【まとめ】ドコモ新プラン「ahamo」ってどうなの?【メリット・デメリット】

でく
みなさんこんにちは、でく(@ddekunoboh)です。

 

docomoから2021年3月から開始される新プラン「ahamo(アハモ)」が発表されましたね。

>>ahamoの報道発表ページ[docomo]

 

月額2,980で20GBまでデータ通信が使えるという業界を震撼させたプラン「ahamo」

>>ahamoの公式ページ[docomo]

 

今回はこのahamoについて詳細をまとめて、メリットとデメリットについて解説をしていきたいと思います。

 

ahamo発表までの経緯

プラン詳細の前に、ドコモがahamoを発表するに至った経緯について軽くまとめていきます。

 

これまでドコモ、au、ソフトバンクの大手3キャリアの携帯電話料金は "非常に高い" と言われ続け、月の維持費を下げたいという人はMVNO(格安通信事業者)に乗り換えて節約をしていました。

 

そして総務省指導を受けて、auとソフトバンクはそれぞれのサブブランドであるUQとワイモバイルで格安プランを展開することで対応をしてきました。

 

しかしそこに一石を投じてきたのが天下のドコモです。

 

auとソフトバンクがサブブランドを使って動くなか静観を決め込んでいたドコモ。というのもドコモはUQやワイモバイルのようなサブブランドを保有していなかったからです。

 

同じNTTグループであるOCNモバイルをサブブランド化するのでは?という噂もあり果たしてどう動くのか…動向が注視されていたなか発表されたのは世にもおぞましい激安プランだったのです。

 

ahamoは月額2,980円でデータ通信20GB、通話5分無料

ahamoが業界を震撼させた一番の理由は、まずコストパフォマンスが良すぎる点です。

 

  • 月額2,980円
  • 20GBのデータ通信
  • 国内通話5分以内無料
  • ドコモの安定高品質通信網
  • 4G/5G対応

 

auやSoftbankはもちろん、UQやY!mobileを凌駕する低価格設計です。

大手キャリア関連の通信サービスで20GBで2,980円というのは、これまで実現不可能な金額でした。

 

唯一、楽天UNLIMITのみが2,980円で通信容量無制限というプランを掲げていますが、通信品質、通信可能エリアを比較すると勝負になりません

 

また格安通信事業者であるMVNOまで視野を広げてみても、2,980円で20GB・通話5分無料は破格です。

 

MVNOの弱点である通信速度の遅さや通話料無料のために専用アプリが必要というデメリットは、ドコモのahamoには無縁であり大きな差別化をはかることができるのです。

 

ahamoのメリット

ここからはahamoのプラン料金を含めたメリットについて深堀りしていこうと思います。

 

サービスと品質を考えれば2,980円は安すぎる

ahamoのメリットは、業界最高水準のサービスを、安い料金で使えるという高いコストパフォーマンスにあります。

 

ahamoの2,980円より安いプランを展開している通信事業者は多数ありますが、通信速度と通話サービスの品質を考えれば比較になりません。

 

毎月2,980円でも少し高いと感じる人は引き続きMVNOの中から選んでいくのがいいですが、現在3,000円以上月に払っている人はahamoに変えることでもれなくメリットを享受できます

 

変な割引や条件はなし。2,980円ポッキリの明瞭会計

これまで大手3キャリアが展開していたプラン料金は「※印注釈付きで実際いくらなのかわからん」という問題がありましたが、ahamoにはそれがありません。

 

あくまでプラン料金は2,980円のポッキリ価格。

家族割引や光通信割引、継続年数の割引などあらゆる割引が存在しないかわりに、2,980円ですハイドーゾ!という具合。

 

これまで最も料金計算が面倒だったドコモのプランとは信じられませんね。

 

解約違約金・契約年数なし

多くのユーザーを大手キャリアに縛り付け、悪評の原因にもなっていた解約手数料と契約年数。

 

数年前に解約違約金が9500円から1500円へと大幅に値下げされたものの、それでもあいも変わらず縛り契約を設けていました。

 

2年縛りなどと俗に言われるこの悪習から、ついにドコモは足を洗ったようです。

 

ついに、このahamoプランでは2年縛りが消え去りました。これによりユーザーは、いつでも好きなときに解約して他社へ乗り換えることができます

 

現状ahamoが最強のプランであることは疑う余地はありませんが、今後auやsoftbankから魅力的なプランが出ないとも限りません。

 

そんなときに気軽に乗り換えることができるのは、契約の心理的ハードルを大きく下げてくれますね。

 

4月1日以降ならMNP転出手数料無料

ユーザーの通信事業会社の乗り換えを妨げる要因の1つになっていたのがMNP手数料。

 

転出するのに3,000円、転入するのに3,000円。

合計6,000円かけなければ携帯電話番号を維持したまま携帯会社を乗り換えることはできませんでした。

 

しかし先日、4/1よりドコモから他社へ乗り換える際のMNP転出手数料が無料になることが発表されました。

 

>>ドコモがMNP手数料を廃止 [ITmedia mobile]

 

ドコモはかつて日本を席巻したNo1通信事業。

それがau、softbank、各MVNOへの流出で契約者数は下がる一方。

 

