Go Pro Hero9をメルカリで5万で購入!発生した問題とメリット・デメリットを感想レビュー

でく
みなさんこんにちは、でく(@ddekunoboh)です。

 

タイトルの通り、Go Pro Hero9 Blackをメルカリで購入しました!

全世界で愛されるアクションカメラの最高峰シリーズ GoPro その最新作であるGoPro HERO 9 Blackです。

 

GoPro(ゴープロ)
¥49,300 (2021/10/09 18:37:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

GoProはAmazonや楽天で購入すると、単品でも50,000円強する高級品です。

GoProを満足に使うには予備バッテリーや充電器、三脚etc…が必要です。それらをセットにすると60,000円は切りません

 

そんなGoPro Hero 9と、社外バッテリー充電器、純正バッテリー×2、簡易三脚がついて50,000円という破格で売られていたので飛びついてしまいました。

 

念願の初GoProなわけですが、購入初日から設定やらなにやらでかなり苦戦を強いられました

やっとそれなりに使えるレベルまで来られましたが、軽く3時間はドブに捨てましたね

 

この記事では、GoPro Hero 9を使ってみた感想、よかった点とダメな点などをまとめて解説していきます。

 

そもそもなぜGoProを購入したのか

これまでブログ用の物撮り写真もYouTube用の動画もiPhoneで撮影してきました。

しかし、iPhoneだけでは厳しいと思う場面も多くなり、動画に関しては別の機器がほしいと思っていました。

 

ただ一眼レフを使った動画撮影をするほどYouTubeに力を入れているわけではないし、もっと取り回しが楽で使い勝手の良いモノがいい。

 

今後バイクログ(モトブログ)や車載動画、登山動画などにもチャレンジしていきたいとも考えていたので、日常使いもできてアウトドアでも使える汎用性が高いアクションカメラで検討していました。

 

そんな中「GoPro Hero9がいい感じらしいよ」と聞きつけ、気になっていたんですよね。

 

そしてメルカリで運命的な出会いをして、iPhoneSEを売っぱらって得たメルカリ残高で購入してしまった、というワケです。

 

GoProバイク車載記事

 

GoPro Hero8からの一番の進化点 正面ディスプレイ

GoPro Hero9に関する細かいレビュー等はいろいろなYouTuberが動画を出してくれています。

 

Hero8からの進化点についてはこちらの動画がわかりやすかったです。

 

画質レビューならカズさんのやつもよかったです。

 

 

一応この記事でも軽く紹介していきます。

まずGoPro Hero9の一番の進化ポイントは、カメラ横に正面ディスプライが搭載されたことです。

Amazonより引用

GoPro Hero8までの歴代Go Proでは、正面にディスプレイはあったものの、録画時間やバッテリー残量などといった各種情報が表示されるのみ。

 

対してHero9では、"いま録画されている画面" がそのまま表示されます。

GoPro公式より引用

これによってVlogや自撮りをするときに、「この角度なら自分が入るかな?どうかな?」みたいに手探りでポジションを決める必要がなくなりました。これは画期的な進化ですね。

 

筐体ボディはGo Pro Hero8より少し大きくなった

ボディ全体でみると、Hero9はHero8よりやや大きくなりました。

バッテリー容量も大きくなって録画時間が伸びたものの、コンパクトさというGoProの唯一無二のメリットが失われた!との声もあるようです

 

比較等はこちらのウェブページが詳しかったです。参考にどうぞ。

>>GoPro HERO9とHERO8の違い スペック比較と外観比較 [Photo Journal Press]

 

見た感じきれいな状態です。メルカリはフリマアプリなので当然 当たり外れがあるわけですが、パッと見はずれではなさそうです。

 

右側面はバッテリーとmicroSDのソケット、あとは充電&データ通信用のUSB-typeC端子です。

 

このtypeC端子とPCを直接有線接続をすることで、SDカードを取り外さなくても動画データのやりとりができるようになります。

 

トラブル① 動画が記録されない・microSDカードがフォーマットされない

到着してウッキウキの私でしたが、多くの苦難にぶちあたります。

私が最初に見舞われたトラブルは以下の項目

  • 録画終了ボタンを押してもなぜか動画が保存されない
  • 10数秒録画すると勝手に録画が止まる
  • 録画が停止した後、なぜかディスプレイがガタガタ・ギコギコ(動作が重くなる)
  • microSDカードのフォーマットを試みるもフォーマットが終わらない
  • microSDカードのフォーマットに失敗する

 

「あ、完全にハズレ品を引かされたわ」

そう確信した瞬間でした。

 

ちなみに使っていたmicroSDカードはこちら。

世間からの信頼はあついSanDiskのUltra PLUS

UHSスピードクラスUHS-1の規格で、撮影には特に不自由はなさそうなものです。

 

ちなみにGoPro公式に認められているmicro SDカードのリストが公開されています。

>>動作保証されているmicroSDカード

 

だがしかし、このリストの中の製品を1つも持っていないので、自分が持っているものの中で一番ハイスペックかつ対応リストにもあるSandiskのもの、ということでチョイスしていました。

 

しばらく格闘すること1時間。

色々と調べてみるとこんなページを発見。

>>SDカードを交換したらGoProがエラーを出さなくなった話 [TeraDas]

 

この方が使っていたmicroSDもSandisk。しかもかなりハイスペックなモデルで動作保障OKのやつ。

 

もしかして…?

