資産形成・運用

外国株配当の還付に確定申告不要!米国株ETFや投資信託も外国税額控除が全自動になっていた話

でく
みなさんこんにちは、でく(@ddekunoboh)です。

 

今日は米国株の話。

米国株やS&P500連動ETFや投資信託などを使っている人向けの情報です。

 

確定申告の時期がやってまいりました。

米国での株式取引や投資信託などを利用している方は、外国税額控除を確定申告の際に申し出る方も多いと思います。

 

外国で既に課税されたものに、日本国内の所得税住民税が課税されるのが二重課税だということで、外国で支払った分に関しては還付されるという制度です。

今年もその申告をしようと準備をしていたのですが、こんな動画を発見しました。

 

動画内で言われていたのですが、外国税額控除は今年から自動になったんですね!!

 

つまり証券会社の方ですでに外国税額控除の部分の手続きをしてもらえてるので、我々が確定申告で申し出る必要が無くなったんですね。なにもしなくてOK。

自動処理万歳!!

これはすばらしい!あるべき姿です!

とてもいい制度だと思いますね。

同じ境遇の皆さんの参考になれば嬉しいです

またのお越しお待ちしてます

このブログではガジェット・便利グッズ・生活の知恵・スマホ通信などを扱っています。更新通知は各種SNSで発信しているので下のボタンクリックでフォローお願いします!

TwitterでフォローGoogleニュースでフォローインスタでフォローピンタレストでフォロー

質問やコメント等はTwitterの匿名質問箱でお受けしています。ご意見や質問いただけたら嬉しいです!
質問箱はこちら
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
でく

でく

学校の先生のお仕事をしながらブロガーやってる31歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-資産形成・運用

© 2021 デクマガ