転出を押さえるためにあらゆる施策を売ってきたドコモが、ついに転出費用を無料とは…。

 

業界を牽引する大企業としての覚悟と矜持。

これで世間の印象は、「ビバ!docomo!」へと変わることでしょう。

 

ahamoのデメリット

どんなうまい話にも裏があるもの。

これまで多くのユーザーが搾取されてきた殿様ドコモのことならなおさらです。

 

ということでahamoのデメリットを探してみましたが、大きな不満がありません

どうにかケチをつけようと思ったこのくらい、というものを紹介します。

 

  • 契約がオンライン限定
  • 3G回線が使えない
  • 家族割引など各種ドコモの割引使用不可
  • ドコモメール(キャリアメール)不可

 

ahamoの契約はオンラインでのみ可能

ahamoの契約はオンライン限定で行われる予定です。

ショップへ言って「ahamoにしたいんだけど」といってもダメということですね。

 

若い世代はすでにオンラインだけで通信会社を契約している人も多いので、ドコモのメインユーザーである高齢者の方にはサポートが必要そうですね。

 

ahamoは3G回線が使えない

ahamoはドコモの4G、5Gの通信を使うことができるプランです。

 

そのため3Gのみのエリアでは使用できないということになります。

ただ、そもそも4Gが使えず3Gのみの場所というのは、日本国内探してもほぼないです。

 

探してみた感じだと海の上くらいですね。

 

4Gエリアで日本中をほぼ網羅しているので、特に心配する必要性はなさそうです。

 

ahamoは家族割引や光セット割などが使えない

ahamoはシンプルな料金プランであるため、割引は一切用意されていません。

 

具体的にはみんなドコモ割やファミリー割引、光通信とのセット割引、dカード割引など。

 

逆いえば、面倒な割引なしに安いということなので、割引額を気にせずシンプルでわかりやすいプランであるといえます。

 

ahamoはドコモメール(キャリアメール)が使用不可

ahamoでは、これまで大手3キャリアが展開してきたキャリアメールが使用不可になります。

 

「●●@docomo.ne.jp」というメールアドレスですね。

 

長年ドコモを使ってきたユーザーにはこのドコモのメールアドレスを使ってきた人も多いので、困惑はありそうですね。

 

しかし今の時代キャリアメールを使うメリットはありませんので、これを機にGmailに乗り換えしましょう。

 

Gmailであれば、今後どの通信会社に乗り換えても「メールアドレスを変更しました」というメールを送る必要がなくなりますから。

 

私の母も今年で70になりますが、30年連れ添ったdocomoから楽天アンリミットに乗り換えたタイミングでドコモメールとサヨナラしましたよ。

 

ahamoは最強のプラン 3月が待ち遠しい!

今回発表されたdocomoの新プラン「ahamo」

 

大きな大きなメリットの一方、デメリットはほぼなし。これは乗り換え以外ありえない!と私は思います。

 

現在私はワイモバイルのユーザーですが、3月になったらahamoに乗り換える予定です。

 

そこそこのデータ通信を使っている人で、月3,000円以上支払っている人は間違いなくお得になるでしょう。

 

あなたの携帯会社選びの参考になれば嬉しいです。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました!

 

オマケ:日本通信(b-moible)がドコモのahamoに対抗! しかしデメリットも

ドコモのahamo発表からすぐに、日本通信という会社が「ドコモ対抗プラン(正式名称:合理的20GBプラン)」というものを発表しました。

 

>>ドコモの新料金への対抗プラン[日本通信]

 

b-mobileという通信SIMを昔から提供している老舗で、私もお金のなかった大学生時代にお世話になっていました。

 

そんな日本通信の「ドコモ対抗プラン」は素晴らしいコスパを誇るプランです。

  • 月額1,980円
  • データ通信20GB(ahamo開始までは16GB)

現状展開されているあらゆる通信事業よりもコスパがいいです。

しかし、これだけを見れば素晴らしいプランですが、5分通話無料がないこと、通信速度はdocomoに遠く及ばないというデメリットがあります。

 

通信速度はそれほど早くなくていい、通話はしない、という人にはオススメですが、スマホをヘビーに使う人には向きませんね。

 

とはいえahamoがまだ実装されていない現在では、業界トップクラスに魅力的なプランであることは間違いなし。

3月からahamoにする人もしない人も、一度検討する価値は十分にあるのでぜひ確認してみてくださいね。

 

SNSフォローよろしくおねがいします!

スポンサーリンク

レビュー・広告のご依頼受付中

ガジェットや便利グッズのレビュー、広告掲載を受け付けております。詳細はご相談ください。

  • この記事を書いた人

でく

元高校教師でブロガーやってる31歳。得意ジャンルは教育・家電・ガジェット・健康美容。便利グッズや電子機器を収集してレビューするのが趣味のオタク。 小学・中学・高校はゲーム三昧。東北大卒。大学院修了後は公立高校教諭。買ったものを人に紹介する趣味が高じてブログを立ち上げる。デグー・リチャードソンジリス・スナネズミを飼育するげっ歯類好き。

-通信・SIM・Wi-Fi