と使っていないmicroSDケースを漁り、UHS規格ですら無いClass10程度のSDカードを差してみました。

 

なんと…普通に撮影できるようになりました

 

格下のSDカードの方ならいけるってどういうこと…?

読み込み速度が速くないので、4K画質で記録できているのかかなり不安ですが…笑

 

GoProとSDカードの相性問題は闇が深いようです。

GoProはSandisk嫌いなのかな?

 


2021年2月6日追記

後日こちらのSamsungのmicroSDカードを購入しました。

 

大容量高速書き込みですこぶる好調ですので、相性問題で困っている方は一度試してみると良いと思います。

 

トラブル② Go Pro Hero9 がMac Bookで認識しない

microSDカードの問題をクリアしたあと、試し撮りを色々してみました。

 

うんうん。極めて良好

しょっぼいmicroSDカードを使っている割にしっかりと動画を記録してくれているじゃないですか。

いい子いい子。誰だこいつをハズレ呼ばわりしたヤツは!

 

さてじゃあMac Bookに動画を取り込みますか〜と、USB C to CケーブルでGoProとMacを接続してみました。

 

Macで取り込むときに使うソフトはプリインストールされてる「イメージキャプチャ」です。

はい認識しなーい。一難去ってまた一難。

やっぱこいつハズレだな!!

 

リンゴマーク > このMacについて > 概要 > システムレポート

で接続確認をしてみると、たしかにGoProは接続されているようです。

 

接続はされているけどイメージキャプチャが認識していない…?

 

しばし格闘。するとこんなページを発見。

>>GoPro HERO9とMacをUSB Type-Cケーブルで接続して動画を取込む方法

  1. デフォルトの画面から設定画面開く
  2. 設定画面左にスワイプして「接続」をタップ
  3. USB接続をタップ
  4. MTPを選択

これだけで解決しました。

ネットって素晴らしいぃ!!

誰だこいつをハズレ呼ばわりs(もういい)

 

Go Pro Hero9のよかった点 画質も音質も必要十分

ここまでくるのに約3時間。

ハズレを引かされた → いや俺のせいだったわ → ハズレを引かされた

の思考ループを何回したかわかりませんが、とにかく撮影ができる状態になりました。

 

で、撮影をして見た感じですが、画質・音質ともにGOODという印象です。

 

期待していなかった音質もだいぶ良かったです。iPhoneのマイクより格段にいいですね。

 

今後YouTube動画を撮るのは全部GoProに任せようと思います。

不足を感じたら一眼レフを導入っていう感じのつもりです。

 

Go Pro Hero9の不満点① 撮影しているとすごく熱くなる[熱暴走]

ネットでも話題のGo Pro熱暴走問題。

 

もともとGoProは海に潜っても使えるアクションカメラなわけで、気密性が高い構造になっています。放熱性が悪いに決まっています

 

試しに4K画質60fpsという画質で撮影をしていたら、30分ちょっと経ったところで熱くなりすぎて撮影が停止しました。

冬の窓際に置いていながらの出来事でした。

 

そもそも長時間録画を回しっぱなしという使い方に向いていないようです。

 

GoPro公式からもそのようにメッセージが出ていますしね。

>>カメラが異常に熱くなる、頻繁にフリーズする [公式Q&A]

 

Go Pro Hero9の不満点② 操作性が悪い ディスプレイの反応性も悪い

これが結構ストレスなんですが、GoProのディスプレイのタッチ性能、めちゃ悪いです。

 

iPhone3Gを思い出します。いや、もしかしたらさらに前時代の「タッチディスプレイ付きガラケー」かもしれません。

それくらい「あーそうじゃない!」っていう誤操作が多いです。

 

意図しない動きをされるのがこんなにストレスなのかと、久々に思いました。

 

iPhoneのGo Proアプリの方でもGo Proの撮影設定などをいじれるんですが、GoProのディスプレイが嫌すぎてiPhone側でいじってるって人もいるようです。

 

アクションカメラの本質である撮影性能や耐環境性能が非常に優れているので、これを理由に他のアクションカメラにする人はいないと思いますが、使っていてストレスなのは事実なのでお伝えしておきます。

 

しばらくは相棒として色々撮影していきたい

いろいろあったとはいえ購入してまだ数日。

これから使い倒していってはたしてどうなるか、というところです。

 

とりあえずは仲良くしていけそうなので、相棒としていろいろ持ち歩いていこうと思います。

 

GoPro(ゴープロ)
¥49,300 (2021/10/09 18:37:00時点 Amazon調べ-詳細)

アクションカメラとしての本分も果たせるような使い方もしていきたいです。

 

GoProの参考になれば嬉しいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

こちらの記事もオススメ

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

でく

元高校教師でブロガーやってる31歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-スマホ・ガジェット・周辺機器, GoPro