生活の知恵・生活改善 健康・美容

体の「毛」事情 脱毛と除毛の違いと使い分けを考える

でく
みなさんこんにちは、でく(@ddekunoboh)です。

 

毎日毎日伸びてくる「毛」邪魔ですよね〜。

 

伸びててストレスにならないのは髪の毛ぐらいなもので、それ以外の毛は総じて伸びることがストレスです。

特にヒゲのように毎日剃るという手間がかかるのは最悪です。

 

ほとんどの人が一度は

「無駄毛が生えてこなければいいのに」

と考えたことがあるでしょう。

 

かくいう私も毛が嫌いなので、これまで剃毛、医療レーザー脱毛、除毛クリームなど色々と試してきました。

 

今回は体の毛について、脱毛や除毛の基礎知識、私の行っていることを色々と書いていこうと思います。

 

脱毛と除毛の違い

脱毛にも色々とあるのですが、ここでは脱毛を「医療脱毛」つまり永久脱毛とします。

 

医療脱毛・永久脱毛・医療レーザー脱毛

医療脱毛は医療行為で、レーザーをあてて毛根の細胞を「焼いて破壊」して、その毛根から毛が生えてこないようにする行為です。

 

湘南美容外科クリニックやゴリラクリニックなどが有名ですね。

医療行為なので、医師の診察が必要で「医院・クリニック」でしか行うことができません。

 

一方脱毛サロンなどは光出力の弱いレーザーなので、完全に細胞を破壊しません。

 

光の出力が強いということは、当然痛みを生じます。

1発打つことに輪ゴムで強めにペチペチされる感じです。

 

神経がたくさん走っている顔周りや手まわり、局部などは痛みが強く出る傾向があります。

 

また医療レーザーによる脱毛は、実質的には火傷しているのと変わらないので、処置後は患部がほんのり腫れて赤みを帯びます。この期間をダウンタイムと言いますが、その間激しい運動や肌へのダメージを避ける工夫をする必要があります。

 

除毛

一般に除毛というと、毛を剃る行為や除毛クリームが連想されると思います。

 

クリームは薬剤で毛自体を収縮させたり壊したりして、毛を取り除く行為になります。

 

当然毛根を壊すということまではしないので毛は再び生えてきます。

 

これは体感ですが、毛をシェーバーで剃るより除毛クリームの方が毛の再生サイクルは遅いです。しかもシェービングした後は、生えてくるまでの間「チクチク」としますが、除毛クリームなどそういったチクチクはありません。肌のあれ具合も、私の場合除毛クリームの方が小さいです。

 

サロン脱毛(光脱毛)

脱毛エステサロンで処理するタイプの脱毛方法です。

 

医療レーザー脱毛より出力の弱い、光照射機器で毛根へアタックをかけます。

一定の除毛効果は見込めますが、医療レーザーと比べて毛根除去作用は低く、毛は再び生えてくるという性質があります。

 

光の出力が低いため「医療行為」にはならず、自宅で手軽にできる光脱毛機なども販売されています。

 

ちなみにこの脱毛器は私の妻がスネや背中に使っているものです。

 

脱毛とはいいますが、イメージとしては除毛クリームによる除毛と大差はないですね。

 

おすすめの脱毛・除毛

それぞれの脱毛・除毛方法にメリットとデメリットがあります。

一長一短をうまく組み合わせて最適な方法を模索していくことが大切ですね。

 

ここからは私が実際に実践している脱毛・除毛の方法を、その理由とともに解説してきます。

 

ヒゲ脱毛は医療レーザーで永久脱毛をする

最優先で対処をしなければならないのは、顔という一番露出が多い部位にも関わらず、伸びるスピード・密度・濃さ、どれをとっても最強なヒゲです。

 

男性であれば毎日ヒゲを剃ります。早い人で1日5分。肌が弱い人は、準備等もかかるので10分かかります。

 

この時間をなくすことは人生にとって大きなメリットがあります。

 

そのため、このヒゲを脱毛するには最も効果が高いがコストもかかる、医療レーザー脱毛を選びましょう。

 

