「表示できる広告の数が制限されています。詳しくは、ポリシー センターをご確認ください。」と表示されてGoogleアドセンス広告が消えた【対策・対応】

でく
みなさんこんにちは、でく(@ddekunoboh)です。

 

Google様から謎のメールが届きました。

お客様のAdsenseアカウントでの広告配信を制限しました お客様 先日、お客様のAdsenseアカウントで無効なトラフィックが検出されました。Googleではこの事態を受け、お客様のアカウントでの広告配信を制限いたしました。今後もお客様のサイトのトラフィックは継続的にモニタリングされ、配信制限はGoogle側で自動的に見直しおよび更新されます。

 

要約すると、「お前のサイトの広告に怪しいアクセスあったから止めるわ。これからも監視するけぇよろしくな。大丈夫そうならもどすわ。ほな」ってことです。

 

怪しいアクセスってなんですかねぇ。

自分で広告を触れた記憶もないですし、広告の数も多かった感じではないです。

となると、第三者による悪質なクリック?

 

なんにしても、Google様から広告掲載を取り下げられているのが現状。これはどうにか対策しなければなりません。

 

ということでこの記事では、アドセンス広告の再掲載のために広告掲載の改善を試みをまとめていきます。

 

Google Adsenseのページにもエラーが出ている

アカウントに関する問題 広告配信が制限されています 表示できる広告の数が制限されています 詳細 お客様のアカウントでの広告配信は、無効なトラフィックの問題により現在制限されています。今後もお客様のサイトのトラフィックは継続的にモニタリングされ、配信制限はGoogle側で自動的に見直しおよび更新されます。詳しくは、広告配信の制限についての記事をご覧ください。 対応策 広告トラフィックとサイトの訪問者を把握してください。ご自分の広告は決してクリックせず、信頼できない業者、質の悪い業者との提携を避けましょう。詳しくは、無効なトラフィックを防止する方法についての記事をご覧ください。通常、この広告配信の制限がお客様に影響を与える期間は 30 日未満ですが、それ以上となる場合もあります。

まずはエラーの状態を確認するためにGoogleアドセンスのページにアクセスすると、こんなエラーが表示されています。

 

ようするに、自分でクリックしてるか、誰か悪質な輩からクリックされてますよってことらしい。

 

とはいえ、自分でクリックした記憶はないですし、アクセスが異様に伸びたということもなさそう。

Google Analyticsで確認しても、怪しいクリック行動等も記録されていないように見えます。

 

エラーが起きると、エラーによって発生させた収益がキャンセルされる

今回のように無効なトラフィックによる「不正な収益」に関しては支払いを拒否されます。

 

お支払い > ご利用履歴 > ご利用履歴を表示する

で確認すると、以下のような画面が表示されます。

赤い部分がキャンセルされた収益です。

収益全体と比べれば、キャンセル分は大した金額じゃなさそうです。

 

しかしこのアクセスこそが諸悪な根源でわけで、なぜこんなことになったのか原因を究明して対策をしないと、Adsense広告全体の収益がストップしてしまいます。

 

自分(管理者)がクリックがたくさん表示させてもダメ

同じような症状が出ている方々を調べてみると、どうやら自分で広告を表示させてしまうのも原因になるらしいです。

 

思い返してみると、ちょっと前にブログのデザインをいじくるために大量に更新連打した記憶があります。

 

それが不正なインプレッションとして認識されたのでは…?

 

自己クリックはしてないですけど、それが原因だとするならば「自分でブログいじってるときに広告が表示されないようにすればOK」ということになりますね。

 

ワードプレスログイン時に、アドセンス広告を非表示にさせる

自分でブログデザインを変更させたときは、どうなっているかを確認したいものです。

 

それによって広告が表示されてしまうのが「悪質なトラフィック」と言われてしまうならば、自分にだけ広告が非表示されれば解決です。

 

ということで、そんな方法を探してみたらいいのが見つかりました。

>>WordPressサイトでAdSenseを自分にだけ表示しない方法

 

それによれば、以下のコードでAdsenseのコードを囲めばOKとのこと。

 html
<?php if(!is_user_logged_in()): ?>
(AdSenseのコード)
<?php endif; ?>

このコードの仕組みはとても簡単で、「ワードプレスログインユーザーにはコードを非表示させる」というもの。

一般読者を含むログインしてない人には普通に表示されるようです。

 

これで問題が解決されればOK。

されなければ、また新たな対策を考えなければならないですね。

 

とりあえずは一旦広告掲載をストップして様子見

とにもかくもまずは広告の復活、エラーメッセージの削除を待たなければなりません。

早ければ数日、だいたい10日前後でみなさん復活されるようです。

 

それまではAdsenseによる広告掲載の一切を止めておきます。

 

で、エラーが解除されたら広告掲載数を少し減らした状態から、復活させていこうと思います。

 

続報があったらまた追記します。

参考になればうれしいです。ここまでお読みいただきありがとうございました。See You Again!!

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

でく

元高校教師でブロガーやってる31歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-ブログ運営・副業