 

この16gの差はけっこうデカくて、装着感がけっこう軽くなって快適です。これは想定外の嬉しいポイントですね。

 

メルカリで買った革製アップルウォッチバンドは、調節穴が細かい

今回買った革製ベルトと純正シリコンバンドを並べてみると、取付穴の間隔が狭いことがわかると思います。

 

純正だと一番きつい穴から3番目でしたが、この革製ベルトだと一番きつい穴から6番目です。

腕がふっとい人は穴が足りなくなってしまう可能性もアリなので、購入時には気をつけなきゃいけないですね。

 

メルカリで買った革製アップルウォッチバンドは、時計が回転しやすい

今回の革製バンド、おおむね満足なんですが一つ難点というか悩みがあります。

それは時計の面が回転しやすいということ。

 

シリコンバンドはバンド自体が腕と摩擦しているのできっちりとした装着感があります。

どんなに腕を勢いよく振ってもズレることはなく、時計をみればいつも時計の面がこちらを向いていました。

 

しかし革製ベルトにすると、腕との摩擦が減る分、時計を持ち上げた時に角度が明後日の方を向いていることが時たまあります。

本当に些細なことですが、ややストレスです。

 

ぶれないように穴をきつくすると、締め付けられてしまってそれもまたストレスです。

 

買ったばかりで革の柔軟性がないというのも原因なのですが、やはりその点はシリコンバンドのメリットといったところでしょうか。

 

しばらく使っていくうちに革がなじんで柔らかくなると、そういったストレスも軽減されると期待できるので、気長に使ってみようと思います。

 

メルカリでのアップルウォッチの革製バンドは、そこそこいい買い物だった

アップルウォッチのイメージやデザインをもっと良くするために購入した革製バンドですが、結果としてまぁまぁの満足感です。

これで1,500円ほどの出費なら、ファッションとしてはいいですよね。

 

アップル製品は規格が統一されている分、こういう社外品のファッションアイテムが豊富なのが良いところでもあります。

毎日身に着けて目に見える部分だからこそ、ちょっとしたオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

Amazonや楽天市場でも結構良いバンドが売っているのでぜひ一度探してみてくださいね。

「アップルウォッチ バンド」で検索をしてみる

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

なにか生活の役に立てば嬉しいです。またお会いしましょう See You Again!!

 

またのお越しお待ちしてます

このブログではガジェット・便利グッズ・生活の知恵・スマホ通信などを扱っています。更新通知は各種SNSで発信しているので下のボタンクリックでフォローお願いします!

TwitterでフォローGoogleニュースでフォローインスタでフォローピンタレストでフォロー

質問やコメント等はTwitterの匿名質問箱でお受けしています。ご意見や質問いただけたら嬉しいです!
質問箱はこちら
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
でく

でく

学校の先生のお仕事をしながらブロガーやってる31歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-スマホ・ガジェット・周辺機器

© 2021 デクマガ