スマホ・ガジェット・周辺機器

【ケーブル1本】Panasonicナビ ストラーダに、HDMI入力でiPhoneの画面を映す方法

今日は車のナビにiPhoneの画面を映す話です。

 

我が家の愛車ヴァンガードに搭載されているナビPanasonicのStradaには、HDMI入力機能があります。

 

トヨタ用のスイッチソケットを買っておいて、オートバックスでナビ購入&装着の際に一緒にやってもらいました。

 

こんな感じです。

下のUSBもナビに繋がっていて、給電もできますし、iPodやUSBメモリ内のmp3ファイル等を再生することもできます。

以前はUSBメモリに録音したラジオを入れて再生していたりました。

 

で、今回はこのHDMI端子にiPhoneを繋ぎたいと思います。

 

今回用意したのは、Lightning→HDMI変換アダプター不要の、アダプター・ケーブル一体型の製品です。

 

本来であれば、iPhoneのLightning端子からHDMIに変換するアダプターを使うのですが、このケーブルであれば直接LightningとHDMIをつなぐことができます。

 

アダプタが不要なので非常にすっきりとした配線にできるのがメリットです。

ただ一方で、USBケーブルによる給電を必要とするのがデメリットですね。

ちょっと見づらいかもしれませんが、USB端子とHDMI端子、lightning端子の3つがあります。

 

これをナビと接続します。ちょうどHDMIソケットの下にUSBソケットをつけておいたおかげで、無駄のない配線にすることができました。

 

無事iPhoneの画面がナビ画面(HDMI入力)に映すことができました。カメラ撮影の画面があわせ鏡みたいになってます笑

これでYouTubeやプライムビデオなどを車内で快適に見ることができるようになります。

 

私と同じように、HDMIソケットとUSBソケットがそばにある方で、ナビにHDMIでiPhoneの画面を映したいという場合に、ぜひ参考にしてください!

 

この方法で接続して1週間つかってみました。

その結果「この製品は買わないほうがいい」という結論にいたしました。結局手元にはゴミが残りました。

そのあたりのことはこちらの記事に書いているので、参考にしてみてくださいね。

こちらの記事もオススメ


またのお越しお待ちしてます

このブログではガジェット・便利グッズ・生活の知恵・スマホ通信などを扱っています。更新通知は各種SNSで発信しているので下のボタンクリックでフォローお願いします!

TwitterでフォローGoogleニュースでフォローインスタでフォローピンタレストでフォロー

質問やコメント等はTwitterの匿名質問箱でお受けしています。ご意見や質問いただけたら嬉しいです!
質問箱はこちら
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
でく

でく

学校の先生のお仕事をしながらブロガーやってる31歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-スマホ・ガジェット・周辺機器

© 2021 デクマガ