私も湘南美容外科クリニックに通ってレーザー脱毛を行いましたが、オススメはメンズ脱毛ならゴリラクリニックのほうがいいですね。

 

しっかりと施術を行えば確実に薄くなるのでヒゲを剃る頻度が激減します。

青ひげもなくなって清潔感が上がり、いいことづくしですね。

 

見えない部位は除毛クリームがおすすめ

胸毛や腹毛、足の毛などは日々露出があまりありませんが、邪魔っちゃ邪魔な毛です。

 

私の場合、こういう部位の毛に関しては除毛クリームで一網打尽にします。

だいたい頻度は月に1回くらいですね。

 

月1くらい、風呂場で30分ほどかけてせっせと作業します。

2ヶ月、3ヶ月と放置すると、一回のクリームで除毛しきれなくなることも多いので、月1回しっかりと行うことが結果的に短時間で済みます。

 

除毛クリームは、製品や使い方によって肌にダメージが出るので、初めての方や敏感肌の方はヴィートがオススメです。

 

一方で男性の毛は強くて太く頑丈なので、ヴィートでの除毛は厳しいです。以前私もヴィートを一度使ったのですが、全然除毛されなくて絶望しました。ヴィートは肌に優しいぶん、除毛効果が低いです。

 

そんな男性にオススメなのがエピラットの除毛クリーム。私も愛用しています。

 

私はけっこう毛が強い方なのですが、エピラットにしてからはガッツリ除毛できます。

脇・胸・腹・太もも・スネなど、すべて一網打尽です。

 

陰毛はセルフカット&除毛クリーム(自己責任)

さて、多くの方がお悩みの陰毛。

あまり話題にするのがはばかかれる感じもありますが、しっかりと書いていこうと思います。

 

陰毛って体に生えてる毛の中でも最も屈強な毛です。

そして結構抜け落ちていて、部屋を汚染します。「なんでこんなところに?」って思うところに落ちていて不快感を感じている人も多いと思います。

 

海外では陰毛をごっそりなくしてしまうという人も多いですが、日本ではなかなか抵抗があるもの。

 

永久脱毛でなくしてしまうというのも一つの手ですが、復元ができないという点にはやや不安もあります。(毛になんの不安があるのかという話もありますが笑)

 

そこで私が実践しているのは、ハサミで大部分カットしたあと除毛クリームしちゃう方法です。

 

長い陰毛が家の中に落ちているのは、不衛生なうえ不快なので、まずはしっかりと毛を短くカットします。

 

さらに根絶するために私は除毛クリームを使ってしまいます。

ただし、除毛クリームは本来局部に使用するのは推奨されていませんし、肌が弱い人はかぶれることもあるので自己責任でお願いします。

 

クリーム翌日はややヒリヒリしますが、その後の安寧を得るために私は我慢しています。

 

毛は衛生感・清潔感を損なう大敵

毛をほったらかしにしているかどうかは、美意識を測る上で非常に重要です。

 

ヒゲや髪の毛などは相手への印象に直結しますし、ふとしたことでチラ見えしてしまう腕や首、肩などの毛なども、気を配っているかで印象がガラリと変わります。

 

基本的に他人には見せない部位についてもしっかりと処理をすることで、家での掃除の手間や不快感を低減することができます。

 

今回紹介した方法が毛の処理の参考になれば嬉しいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

 

またのお越しお待ちしてます

このブログではガジェット・便利グッズ・生活の知恵・スマホ通信などを扱っています。更新通知は各種SNSで発信しているので下のボタンクリックでフォローお願いします!

TwitterでフォローGoogleニュースでフォローインスタでフォローピンタレストでフォロー

質問やコメント等はTwitterの匿名質問箱でお受けしています。ご意見や質問いただけたら嬉しいです!
質問箱はこちら
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
でく

でく

学校の先生のお仕事をしながらブロガーやってる31歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。今は教育公務員ではないけど教師は継続中。2020年度で教師も辞める予定。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-生活の知恵・生活改善, 健康・美容

© 2021 デクマガ